雑記

大学生は人生の夏休みの疑問を解決

こんにちは!あんとにおです!

突然ですが、

大学生は人生の夏休みだから、遊んだほうがいいよ。
社会人になるとお金はあるけど、遊ぶ時間がないよ。

この言葉、どこかで聞いたことありませんか。もしかしたら口に出したことがある人もいるかもしれませんね。

今回は、大学生は人生の夏休み?の疑問を考えてみようと思います。

日本は令和時代を迎え、人生100年時代と言われています。実際、2007年に生まれた子どもの半分は、107歳まで生きるそうです。

107年間の人生のうち、大学生活4年間だけが、人生の夏休み…。

なぜこのように半ば揶揄されてしまうのか…疑問に思ったのが、今回この記事を書くに至った経緯です。

人生100年時代については、ベストセラーにもなったこの本がおすすめです。

著:リンダ・グラットン, 著:アンドリュー・スコット, 翻訳:池村 千秋
¥1,782 (2021/09/17 10:33時点 | Amazon調べ)
\63時間限定!タイムセール祭り開催中/
Amazon

早速解説に入っていきましょう!

  • 東京都在住 23歳
  • 新卒で入った会社を9ヶ月で退職
  • 20代のキャリア形成について発信
  • 年間読書量100冊以上
  • Twitterフォロワー1700名

ブログ運営者
あんとにお

大学生は人生の夏休みとなぜ言われるのか

サラリーマン
サラリーマン
社会人になってわかったけど、大学生活は本当に楽しかった。大学生活は人生の夏休みと言っても過言ではないね。
あんとにお
あんとにお
大学生活は本当に楽しかったし、先輩たちに「今のうちに遊んでおけ」とよく言われた…

自然と社会人になるのは嫌だな…。ずっと大学生でいたい。そう考えるようになってました

冒頭でも述べたように、社会人はしんどいからと、その言葉を真に受けて遊んでいた人は多いと思います。

今のうちに遊んでおけと言われて遊ぶと、社会人になってから苦労する人を何人も見てきました。

この苦労をなぜ大学時代にしなかったのかと、私自身後悔しています。

次に、なぜ大学生は人生の夏休みだと揶揄されてしまうのか、その理由を考えたいと思います。

考えられる理由は2つ

①小中高の規則が厳しすぎて、羽を伸ばす

②社会人=しんどい、自由がない

順番に解説します。

①小中高の規則が厳しすぎるから

日本では、小学校~中学校までは義務教育です。

同じ時間に起きて、同じ時間に登校して、皆で給食を食べるのが一般的ですよね。

高校は義務教育ではありませんが、97%以上の中学生が高校に進学します。

現在、高等学校への進学率は97パーセントを超えており、生徒の能力・適性、興味・関心、進路等の多様化に対応した特色ある学校づくりが求められています。
https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kaikaku/main8_a2.htm
(文部科学省HPより引用)

学校にもよりますが、小中高では基本的にルールが設けられています。

例を挙げると

・靴下の色は白

・くるぶしソックス禁止

・スカートの丈は膝上

・第一ボタンまで閉める

・ツーブロック禁止…ect

本当に今思い返しても、意味が分からないですよね。

私たち日本人は、上記のような規則に縛られ、学生時代を過ごします。

ですが大学生になると、何もかも自由です。

羽を伸ばすとはまさにこのことで、自由度が段違いに上がります。

親の監視の目は緩くなり、一人暮らしをし始める。この経験を苦労と呼ぶかもしれませんが、何もかも自由な生活は本当に幸せですよね。

この急な変化が、”大学生は人生の夏休み”と定義づける理由の一つになっていると考えられます。

②社会人=自由が無い、しんどい

社会人=自由が無い、しんどい

そう考える人は非常に多いと思います。

サラリーマン
サラリーマン
特にサラリーマンは、自由度が低い働き方だよね。

いつも上司の顔色を見て、仕事をしているよ…

あんとにお
あんとにお
ぼくも社会人を経験して、自由度が低い働き方に驚きました。

特に新入社員は、できる仕事が少なく、先輩社員の雑務を行うこともしばしば。

職場環境や業種にも左右されますが、仕事=しんどいものっていうイメージを持っている方もいますよね。

満員電車、長い会議、風通しの悪い文化、長時間労働、パワハラ…ect

嫌なことを上げればきりがありません。

現に私も、前職で上司からのパワハラに苦しんでいました。

私の同期も同じような経験をしており、
社会人=楽しい!最高!て人は見たことがありません。

むしろ仕事が楽しいって言ってる人は詐欺に見えてくる始末です。

自由度が高く、羽を伸ばしまくっていた大学生とは天と地の差です。

原因は自由度のアップダウン?

これまで見てきたように、小中高と厳しい環境で育ってきて、大学生になり急に自由になる。そして社会に出ると、ルールが厳しく、なかなか思い通りに行かない日々…

図にするとこんな感じです。

小中高=ルールのもと学校生活を送る

大学生=何もかも自由

社会人=自由が無い、しんどい

そう考えると、大学生は人生の夏休みだよ!だから遊んどきなっ!って大人たちが言う気持ちも分かります。

たしかに多くの大人が、嫌な上司、仕事、自由がない生活に嫌気を指しています。

ですが、本当に大学生だけが人生の夏休みなのでしょうか。

人生100年時代のうち、大学生活の4年間だけが夏休み…
長い人生で見ると、大学生の4年間はちっぽけなものです。

シンプルに考えて、自分の人生を生きられないって、嫌だなって思います。

私は毎日が夏休みのような生活を目指しています。

仕事をしたいときにする。眠たい時は寝る。会いたい人に好きな時間に会う。

サラリーマン
サラリーマン
そんなの夢物語でしょ?ムリだよ。

上記の生き方をするのは決して簡単な道のりではありません。正しい努力を継続する必要があります。

自由に生きて、お金と時間がある状態を、FIRE(経済的自由)と言います。

FIREに興味がある方は、下記の記事をご覧ください。FIREとは何か?どうすれば達成できるのかについて解説してます。

何も行動を起こさず指をくわえて、社会に不満を垂れるのは簡単です。

ですが、未来を変えていきたいなら、行動するしかありません。

人生のうち大学生活だけが、夏休みにならないために、今日から自由になる方法を模索していきましょう。

まとめ:大学生は人生の夏休み?から学ぶこと

いかがでしたか。

大学生は人生の夏休み?と言われる理由を分析しました。

・小中高が厳しすぎる

・社会人=自由が無い、しんどい

だから今のうちに遊んでおこう。

この考えにたどり着いてしまうのです。

大学生はとにかく時間があります。語弊を恐れずに言うと、大学生は時間しかないです。

①経済力

②知識、知恵

③人脈

これらを持ち合わせていません。

ですが、これって自分の行動次第で、身に着けることは可能だと思いませんか。

社会人になって自由がなくなるのが嫌だ…

と思うなら、これらを身に着けていくほかありません。

右にならえで大学に進学するのもありです。ですが、そこで何を学ぶかについて考えないと、社会に出てから大変苦労します。

就活を迎えて、取ってつけたような自己分析、志望動機を話さないためにも、”人生の夏休み”の期間が大事だと思います。

自分の生きたい人生、叶えたい夢のために、必死になるのも悪くないと思います。

それではっ!!