FIRE

お金は汚いは嘘。お金とは信用を数値化したものにすぎない

こんにちは!あんとにおです!

今回は、お金の正体を深堀してみたいと思います!また、どうすればお金を稼げるの?という疑問に答えようと思います。

社会に出ると、なんとなく雰囲気として

お金の話=やらしい、汚い

と思われていて、真剣にお金について語る機会は減ります。

なので、このブログではお金について考えていけたら良いなと思います!

早速解説に参ります!

お金の正体とは

結論から先にお伝えします。

お金とは、

信用を数値化したもの

です。

ん、どうゆうこと?

疑問に答える前に、少々お付き合いいただければ幸いです。

突然ですが、質問です。

 

今あなたの手元にある1万円札があります。この1万円札の原価はいくらでしょう。

答えは、、、約20円です。

 

 

 

私たちは、原価20円の1万円札を使って、好きに買い物をすることができます。

スーパーで野菜が買えて、自由に買い物ができます。

それは一体なぜか。

お金に「信用」があるからです。

その信用を、数値化したものがお金です。

とてもシンプルです。

知ってるよそんなこと!て思う方もいますよね。ですが恥ずかしながら私は、お金の勉強をするまでこの事実を知らなかったです。

むしろ、23年間生きてきてお金の存在について考えたこともなかったのが、正直なところです。

あんとにお
あんとにお
お金が大事なら、社会人になる前に教えてほしかった…

 

けどそれは仕方がないことだと、今では知っています。なぜなら、お金の勉強は、日本の学校教育では教えてくれないからです。

というよりも、学校の先生は教えられないのです。公務員は、お金の正体を知らなくても、毎月同じ給料が保証されます。サラリーマンも同じで、毎月給料が振り込まれますよね。

サラリーマンの働き方については、下記の記事が参考になるかと思います!

サラリーマン辛い、しんどいが当たり前の理由3つとメリットを解説 ・サラリーマンを続けるのがしんどい ・給料よりも責任が上がって自由にならない ・自由に働きたい 2019年...

 

お金の正体は、信用を数値化したものでしたね。

では一体、どうすればお金を稼げるのか?

次は、お金の稼ぎ方について考えてみたいと思います。

お金の稼ぎ方

お金の正体は分かったけど、お金を稼ぐにはどうすればいいか考えてみます。

結論を先に言うと、

お金を稼ぐ=信用をお金に変える

ことです。

稼ぐと似たような言葉で、「儲ける」という言葉がありますよね。「儲ける」に着目しましょう。

「儲ける」という漢字は、

信じる者と書いて、儲けると書く

つまり、お金稼ぎは、信者ビジネスです!!!

っていうと、一気に詐欺のにおいがしますね。すいません。

でも本質は間違ってないです。

商品を手に入れるために、私たちは当然、お金を支払います。

お金=信用を数値化したものなので、信用と引き換えに価値のある商品と交換することができます。

誰しも普段の生活で、何気なくこの行動をしているはずです。

例を挙げて考えてみましょう。

例えば、シャンプーがなくなって買い替える必要があります。

薬局に行くと、選択肢は3つ。

A.いつもより安い150円のシャンプー

B.いつもと同じ200円のシャンプー

C.髪がサラサラになる300円のシャンプー

この時私たち消費者は、表示されている価格に対して、価値が釣り合うものにお金を払いますよね。

300円のシャンプーで、髪をサラサラにしてくれるだろう。

150円のシャンプーだけど、髪は綺麗になるはず。

と信用して、商品を購入しているわけです。

つまり私たちは、お金を信用と交換する作業を、無意識のうちに行っているのです。

でも僕はシャンプーを売らないし、野菜も売らないよ。

そう思いますよね。

では、どうすれば自分の力で稼ぐことができるかについて、解説します。

個人で稼ぐにはどうすればいいか

お伝えしてきたように、モノを売る人は、価値を提供した対価として、お金をもらっています。

なので個人で稼ぎたい人も、信用を獲得して、消費者に価値を提供する必要があります。

「影響力」と言い換えることもできますね。

つまり、影響力を鍛えることが、個人で稼ぐためには必須のスキルなのです。

信用を貯めて影響力を手にすることが、お金を稼ぐ最短の道と言っても、過言ではありません。

SNSを使った事例

SNSの発達により、誰でも発信しやすい時代になりました。

良いモノはいい、悪いモノは悪い、はっきり言えるのが、現代のインターネットの世界です。

むしろ、はっきり良し悪しを言えないと、この人は信用していいのかわからない。そんな風に思いますよね。

どっちつかずの意見しか言えない人は、信用を貯めづらく、影響力を持ちづらいかなと思います。

例を挙げると、

インフルエンサーがこのシャンプーは本当におすすめ!って言うと、

欲しい!買ってみたい!

って思いませんか。

○○さんがおすすめする商品だから、信頼できる!

こうなれば勝ちです。

一昔前はテレビで、このシャンプーがおすすめ!

って流れてきて、消費者は購入を考える。

このような公図でした。

ですが時代は変わり、YouTubeやTwitterなどのSNSを通じて個人の発信力が強まっています。

何を買うかよりも、誰から買うかにシフトしているわけです。

これまでお伝えしてきた通り、お金=信用を数値化したものです。

なので、お金を稼ぎたいと考えるなら、まずは信用を貯めていくことが大切です

信用を貯めて、影響力を持つことが、個人でお金を稼ぐためには必須のスキルでしょう。

まとめ:お金を稼ぐためには信用を積み重ねよう

今回は、お金の正体と、お金を稼ぐ方法について解説しました。

SNSの発展を経て、信用をいかにして貯めていくかが、重要になります。

今後の世界では間違いなく、

「貯信」

がクローズアップされるでしょう。

優れた商品を作ったとしても、届かなければ意味がありません。

○○さんがおすすめするものが欲しい!

そういう時代です。

影響力を高めるためにも、信用をどんどん貯めていきましょう。

それではっ!!

~~~~~

・お金と広告について学びたい人は、この本がおすすめ

お金や広告は学校の授業では教えてくれません。受け身だと、どうしてもお金に弱くなってしまいます。私が参考にしたお金の本はこちら。

芸人の西野亮廣さんが書いた本で、小難しい表現は一切使ってません。サッと読める、実用書ですので読んでおいて損はないです。

~~~~~