20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

【2022年版】有料のおすすめキャリア相談サービス3選!20代に人気のワケ

あなた

転職すべきかどうか迷っている…。
今後の将来が不安。
モヤモヤするけど自分が何をしたいのか分からない。

このようなキャリアに悩みを抱える方は多いですよね。

自分には強みがないし人生でやりたいことなんかない…と諦めてしまう人は多いですが、実は、有料のキャリア相談サービスを使えば、全部解決できちゃいます。

どういうことかというと、あなたがキャリアに対して漠然とした不安を抱えているのは、自己理解が圧倒的に足りていないからです。

とりあえず転職活動を始めてみようと転職サイトに登録してみるものの、膨大な求人があり、結果、年収が高そうな職種を選んだり、有名な企業を選んだりしてしまう…というケースは多いです。

私もかつて、自己理解が浅い時は「年収が高そうな業界」や「人気の職種」を選んで失敗した経験があります。

キャリアのモヤモヤを解決したいなら、求人を精査するのではなく、求人を見る目を養うことが最重要です。とはいえ、キャリア相談って本当に役に立つの?どれがおすすめ?と迷ってしまう方もいますよね

そこでこの記事では、有料のキャリア相談サービスを検討してる人向けに、おすすめのサービスの特徴について詳しく解説します。

タップできる目次

キャリア相談サービスとは

キャリアカウンセリングとは、仕事やキャリアについて不安を抱える人に悩みを聞き、その人にとって最適な職業選択やキャリアの支援を行うサービスです。

キャリア相談で行うサポート

  • 就職・転職活動の相談
  • 職業選択のアドバイス
  • 働き方(キャリア形成)のアドバイス
  • 自分の強み・やりたいことを見つけるための自己理解のサポート

キャリア相談サービスは、転職エージェントと異なり、個別の求人の紹介や転職の斡旋は行いません。

しかし、自己分析やコーチングセッションを通じて、“あなた”の理想のキャリア設計を一緒に考え伴走していくサービスです。

今後の人生をより良く過ごすための、伴走者に近いイメージです。

さらに詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キャリア相談サービスはどんな人におすすめ?

キャリア相談サービスは、20代を中心としたキャリアや人生に不安を抱える方におすすめのサービスです。

相談しに来る人は、キャリアに関する悩みを抱えています。

  • 人生このままでいいのか漠然とした不安
  • エージェントに相談に乗ってもらえない
  • 求人が絞り込めない
  • 自分が何に向いてるのか、したいのか分からない
  • 転職でミスマッチ・失敗したくない
  • 将来を逆算して戦略的キャリアプランを持ちたい

「自分が何をしたいのか」「強みはどこにあるか」など、これまでの経験や目標をヒアリングしたうえで、客観的な目線からアドバイスがもらえます。

働き方や生き方を根底から見直したい人には、キャリア相談がおすすめです。

⇑ 目次へ戻る

キャリア相談サービスの選び方

キャリア相談サービスを選ぶうえで重要になるのが、次の3つです。

  • 目的別に選ぶ
  • 料金で比較する
  • ピンと来たサービスを使う

順番に解説します。

目的別に選ぶ

キャリア相談を行う際は、自分が何を求めるかを考えましょう。

キャリアに迷っている方は、次のような悩みを抱える方が多いと思います。

  • キャリアの漠然とした不安がある
  • 自分の強みを考えてもまったく分からない
  • 年収を上げて前向きに転職をしたい

キャリア相談サービスは、漠然としたキャリアに関する不安をお持ちの方におすすめのサービスです。

一方、年収を上げたい方や転職を前提に考えている方は、転職エージェントの方がいいかもしれません。

あんとにお

目的にあわせて使い分けましょう!

実績・専門性

各キャリア相談サービスのサイトを見ると、実績や専門性が載っています。

  • 実績(相談実績・満足度など)
  • 専門性(キャリアコンサルティングの資格を持つ、転職経験済みなど)

けして安い金額ではないため、とにかく失敗したくないと考える人は多いですよね。

なので、上記のような実績や専門性を担保に選ぶと、失敗する確率をグッと減らすことができます。

担当者との相性で選ぶ

最後は、「この人のコーチングを受けたい!」と直感で選ぶのがおすすめです。

正直、キャリア相談サービスの年齢やサポート体制にそこまで大きな差はありません。

ライザップと同じような、キャリアのパーソナルトレーニングなので、担当者との相性がずっと大切です。担当者は、1~2か月間、専属でコーチングしてくれるケースがほとんど。

あんとにお

担当者は、指名できることが多いのもキャリア相談の特徴です!

今回紹介するサービスは、初回無料のカウンセリングがついています。

初回の面談で「この人に頼みたい」と思う人がいれば、十分判断基準になります。

コーチングを受けるのも、アドバイスを実践するのも覚悟が重要です。

あんとにお

迷った時は、信頼できる人を基準に選びましょう。

⇑ 目次へ戻る

有料のキャリア相談サービスおすすめ3選

ここでは、有料のキャリア相談サービスのおすすめを紹介します。

すべてのサービスは、初回無料で体験できるため、興味があれば気軽に申し込んでみましょう。

ポジウィルキャリア

キャリアカウンセリングのなかで最もおすすめなのがです。

ポジウィルキャリアとは、「どう生きたいか?でキャリアをきめる。」キャリアのパーソナル・トレーニングです。

ライザップは、身体を変えるために全力でサポートをしますが、ポジウィルキャリアはキャリアを真剣に向き合うサポートをしてくれます。

キャリアの相談と言っても、『今の会社でいいのかな』『やりたいことが見つからない』とぼんやりとした悩みを抱える人がほとんど。

あんとにお

相談は無料でできるので、「このままの人生でいいのかな」と悩んでいる方は一度相談してみましょう。

無料相談が終わると有料プランの案内をされますが、特にしつこい勧誘とかはありません。

\かんたん1分で登録完了!20〜30代受講者数No.1/

45分の無料カウンセリングが受けられる‼

マジキャリ

マジキャリは、転職エージェントのアクシスが運営するキャリア相談サービスです。

年間3000名の転職支援経験に基づき作成された独自のカリキュラムを使用し、転職市場を把握した戦略的なキャリア支援とコーチングを行います。

顧客満足度は92%を超えており、初回のセッションで「なんか微妙だな」と感じたら全額返金保証のサービスがついています。

あんとにお

サービスに自信があるからこその返金保証だね…!

専属コーチが1~2ヶ月徹底的にサポートを行い、定期的に宿題やチャット相談を実施しています。

キャリアコーチのレベルが高く、原体験から徹底的に深掘りをしてくれます。

キャリドラ

キャリドラは、市場価値を高めるためのキャリア相談・サポートを行ってくれるサービスです。

キャリドラを受講した生徒の満足度はなんと93.5%にのぼります。

キャリドラでやること

  • 自己理解
  • 環境理解
  • スキルの習得

他のキャリア相談は、抽象度が高く、コーチングを受けた後は「よしやるぞ!」となるのですが、具体的な行動まで落とし込むのが難しいところ。

その点、キャリドラは市場価値を高めて稼ぐところから逆算したカリキュラムを組んでいるため、再現性が高く、高確率でキャリアアップできます。

キャリドラ受講生の受講後の年収は、100万円近くアップしています。

この実績の裏には、元採用担当者やハイキャリアへの転職を実際に成功させたコーチ陣の賜物と言えます。

あんとにお

市場価値を高めて稼ぐ力を身に着けたい人にはキャリドラがおすすめです。

⇑ 目次へ戻る

完全無料のキャリアカウンセリングサービス

転職エージェントへの相談は、キャリアの健康診断のようなものです。

キャリア相談と異なり、自己分析の深堀りやキャリアビジョンを考えるのがメインではありません。

しかし、「自分が受けている待遇は適性か」「自分のスキルや経験は、他社でも評価されるのか」など、定期的にキャリアを見直すことができます。

とはいえ、どの転職エージェントを使えばいいか分からないし、初めての相談だとなおさら不安ですよね。

そこで本章では、私が実際に使ってみて、相談だけでも快く対応してもらえたエージェントを3つ紹介します。

相談だけでも使える優良エージェント
あんとにお

すべて無料なので、今すぐ相談してみてください。日程調整もかなりしやすいのでおすすめです…‼

リクルートエージェント

公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 業界最大手の求人数(10万件以上)
  • 転職支援実績№1
  • 全国に支店があり使いやすい


リクルートエージェントは、国内最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

業界№1の実績、ノウハウを持つリクルートだからこそ、求人の質が高く、万全の態勢で求職者をサポートしてくれます。

利用者数も圧倒的No.1の転職エージェントで、迷ったらコレと言われればリクルートエージェントに登録しておきましょう。

全国に支店があり、地方住みの転職にも対応できます。

転職エージェントとして、約40年の実績があり、支援してきた人は累計37万人以上です。(2021年10月現在)

\カンタン5分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

doda(デューダ)

公式サイト:https://doda.jp/

dodaのおすすめポイント
  • 10万件以上のトップクラスの求人数
  • 転職者満足度№1
  • 転職サイトと転職エージェントの二刀流

doda(デューダ)は、リクルートエージェントに次いで、2番目に求人数が多い転職サイトです。

dodaは、転職サイトと転職エージェントが一つのサービスになっているので、転職サイトで見つけた求人を転職エージェントに紹介してもらうことが可能です。

あんとにお

転職サポートも手厚く、「各種診断サービス」が無料で受けられるので、初めての転職の20代にもおすすめです。

\カンタン3分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

マイナビエージェント

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 大手ならではの非公開、独占求人多数あり
  • 20代~30代の転職志望者に人気の大手転職エージェント
  • ITエンジニア、営業職、管理部門に強み
  • 丁寧なサポートが魅力で、転職未経験者も安心して利用可能

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する20代に強い転職エージェントです。

求人数も豊富で、非公開、独占の優良求人が多いのが強みです。

丁寧なサポートを受けたい方、優良な中小企業に転職したい方におすすめの転職エージェントです。

また、金融系に強いマイナビ金融エージェントや、IT・Web業界に強いマイナビITエージェントがあります。

あんとにお

マイナビエージェントのサポートはかなり丁寧です。職務経歴書、履歴書の添削も親身に相談に乗ってくれます。

\カンタン5分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

⇑ 目次へ戻る

キャリア相談サービスと転職サービスとの違い

ここでは、有料のキャリア相談サービスと無料の転職サービスの違いについて解説します。

あんとにお

両者の違いを表にまとめました!

キャリア相談サービス転職サービス
利用料金有料(個人が支払う)
数万円~数十万円程度
無料(企業から支払われる)
求人紹介なし
(一部のキャリア相談サービスはあり)
あり
自己分析支援自己分析からスタート求人紹介がメインでほぼなし
アドバイザーの質プロのキャリアコーチ当たりハズレの差が大きい
キャリア相談サービスと転職サービスの違い

転職エージェントの本当のお客さんは、私たち求職者ではなく企業です。

なぜなら、人材紹介を成功した成果報酬として、お金が企業から払われるからです。

転職エージェントのビジネスモデル
転職エージェントのビジネスモデル

粗悪なエージェントにあたると、転職後の人生を考えない人にぶち当たることも。

逆に、有料のキャリア相談サービスのお客さんは、相談に来る個人の方です。

なので、満足してもらえるように相談に乗り、徹底的にサポートしてくれます。

転職を無理に進める必要がないため、キャリアにとって最善の選択をしてくれるのが、キャリア相談サービスです。

⇑ 目次へ戻る

若い20代がキャリア相談を利用するメリット

若い20代がキャリア相談をするメリットは、以下の通りです。

キャリアのやり直しが効きやすい

まだ若い20代の場合、転職する難易度が低く、未経験の職種や業界にチャレンジしやすいです。

新卒で皆と同じように就活をして、大企業に入った人は、「本当にこれがやりたいことなのかな…」と漠然とした不安を抱くことが多いと思います。

周りからすごいと言ってもらえるような会社に内定をもらったから、入社した。という人は少なからずいますよね。私もそうでした。

そのため、早めにキャリア相談を通じて、自分の進むべき道を選び直すことが重要になります。

逆に若い年齢のうちにキャリアを変化させないと、修正に大きな力が必要です。

年齢による障壁が無く、潜在的なポテンシャルを評価されるのは20代だけです。

35歳以上の転職、つまり一定の年齢を超えた以上の転職が「管理職への転職」を意味しています。

業界や会社によってマネジメントの仕方に違いがあるので、管理職が異業種に転職する場合、適応が難しい問題があります。

だから、「異業種間に転職するなら、管理職に就く手前の年齢がボーダーライン」という暗黙の制限が儲けられているのです。

20代のキャリアは専門性が重要

今後のキャリアプランやキャリア戦略をコーチングしてもらうことで、年齢を重ねてから後悔しない選択ができるようになります。

キャリアの重要性について、転職の思考法では以下のようにあります

20代は専門性、30代は経験、40代は人的資産でキャリアを作れ。

特に出産を見据える女性は、福利厚生ではなく専門性、経験を重視し、「いつでも戻れる状態」を確保することが大切だ。

引用:転職の思考法

例えば、エンジニアや営業職など誰にとってもわかりやすい専門性実績があれば、離職期間があったとしても戻りやすいです。

なので、20代のうちからキャリアに対してどんな軸を持って働くか、どんなスキルを得たいか悩みを言語化することが大切です。

あんとにお

自己分析を通じて、キャリアに関する軸を探してくれます。

価値観がハッキリして覚悟がつく

価値観がハッキリしていないと、一貫した行動が取れません。

本当は家に帰ってから副業をしたいのに、「上司に誘われたから飲みにいくか…」と目標と反する行動をしていまいます。

自分が何が好きで、どんな時楽しいのか、またどんなことが苦手なのか、いち早く気付くことが重要です。

成功は強みによってしか生まれない。は、苦しかった時の話をしようかの著者である森岡氏の言葉です。

宝物を探して、磨き続けていくことが人生において重要なこと。

あなたにしかない強み、価値観がコーチングを受けるとハッキリと分かります。

⇑ 目次へ戻る

【体験談】有料キャリア相談サービスを受ける前後で変わったこと

私は実際にキャリア相談サービスを受けて、変わったことが3つあるので紹介します。

自分の強みに出会えた

就職活動などでも自己分析が重要という話はよく耳にしますよね。

というのも、自分の強みを活かすことができれば、仕事で成果を上げやすいだけでなく、何より楽しく仕事ができます。

しかし、自己分析の至らない点が一つ。それは、自分で理解できる範囲でしか自分の強みなどを発見できない点です。

本当に自分が得意なことや強みは、努力と感じずに、無意識のうちにできてしまうことです。

あんとにお

カウンセリングでは、以下のような対話を通じて自分のまだ見ぬ強みを見つけることができます。

カウンセリングで対話したこと
  • 今までで1番熱中したことは何か
  • それはどんな経験だったのか
  • 何が自分をそこまで熱中させたのか

友人にもなかなか話せない内容ですが、どんどん深掘りしてくれるので気楽に話すことができました。

あんとにお

答えが分からない時は別の角度から質問を投げかけてくれました。

会話が進むにつれ、「自分はこんな能力があったのか!」と気づくと同時に、他に熱中していたことでも同様の強みを活かしていたと気づきました。

自己分析ができないから強みが見つかりません…という方は、気持ちを素直に出せるキャリアカウンセリングがおすすめです。

軸に沿った行動ができる

自分が無意識にしてしまう強みは、心からやりたいことにも重なります。

例えば私の場合、今までに熱中したこととして「大学時代の英語の授業」を挙げました。

英語科目が必修だった中で敢えて受講者がほぼ留学生で、授業中の言語は全て英語という授業を履修しました。

あんとにお

選択肢がある中で自分にとって厳しい環境を選びました。

そのエピソードを相談してみると、『自分ができないことをできるようにする』という”行動”が私の強みだと新たに発見しました。

他にも、「高校での部活動」や「大学受験での志望校」などの“行動”が共通していました。

やりたいことがはっきりすることで日々のちょっとした決断においても、自分の軸に沿った行動ができるようになりました。

モチベーションが上がる

強みや軸を理解することで、「目標を達成できる能力が自分にはある!」と自信につながります。

自分で目標も立てるので、人に決められた目標と違ってよりやる気が湧いてきます。

カウンセリングを受けることで、考え方が変わるだけでなく、実際に行動を変えていくことで現状も変わっていきます。

「現状を変えたい」「やりたいことが分からない」「自分に合った仕事を見つけたい」と感じる方は、モチベーションを上げるためにもカウンセリングを受けるのがおすすめです。

あんとにお

心の中のモヤモヤが晴れます‼

⇑ 目次へ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次