20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

【簡単5分】第二新卒の転職スケジュールと流れを3ステップで解説

あなた

第二新卒の転職の流れは?
まずは何から始めればいいの?
転職活動のスケジュールはどんな感じで進む?

こんなお悩みを解決します。

第二新卒として転職活動を始めたいけど、何から始めればいいか分からず、何も進まない経験ってありませんか。

この記事では、第二新卒の転職活動中の方が戦略的に転職活動する方法を解説します。

本記事を読めば、転職を成功させるための3つのステップを理解し、全体的な流れを把握できます。

転職活動の3STEP

記事内で紹介するサービスは、すべて無料で使えます。転職に興味がある方は、忘れないうちに登録しておきましょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント

UZUZ
公式  https://uzuz.jp/
ブラック企業を完全排除!一人あたり平均12時間の丁寧な転職サポートが魅力

就職Shop
公式  https://www.ss-shop.jp/
スキルや実績が少ない20代前半向け!キャリアコンサルタントが直接訪問した企業のみを紹介

マイナビジョブ20’s
公式  https://mynavi-job20s.jp/
登録者の85%以上が社会人経験3年以内で第二新卒に強い!非公開求人が80~90%を占める

タップできる目次

第二新卒の転職活動のスケジュール・流れを把握する

転職活動の流れと期間


まずは、転職活動の流れを把握しておきましょう。期間はザックリ、4~6カ月を見込んでおくと安心です。

新卒の就職活動と違い、中途(第二新卒)にはこんな違いがあります。

新卒と第二新卒の違い

第二新卒は新卒と違い、「募集時期が分散しやすく」「面接の日程調整が面倒」「内定の保留が難しい」「退職手続きが面倒」などのデメリットがあります。


そのため、大枠のスケジュールを把握し、どんなステップがあるのか、どれくらいの時間がかかるのか知ることがとても重要です。

あんとにお

特に第二新卒の場合、転職活動が初めてで不安な人がほとんどだと思います。

全体的なスケジュールを押さえることで、気持ちが楽になります。

⇑ 目次へ戻る

STEP1.事前準備

事前準備では、自分、企業、求人情報の3つの軸があります。

順番に解説します。

自己分析

自己分析と聞くと、「就活時代を思い出す…」「めんどくさそう」と思うかもしれませんが、ここが肝です。

転職によって何を実現したいか」の軸がないと、面接で失敗する可能性が高まります。

自己分析を怠ると、新卒時と同様に「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

とはいえ、「一人で自己分析するのがどうしてもムリ!!」「気づいたらインスタ覗いてた…」という方には、ツールを使った自己分析がおすすめです。

自己分析ができない人は、ツールを使うと簡単に強みを発見することができます。

あんとにお

実際に私が20種類以上の診断を受けた中から、本当におすすめできるツールをまとめました!

おすすめの自己分析ツール



キャリア診断


適職診断テスト


パーソナリティ診断
運営サイトVIEWRe就活ミイダス
診断内容価値観や経歴に合う業界・職種強みや適職を9つのタイプから分析個性と今のコンディションを分析
料金無料無料無料
時間3分8分10分
イチ押しポイント手軽にできてコスパが良い‼エニアグラムを用いた高精度の診断‼改善点が視覚的に分かりやすい‼
公式サイト診断する診断する診断する
評判評判を見る評判を見る評判を見る
各自己分析ツールの比較

イチ押しは、転職アプリ『VIEW』のキャリア診断です。

簡単3分価値観や経歴に合う業界や職種AIが判定してくれます。アプリをインストールするだけなので、登録もめちゃくちゃ簡単です。

あんとにお

価値観をもとにしてるから、より自分に合った職種や業界が見つかります…‼

\かんたん3分!価値観が見つかるAI診断/

面倒な登録は一切不要

おすすめの自己分析ツールを診断結果別にまとめたので、下記画像もあわせてご確認ください。

\タップで拡大します/

転職の自己分析ツール・アプリのカオスマップ
転職に役立つ自己分析ツールのカオスマップ

企業研究

第二新卒は、新卒時よりも企業選びが重要です。

私も含め、学生時代はなんとなく大企業に行くことがステータスと考えていた人も多いと思います。ですが、第二新卒で転職する場合、「ネームバリュー」や「年収」だけで選ぶのは非常に危険です。

具体的には、

  • 儲かる業界構造か
  • 市場規模が急激に減少してないか

2点をチェックしておきましょう。

キャリア論の有名な考え方に、「正解を選ぶのではなく不正解を避ける方が大事」という考え方があります。

つまり、ホワイト企業に近い会社を選び、ブラック企業を避けることが転職活動では何より大切です。

あんとにお

企業研究のやり方については、下記記事をご確認ください。

求人探し

求人の探し方はいろいろありますが、第二新卒には次の2つの方法がおすすめです。

  • 転職サイト経由で探す
  • 転職エージェント経由で探す

両者のメリット・デメリット

サービスメリットデメリット
転職サイト自分のペースで求人を探せる
求人の比較検討ができる
書類選考や面接対策を一人で行う
人気のある求人の倍率が高い
転職エージェント人気のある業種、伸びる業界が分かる
履歴書や職務経歴の書き方を教えてもらえる
キャリアコンサルタントに相談できる
担当者によって質が変わる
企業側の採用のハードルが若干高い
転職サイトと転職エージェントの違い

どちらも一長一短のメリット・デメリットがあります。

第二新卒はエージェントを使わない方がいいと言われますが、これは大きな間違いです。

転職サイトとエージェントを併用することで、理想の職場に転職することができます。

「どれを選んだらいいか分からない…」という方向けに、おすすめの転職サイト転職エージェント2社ずつ厳選して紹介します。

あんとにお

すべて登録しても15分程度です。スキマ時間にサクッと登録しておきましょう。

おすすめの転職サイト1.リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTのおすすめポイント
  • 求人数40,000件以上の圧倒的な求人数
  • 企業とのマッチング機能を搭載
  • 約8500通りからなる自己分析ツールを利用可能

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

20代が転職活動をする際は、必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの求人のうち、86%はリクナビNEXTだけの独占求人です。

転職活動者の8割が使っていて、「転職に興味が湧いてきた」ぐらいの時期でも登録OKです。

さらに、約8500通りからなる自己分析ツール「グッドポイント診断」を使えば、あなたの強みが5つ分かります。もちろん、無料です。

あんとにお

スマホのアプリで簡単に検索できるので、スキマ時間にも使えます。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える

おすすめの転職サイト2.DODA

公式サイト:https://doda.jp/

dodaのおすすめポイント
  • 10万件以上のトップクラスの求人数
  • 転職者満足度№1
  • 転職サイトと転職エージェントの二刀流

は、リクルートエージェントに次いで、2番目に求人数が多い転職サイトです。

dodaは、転職サイトと転職エージェントが一つのサービスになっているので、転職サイトで見つけた求人を転職エージェントに紹介してもらうことが可能です。

あんとにお

転職サポートも手厚く、「各種診断サービス」が無料で受けられるので、初めての転職の20代にもおすすめです。

まずは転職サイトとしても利用しつつ、気になる求人があれば転職エージェントに相談しましょう。

\カンタン3分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

おすすめの転職エージェント1.マイナビジョブ20’s

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント
  • マイナビのノウハウを生かした手厚いサポート
  • 登録者の85%以上が社会人経験3年以内
  • 転職定着率94.6%

私と同じ20代の方には、大手のマイナビが運営するがおすすめです。

20代・第二新卒・既卒向けに特化しており、非公開求人が80~90%を占めています。

あんとにお

相談に親身に乗ってくれるので初めての転職活動でも安心して使えます。

\カンタン3分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

おすすめの転職エージェント2.就職Shop

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

就職Shopのおすすめポイント
  • リクルートのノウハウを活かせる
  • 登録者の9割が20代
  • 利用者数述べ10万人
  • 書類選考無し
  • 登録企業数累計10000社


未経験から正社員を目指したい方には、大手のリクルートが運営する就職Shopがおすすめです。

就職Shopは、キャリアコンサルタントが直接訪問した企業のみを紹介するエージェントです。

そのため、労働環境、社内の雰囲気、教育体制などネットではわからない生の情報が分かります。

また、就職Shopで就職決定した方の8割正社員経験1年未満の若者です。

あんとにお

経歴に自信がない方に文句なしでおすすめできるエージェントです。

\カンタン1分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

⇑ 目次へ戻る

STEP2.応募

STEP2.では、実際に求人に応募します。

順番に解説します。

書類選考

書類選考は、履歴書職務経歴書を作成します。

職務経歴書に書くこと

職務要約、職務経歴、自己PR(仕事で活かせる知識・スキル)を伝えます。

応募先企業の担当者に、「うちの職場でも力を発揮してくれそう!直接話してみたい!」と思わせなければいけません。

手を抜くのはNGです

応募の段階では、先ほど紹介した転職エージェントを使っているかどうかで転職の難易度が変わります。

エージェントのお墨付きがあれば、書類の通過率がグンと上がります。

あんとにお

もちろん履歴書や職務経歴書の添削等のサポート等もしてくれます…‼

面接対策・実践

面接では、以下の2点をチェックされます。

  • 継続性…末永くうちの会社で働き続けてくれるのか
  • 再現性…前の職場での活躍を、うちでも発揮してくれるのか


企業は採用コストをかけているので、「ちゃんと活躍してくれるか」「すぐに辞めないか」について非常に慎重です。

先ほど紹介した転職エージェントを使えば、模擬面接をしてくれたり、想定質問を教えてくれたりなど具体的な面接対策をしてくれます。

エージェントが採用担当者と関係性ができてる場合、面接前後にあなたの思い、スキル、経験などを補足して伝えてくれることもあります。

あんとにお

エージェントとの関係づくり、大事です…!

⇑ 目次へ戻る

STEP3.内定&退職

最後に、内定を獲得して退職するフェーズです。

STEP3.内定&退職
あんとにお

内定承諾と退職について抑えておくべきポイントを簡単に解説します。

内定承諾・引継ぎ

内定を獲得して、新しい職場で活躍するまで転職活動のゴールです。

そのため、内定後の人生をよりよくするために、できるだけ会社の内情を把握しておくと、入社後のギャップが小さくなります。

入社前に確認すべきポイント

  • 入社日(内定保留ができるか、いつから働くか)
  • 働く場所(オフィスはどこか、テレワークは可能か)
  • 業務内容(どんな仕事をするのか)
  • 給料(給与体系はどうなっているのか)
  • 休み(休日、有給休暇はどうなっているのか)
あんとにお

面倒に感じるかもしれませんが、入社後のギャップを無くすためにも必ず確認しておきましょう。

退職

内定先が決まった後は、いよいよ退職手続きです。

とはいえ、新卒で入った企業を短期で離職するのは勇気がいるし、申し訳ないと感じる人もいると思います。

上司に引き止められるのが嫌で、なかなか退職を言い出しづらい人もいます。

「どうしても退職が言い出せない」「二度と上司の顔を見たくない」という方は、退職代行サービスの利用を検討しましょう。

退職代行サービスとは

退職を希望する人から依頼を受けた代行業者が、本人の代わりに勤務先に退職に関する連絡をするというものです。

年齢別退職代行サービス利用者ランキング2021によると、男性の利用者1位が20代前半(20歳~24歳)40.3%で、女性の利用者1位が20代前半(20歳~24歳)38.5%と若者が使用するサービスが退職代行です。

退職代行サービスを使えば明日から出社しなくてよくなり、面倒な会社との手続きをする必要はありません。


おすすめの退職代行サービスについては、「退職代行おすすめランキング5選!失敗しない選び方とメリット・デメリット」をあわせてご覧ください。

⇑ 目次へ戻る

まとめ:第二新卒の転職ステップを把握して内定をつかみ取ろう

第二新卒の転職活動の流れとスケジュールについて解説しました。

改めて、今回紹介した転職サービスをまとめます。

おすすめの自己分析ツール



キャリア診断


適職診断テスト


パーソナリティ診断
運営サイトVIEWRe就活ミイダス
診断内容価値観や経歴に合う業界・職種強みや適職を9つのタイプから分析個性と今のコンディションを分析
料金無料無料無料
時間3分8分10分
イチ押しポイント手軽にできてコスパが良い‼エニアグラムを用いた高精度の診断‼改善点が視覚的に分かりやすい‼
公式サイト診断する診断する診断する
評判評判を見る評判を見る評判を見る
各自己分析ツールの比較

おすすめの転職サイト

  • リクナビNEXT転職者の8割が登録する人気サイト。会員数は700万人越え‼️
  • DODA満足度ナンバーワンの大手転職サイト

おすすめの転職エージェント

初めてのことに取り組むのは、誰しもめんどくさいものです。ですが、早いうちに最初の一歩を踏み出しておくと後がグッと楽になります。

今回紹介したサービスは、すべて無料で使えます。登録はどれも3分程度でできるので、気になるサービスは忘れないうちに登録しておきましょう。

ぜひ今日の話を参考に、戦略的に転職活動をする方法をお試しください。

少しでも参考になればうれしいです。それではっ!!

⇑ 目次へ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次