MENU
電子書籍

【画像27枚】DMMブックスアプリの使い方、メリット・デメリットを徹底解説

こんにちは、あんとにおです。

「DMMブックス」で本を買った後は、スマホPCなどで本を読みます。

スマホで読む時には、専用のアプリをダウンロードする必要があります。

そこで気になるのが、アプリの使い勝手ですよね。

この記事で分かること

・DMMブックスアプリの使い方
・読書する時に使う機能5つ
・実際に使用して感じたメリット・デメリット

この記事を読めば、DMMブックスアプリの使い方が分かり、快適な読書ができるようになります。

あんとにお

DMMブックスは出版社や一部の漫画限定でセールを行っています。

最新のセール情報は、DMMブックス公式サイトをご覧ください!

結論、DMMブックスアプリの使い勝手は全く問題なかったです!

電子書籍に抵抗のある人にも、DMMブックスはオススメできるので、使い方を詳しく解説します。

あんとにお

DMMブックス以外におすすめなのが「新規登録キャンペーン実施中【Amebaマンガ】」です!

無料会員登録で、100冊まですべて半額の超お得なクーポンが配布されています。

DMMブックスとは

DMMブックスは、大手のDMMが運営する電子書籍販売サイトのことです。
マンガ、ラノベ、ビジネス書、写真集など幅広いジャンルを扱っています。

25万冊以上の取り扱いがあり、特にマンガやラノベに強いのがDMMブックスの特徴です。

DMMブックスアプリとは

「 DMMブックス」とは、 「DMM.com」で購入した電子書籍作品をスマートフォンやタブレットで閲覧できるサービスです 。

「DMMブックス」で購入した本は、アプリもしくはブラウザ上で読むことができます。

そこで必要なのが、「DMMブックス 電子書籍リーダー」のアプリです。

このアプリは、App Store、Google Playからインストールできます。

DMMブックス 電子書籍リーダー

DMMブックス 電子書籍リーダー

DMM.com LLC無料posted withアプリーチ

使用できるデバイス

出典:DMMブックスアプリダウンロードガイド

DMMブックスアプリは、完全無料で使えます。

使用できるデバイスは以下の通り

  • Windows
  • Mac
  • iPhone/iPad
  • Android
あんとにお
あんとにお
僕はiPhoneで読んでるよ!

WindowsやMacで本を読みたい場合は、DMMブックスアプリダウンロードガイドをご確認ください。

DMMブックスとDMMブックス+の違い

DMMブックスのアプリには、「DMMブックス」と「DMMブックス+」があります。

Android端末のみ、2種類のアプリがあります。

DMMブックス+ > DMMブックス

DMMブックス+の方が機能面で優れているので、「DMMブックス+」をインストールしましょう。

DMMブックスアプリの使い方

次に、DMMブックスアプリの使い方について、実際の画面を用いて解説します。

アプリの画面は、

  • 二日間無料作品
  • 購入済み作品
  • HOME
  • 自作の本棚

に分かれています。

それぞれスワイプすることで、簡単に移動できます。

二日間無料作品

DMMブックスでは、「二日間読める」「無期限で読める」を選べる作品があります。

この場合、「二日間読める」の方が安くなってます。

二日間レンタルして返却する形なので、気になってた本を借りて読むイメージです。

「無期限で読める」本は、普通に本を購入したのと何ら変わりはありません。

あんとにお
あんとにお
読み忘れ防止でアプリ内で分けてくれてるよ!

購入済み作品

購入済み作品の中に、「DL済み」「本棚未追加」のボタンがあり、ワンクリックで種別が分かります。

あんとにお
あんとにお
まだ読めてない本分かるから便利だよ!

HOME画面

HOME画面には、上部に最近読んだ本が4冊まで表示されます。

あんとにお
あんとにお
本を探す手間が省けるよ!

また、漫画などのシリーズ作品は自動でまとまるので、本の管理はかなり楽です。

もし、本や漫画が100冊を超え、探すのダルすぎ…

となった場合でも大丈夫です。

アプリ右上の検索窓から、一瞬で本を探し出すことができます。

本棚に追加・編集する方法

本棚は、30秒程度で作成できます。

「本棚を作成する」をクリックして、本棚の名前を決めます。

人に読まれたくない本がある場合は、「鍵付き本棚に設定」を押すと人に見られる心配がなくなります。

「鍵付き本棚」を表示させる場合は、左上のメニューボタンを押して「プライバシー設定」から選択できます。

本棚を作成した後は、「編集」をクリックして、好きな本を選択して「本棚へ追加」をクリックします。

その後、追加先の本棚が出るので、この場合「ビジネス本」をクリックします。

これで本棚への追加は完了です。

あんとにお
あんとにお
プライバシーを守れるし使い勝手もいいよ!

DMMブックスアプリで本を読むときに使う機能5つ

本を読む際に使う機能は、以下の5つです。

  1. 自動再生機能
  2. 目次
  3. マーカー・しおり
  4. 文字、画面の明るさ設定
  5. ワード検索

どれも便利な機能なので、一つずつ紹介します。

①自動再生機能

DMMブックスは、自動で本がめくれる機能が付いてます。

右下の設定画面から変更可能です。

変更後は、①の再生ボタンを押せばOKです。

秒数も自由に変えられ、2秒~20秒まで変えることができます。

この機能を使うと、スマホを置いたまま読書ができます。

私は充電もできるAnkerのスマホスタンドに置いて、本を読んでます。

\63時間限定!タイムセール祭り開催中/
Amazon

②目次

②の目次をタップすると、目次検索から本の中を自由に移動できます。

目次もサクサク動くので、特に使いづらさはないです。

③マーカー・しおり

マーカー機能は、本文を長押しすると使えます。

マーカーは全部で4色

  • ピンク
  • 黄色

マーカーを付けた箇所に、メモを入れることもできます。

しかし、メモを入力する際はその都度③マーカーボタンをクリックする必要があるので、少し面倒かもしれません。

しおりは、アプリを閉じても、続きから読めるので実際そこまで使いません。

ですが、飛ばし読みしたい人とか、前のページに戻りたいときは有効です。

しおりをつけた時間も分かるので、いつから本を読んでないかも分かります。

④文字、画面の明るさ設定

DMMブックスは、文字の大きさ、画面の明るさが自由に変更できます。

変更できること
  • 画面の明るさ
  • フォント
  • フォントサイズ(11段階で変更可能)
  • 文字色
  • 背景色
  • 行間
  • 余白

自分の好みに合わせて、設定を変更することができます。

暗い場所で使う時には、以下のように変えられます。

あんとにお
あんとにお
好みに合わせていじってみてね!

⑤ワード検索

DMMブックスアプリでは、本の中の文言を検索できます。

例えば「アドラー心理学」と検索した場合、下記のように表示されます。

本の中の「アドラー心理学」をすべて検索することができます。

また、ブラウザでワードを検索することもできます。

  • Web検索する
  • 辞書で検索する

小説やビジネス書で分からない意味の単語があった場合でも、この機能があれば安心です。

DMMブックスアプリを使ったメリット・デメリット

次に、実際にDMMブックスアプリを使ったメリット・デメリットについて解説します。

お得だからDMMブックス買ったけど、ダメじゃん…

とならないように、しっかりとお伝えします。

DMMブックスアプリのメリット

私が感じたメリットは、2点です。

  1. 本棚作成ができる
  2. オフラインでも使える

順番に解説します。

①本棚作成ができる

先ほど解説した「本棚作成」がめちゃくちゃ便利です。

電子書籍は、本を保管する場所は必要ありません。

しかし、本を仕分けしないと色んな本が混ざって見づらくなります。

他の電子書籍だと、本棚作成機能は珍しいので、重宝してます。

特に、DMMブックスのセールでまとめ買いした人は、本棚を作っておくと大変便利です。

②オフラインでも使える

DMMブックスでは、本をダウンロードするとオフラインでも使えます。

通勤中に本を読もうとした時、ダウンロードに時間がかかると大きなストレスですよね。

地下鉄通勤の人だと、電波も届きづらい環境にあります。

その点、家でダウンロードしておけば、いつどこでも本が読めます。

待ち合わせなどの隙間時間にも読めるので、重宝してます。

DMMブックスアプリのデメリット

次に、DMMブックスアプリのデメリットをお伝えします。

  1. アプリ内から本が買えない
  2. 専用デバイスがない

順番に解説します。

①アプリ内から本が買えない

DMMブックスは、アプリ内から本を買うことができません。

本を購入したい場合は、Google等で検索する必要があります。

本をこまめに買いたい人にとっては、少々手間かなと思います。

しかし、セールの時にガッツリ本を買うスタイルの人にとっては、そこまで苦じゃないです。

②電子書籍専用デバイスがない

DMMブックスは、電子書籍専用デバイスが販売されていません。

  • Amazon:Kindleシリーズ
  • 楽天:楽天koboシリーズ

そのため、スマホ、iPad、PCで本を読むことになります。

個人差はありますが、小さい画面を一定時間眺めてると、段々と目が疲れてきます。

もし目の疲れが気になる方は、ブルーライトカットメガネがオススメです。

スマホでの読書に加え、PC作業でも目の疲れが減るので重宝してます。

私が使ってるのは、低価格なのに最大99.9%ブルーライトカットできる優れもの。

長時間つけても疲れないので、メガネ初めての方にも安心です。(私も初のメガネでした)

DMMブックスの口コミ

最後に、DMMブックスアプリの口コミを紹介します。

DMMブックスならではの機能、Kindleを比較した感想など様々です。

まとめ:DMMブックスアプリの使い勝手は問題なし!

今回は、DMMブックスアプリの使い方、メリットデメリットを解説しました。

安さでDMMブックスを選んだため、アプリの使い勝手が問題なく安心しました。

最近ではテレビCMも放送されているので、今後利用者は増加しそうです!

DMMブックスは、定期的にキャンペーンがあって、お得に本が読めるのが嬉しい。

マンガもセールの対象なので、本は紙派と考える人にも是非一度試してほしいです。

お得に本を読めるDMMブックスは、かなりコスパが良くてオススメです。

それではっ!!