第二新卒

第二新卒がハローワークに近づくのは危険?合理的な理由5選と対処法

本記事の結論
  • 転職するなら転職のプロに任せるのがおすすめ
  • ブラック企業の可能性があるから
  • 地方や都市によって求人の差にばらつきがある
あんとにお

本記事を読めば、ハローワークをおすすめしない理由が分かり、転職を成功に導く求人の探し方が分かります。

ハローワークとは

ハローワークとは、厚生労働省が管轄する、国が運営する職業紹介所です。

正式名称は、「公共職業安定所」です。職業安定という用語は、職業安定法という国の法律によって規定されている言葉です。

主に、退職者が失業保険の給付を受けるときに使うイメージが強いと思います。他にも役割があるので解説します。

ハローワークの役割

ハローワークの役割は、一人一人がその能力に合った職業に就いて、企業などの雇う側も人員が足りているようにすることです。

具体的には、仕事を探している求職者と、働く人を探している企業等をマッチングする事業です。

求職窓口に従事する職員は、希望の働き方について情報を聞き、その人に合った仕事の情報を提供したり、求職に役立つ情報を提供したりなど、時にはアドバイスや助言をしています。

「やりたいことが分からない」という人に対しても、カウンセリング的な面談をすることもしばしばあります。

雇用を守るために、日々奮闘しているのがハローワークの仕事です。

第二新卒がハローワークを使うのが危険な理由5選

結論、第二新卒がハローワークで転職活動をするのは、おすすめしません。

なぜなら、ハローワークに掲載されているような求人は、40代職歴なしの人でも働けるような仕事だからです。貴重な20代の時間を無駄にして、スキルも身に着かない仕事をするのはもったいないです。

転職エージェントと転職サイトの違いは、キャリアコンサルタントがつくかどうかです。しかし、ハローワークと両者は似て非なるもの。

ここでは、第二新卒の転職活動にハローワークの利用をおすすめしない理由について解説します。

ハローワークをおすすめしない理由

  • 大企業の求人が少ない
  • 地方と都市で求人にばらつきがある
  • ハローワークの職員は転職のプロじゃない
  • ブラック企業が多くいる
  • インターネットサービスが使いづらい

大企業の求人が少ない

ハローワークをおすすめしない理由の一つ目は、大企業の求人が少ないことです。

ハローワークの求人には、地場産業や老舗の企業が多いです。いわゆる中小企業の求人ばかり。

なので、基盤が安定した会社や今後伸びる業界を望む人にとっては物足りないかもしれません。

人生100年時代と言われて新しい昨今、どんな仕事に就き、どんなスキルを身に着けるかはかなり大事です。

キャリアの二歩目を中小企業で過ごしたくない人にとっては、おすすめしません。

参考記事:第二新卒の現実は厳しい?大手は無理?門前払いされない3つのコツを解説

地方と都市で求人にばらつきがある

ハローワークは、地方と都市とでは求人の質にばらつきがあります。

一概には言えませんが、東京、大阪、名古屋は人が飽和しているので、誰でもいいから採用したいという思いを持った企業が多いようです。

つまり、誰でもできる仕事=年収が上がりづらい仕事に繋がってしまいます。

あんとにお

人が飽和する都市では、労働力としてしか見ていない可能性が高いです。


今後、AIやインターネットの技術がさらに台頭し、無くなる仕事が増えることは周知のとおりです。

あなただからできる仕事を考えた時に、ハローワークの求人の質は良いとは言えないのが現実です。

ハローワークの職員は転職のプロじゃない

ハローワークの休職支援をしてくれる人は、採用のプロではありません。あくまで、職業紹介所です。

キャリアコンサルタントがいる場合もありますが、彼らの業務は多岐に渡ります。

ハローワークの仕事の具体例

  • 雇用保険の給付
  • 職業訓練の情報提供や斡旋
  • 教育訓練給付金の給付…etc

こういった仕事の中の一つに、職業紹介・マッチング業務があります。

一方、エージェントは求職支援に特化したサービスです。

転職エージェントの仕事

  • 経験や希望に合わせた求人の紹介
  • 経験や強みを整理するキャリアカウンセリング
  • 応募書類の添削・採用面接へのアドバイス
  • 転職サイトよりも求人が豊富
  • 面接日程から年収交渉まで企業の間に立ってサポート

エージェントを経由すれば、転職に特化したサポートを受けることができます。

ちなみに、私たち求職者は1円も支払いを請求されることはないので、安心して使えます。

おすすめの転職エージェントについては、「20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!」で詳しく解説してます。

ブラック企業が多くいる

ハローワークは、エージェントや転職サイトと違って、ブラック企業が多いと言われています。

その理由は、企業はハローワークに採用情報を無料で提出・掲載できるからです。掲載の審査はゆるゆるで、ハローワーク経由で決まると、国から補助金が出る制度もあります。

これらの理由から、採用にコストをかけたくない企業が集まりやすい傾向にあります。

「でもそれだけじゃブラック企業にならなくない?」と思うかもしれませんが、人材に投資するか否かは、企業体質に直接かかわります。
社員を大切にしない会社だと、残業代未払い、休日出勤等法外の業務が普通に起こりうるのです。

一方、転職サイトやエージェント経由の採用だと、企業はお金を支払います。お金を払う分、「いい人材を紹介してくださいよ」といった関係性が成り立っています


優良企業は、人材採用を必要経費として捉えています。企業の本気度を図るためにも、応募は転職サイトやエージェントからがおすすめです。

いい人材ならお金を払ってでも獲得したいと思うのが、本気で人を雇用したい人の気持ちです。

第二新卒はブラックしかない?ブラック企業を見抜く3つのコツと危険な業界あなた 第二新卒で転職したいけどブラック企業しかないブラック企業を見抜くコツが知りたいどうすればホワイト企業に転職できる...

関連記事:第二新卒はブラックしかない?ブラック企業を見抜く3つのコツと危険な業界

インターネットサービスが使いづらい

ハローワークの求人検索システムは、大手転職サイトと比べるとかなり使いづらいです。

実際のインターネットサービスがサイトがこちらです。

いつの時代??てぐらい古いですよね。条件も年齢、職種、場所、雇用形態、新着求人ぐらいでしか絞れないのでかなり使いづらかったです。

一方、転職者の8割が使っていて、1,000万人以上が登録するリクナビNEXTはレべチで使いやすいです。

働き方だけでも、こんなに多くの項目からチェックできます。職種の絞り込みも簡単で、幅広い求人にアクセス可能です。

d愛

専用アプリもあるので、ベッドでスマホをいじるだけでアクセスできます。

第二新卒の転職でハローワークをおすすめする人

とはいえ、第二新卒の転職活動にハローワークをおすすめする人も一定数います。

  • Uターン就職したい人
  • 転職エージェントに相談しても求人が無かった人

Uターン就職したい人

これまで解説したように、ハローワークは地方の求人が都市よりも良い求人が集まりやすいです。

そのため、地元に戻って就職したい、貢献したいという人にとっては良い選択です。

地場産業なら、地域に根差した太いパイプがあるので、すぐに仕事は無くならないでしょう。都会に人が集まりすぎている社会背景もあるので、地元でゆっくりしたい人の需要は年々高まっています。

転職エージェントに相談しても求人が無かった人

転職エージェントに相談しても、なかなか求人を紹介してもらえなかった人にハローワークの活用はおすすめです。

エージェントが収益を得ているのは、あなたを転職させた成功報酬です。

そのため、希望する職種、年齢、勤務地、年収などの条件にマッチする求人を紹介するのが難しい場合があります。たとえば、完全未経験の職種に転職したいのに、年収はアップしないとダメとかですかね。そうなると、転職の成功確率はグッと下がります。

エージェントはビジネスです。探すだけ無駄の仕事はできないので、適当に求人を出して関係を終わりにしようとします。まぁ彼らもビジネスなので仕方ない側面はあります。


なので、エージェントが受け入れてくれなかったらハローワークに一度相談しましょう。

今のスキルや経験を生かした仕事を紹介してくれる可能性があります。いわゆるセカンドオピニオンにもなります。

条件交渉も受け入れてくれる会社に出会える可能性もあります。

第二新卒がホワイト企業に転職したいなら『軸』が命の理由と転職するコツを解説第二新卒はホワイト企業に転職できる?ホワイトかどうか見分けるポイントが知りたいホワイト企業を転職エージェントに紹介しても...

まとめ:第二新卒はハローワークよりもエージェントに相談してみよう!

第二新卒にハローワークをおすすめしない理由をまとめました。

ハローワークをおすすめしない理由

  • 大企業の求人が少ない
  • 地方と都市で求人にばらつきがある
  • ハローワークの職員は転職のプロじゃない
  • ブラック企業が多くいる
  • インターネットサービスが使いづらい

一方、エージェント経由で応募すれば、面接対策、書類の添削、給与交渉、スケジュール調整など幅広い業務を行ってくれます。

就職活動と転職活動の違いは、仲間がいるかどうかです。より強力な仲間を求めるなら、エージェント一択です。

エージェントに相談すると客観的な視点で、「その経験が今の市場でどの程度の価値を持つか」「他社や他業種からはどう評価されるか」といったアドバイスを受けることができます。

とはいえ、無理に転職を勧めて、自分だけ報酬を得ようとする悪質なエージェントがいることも事実です。「希望に合わない求人ばかり紹介してくる」「年収が下がる転職を勧めてくる」こういったエージェントは注意が必要です。

リクルートエージェントで活躍した黒田氏によると、信頼できるエージェントの選び方は、「自分の人生の応援者になってくれるエージェントかどうか」です。

エージェントが『求人企業』か『転職希望者』のどちらをより向いているかで変わります。答えは、両方に100%向いているのが良いエージェントです。

さらに詳しく失敗しないエージェントの選び方を知りたい人は、下記記事をご覧ください。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説」へ

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!