MENU
会社辞めたい

「休憩時間がないので退職します。」が合理的な選択である3つの理由

・仕事で休憩時間が取れない
・お昼を食べる時間が少ない
・休憩時間に仕事するのが精神的にキツイ

こんなお悩みを解決します。

実は、休憩時間が取れない会社を辞めるするのは、超合理的な選択です。

なぜなら、労働基準法の中で休憩時間については明記されているからです。
つまり、労働基準法を守れない会社はブラック企業と言えます。

私自身、新卒で入社した会社が「休憩時間が取れない」ブラック企業でした。

「若いヤツのお昼は最後」という謎の風潮もあり、のんびりお昼を過ごしたことは一度もありません

休憩に対する上司の考え方は、絵にかいたような昭和モデルでした。

・昼飯は秒速で食うのが出来る営業マン

・仕事が遅いなら、昼飯のんびり食べてる場合じゃない

・飯食いながらでも、ニュース見とけ

・定時に帰りたいなら、昼も仕事しろ

「当時は、サラリーマンの宿命か」と思いましたが、冷静に考えると意味分からないですよね。

でも恐ろしいことに、働いてるときはこの異常事態を普通と捉えてしまいます。

この記事で分かること
  • 憩時間が取れない職場がブラック企業である理由
  • 休憩時間がない仕事を退職するのが合理的な選択である理由
  • 休憩時間が取れない仕事の解決策

この記事を読めば、休憩時間が取れない会社を抜け出す解決策が分かります。

所詮、休憩時間と侮ることなかれ。

決して大げさではなく、休憩時間は会社の体質が見える部分でもあります。

結論として、休憩が取れない会社はヤバい会社の可能性が高いです。
退職を視野に入れて行動することをおすすめします。

【体験談】新卒で仕事辞めたいは甘え?結論、うつ(鬱)になるくらいなら今すぐやめろ新卒で既に仕事を辞めたいけどさすがに甘え?とお悩みの方必見。この記事では、新入社員が仕事を辞めたい人が知るべき原因、解決策が分かります。実は、うつになるくらいなら新卒で仕事を辞めるべきです。この記事を読めば、新卒で仕事を辞めても、生きていける対処法が分かります。...
転職サイトのおすすめはリクナビNEXT!
  1. リクルートが運営する転職サイトで、豊富な求人数と転職ノウハウが多数
  2. 自分の才能・強みを本格診断できる独自サービスがある
  3. リクナビNEXTのアプリを使えばスキマ時間に求人が探せて便利
  4. 高性能AIが最適な求人を提案
  5. リクナビNEXTだけの限定求人が約85%

リクナビNEXTは、会員登録者数No.1の転職サイトです。

転職活動者の8割以上が登録していて、地域・職種を問わず、自分に合う企業を探せます。

リクルートのノウハウを生かしたグッドポイント診断を使えば、8,500通りのパターンであなたの強みを見つけてくれます。

無料で登録できるので、転職を一度でも考えたことがある人なら間違いなくおすすめできるサービスです!

仕事で休憩時間が取れないのは会社の怠慢です

サラリーマンにとって、唯一仕事から解放され、心休まる時間が休憩時間です。

楽しい時間とはいかなくても、読書、昼寝をしてリフレッシュする時間が認められています。

その権利を剝奪し、私利私欲をむさぼる上司、経営者は間違いなくブラック企業に染まっています。

そもそも、一人の労働者者が1時間働かないだけで「人手が足りない」「もっと働け」となるのは労働者の責任ではありません。

完全に経営者、上司の怠慢です。

とはいえ、本当に「休憩時間が取れないだけで会社を辞めていいのか」と不安になる気持ちも分かります。

あんとにお

ブラック企業ほど、「頑張ることが偉い」という謎の価値観を植え付けてくるからね。

でも世の中を見渡してみると、「休憩時間が取れずに退職する人」は多くいることが分かります。

次に、私の実体験を交えて、休憩時間がない会社を退職するのかが合理的な理由であるかを解説します。

休憩時間がない仕事を退職するのが合理的である3つの理由

人生の時間は有限です。

貴重な時間をムダにしないためにも、合理的な選択を取りましょう。

「そんな簡単に会社辞めていいの?」と思われるかもしれませんが、ブラック企業の体質は変わりません。

たとえ表面をホワイト企業に見せても、上司、経営者が同じ限り、根本を変えることは難しいです。

あんとにお

データ、実体験を交えて解説するので参考になればうれしいです。

休憩時間を取らない会社は労働基準法違反です

まず、会社員の休憩時間は法律によって定められています。

労働基準法第34条では、以下の通りに休憩時間が定めらています。

  • 労働時間が6時間から8時間以内、最低休憩時間は45分
  • 労働時間が8時間を超す場合、最低休憩時間は1時間

基本的にサラリーマンは8時間労働の人が多いと思います。
そのため、1時間以上の休憩時間を権利として保有しています。

あんとにお

休憩時間は、分割でも労働基準法的には問題ないそうです。

しかし、一般的にはお昼休みを休憩時間とする人が多いでしょう。

また、休憩時間には以下の3原則が守られていなければなりません。

  1. 休憩時間は労働時間の途中に与えられる
  2. 休憩中は労働から完全に解放されなければならない
  3. 休憩は一斉に付与されなければならない
あんとにお

③休憩は一斉に付与については、職種による制限が一部あります。

休憩時間は、「労働から完全に解放される」必要があるので、昼寝、読書をしても全く問題ありません。

上記のことから、昼飯を1時間休憩取るのは労働者の権利です。

この権利を守らない会社は、労働者を軽んじてるので、ブラック企業の気質が極めて高いです。

休憩時間を取らないと仕事の効率が悪くなる

休憩時間を取らないと、仕事の効率が悪くなります。
これは、科学的にも証明されている事実です。

昼飯を食べずに仕事してる人、デスクで簡単に昼飯を済ませる人は要注意です。

これについては、「ストレスフリー超大全」の著者である、樺沢紫苑氏の記事が参考になります。

記事を要約すると

要約

・デスクでお昼を食べてはいけない

・昼休憩は、上手く切り替える時間

・人間の集中力は、終わりと始まりがあるから続く

昼休憩で外出するメリットは、以下の通りです。

①平常心に戻る「セロトニン効果」

②記憶力アップの「場所ニューロン効果」

③ひらめき力がアップする「アセチルコリン効果」

つまり、昼休憩の時間を取らないと、かえって仕事の効率が悪くなります。

その結果、定時に帰れない日々が続き、またしんどい思いをすることに繋がります。

それにもかかわらず、休憩時間を軽んじて、休憩時間も働かせる会社はマジでヤバいです。

頑張ることが得意な日本人は多いですが、勇気をもって休まないと心身がおかしくなります。

あんとにお

仕事の効率を上げるためにも、休憩時間は必須です。

休憩時間が取れないとメンタル病みます

休憩時間を満足に取れない日々が続くと、メンタルが病んできます。

休憩時間を取らない悪影響
・ストレスがかかる
・集中力が低下する

休憩時間を取らずに仕事をしている人は、無意識のうちに集中力が欠け、ストレスがかかった状態です。

その状態で仕事をすると、負のループに陥ります。

あんとにお

特に20代の若い人ほど、この負のループにハマっている気がします。

立場が弱い人に高圧的な会社は、マジで最悪です。

休憩時間を取らずに仕事する

ストレスかかり、集中力が低下

ミスを連発する

怒られてやる気も段々と減少する

望んで取らないならまだしも、「昼休憩が取りづらい雰囲気」を作っている上司、会社に怒られるのは意味が分かりませんよね。

さらには、理不尽なことで怒られるようになります。

負のループにハマるとどうせ昼飯食べて怒られるなら、取らなくていっか…」と諦めにも近い感情が生まれます。

これを繰り返すと、普通にメンタルやられます。

なので、「休憩が取れないで仕事を辞めること」は超合理的な選択なのです。

【体験談】新入社員がストレスで涙が出る原因3つと心をラクにする方法涙が出るほどストレスを抱える新入社員の方必見。この記事では、うつになる前に辛い環境を逃げ出すのが一番の解決策である理由を解説。実は新入社員がストレスで涙が出るのは異常事態ですこの記事を読めば、ストレスで涙が出るあなたの心を楽にする方法が見つかります。...

【解決策】休憩時間が取れない仕事の対処法

「休憩時間が取れない仕事」に悩んでいる場合、解決策は2つあります。

  1. 上司に労働基準法に違反してることを主張する
  2. ホワイト企業に転職して休憩時間を確保する

もし今あなたに余裕があって、上司と向き合えるパワーがあるなら「労働者の権利」を上司に主張してみましょう。

ブラック企業に働いてる人は、感覚が通常の人より麻痺してます。

そもそも、労働時間が6時間から8時間以内の場合、最低休憩時間は45分の労働基準法を知らない可能性もあります。

もし可能なら、退職する意志があること、労働組合に相談可能な状況であることを伝えましょう。
大事にはしたくないので、会社が折れてくれる可能性もあります。

しかし、この方法は対策できるだけの余裕がないと難しいです。

もし追い詰められて、そんなことを考える余裕もない場合は、サクッとホワイト企業に転職するのがおすすめです。

あんとにお

仕事が辛い状況で頑張り続けるのは、いつか限界が来てしまいます。
そうなる前に、会社を逃げ出す準備を始めることをオススメします

新入社員は辛いよ。脱サラした私が教える「精神的に辛い新入社員に伝えたいたった1つのこと」この記事では、仕事が辛いと悩む新入社員がすべき、たった一つのことを解説。そもそも仕事向いてないではと悩んでいませんか?実は、しんどいまま働き続けると、心身の健康に影響を及ぼします。うつ病になりかけた私が、準備することの大切さをお伝えします。...

転職エージェントを使ってブラック企業を脱出する

転職をすれば、現在の会社、上司からは離れることができます。

とはいえ、仕事を辞めるのは甘えではないかと感じてしまう人もいますよね。

特にキャリアが若い人だと、転職に一歩踏み出せない人も多くいると思います。

しかし、労働環境を個人の力で変えることは、ほぼ不可能です。

理想のワークライフバランスを求めることは、何も問題ありません。
仕事をしつつ、しっかりと労働者の権利が守られている職場で働きましょう。

ただ、転職しても休憩時間が取れないブラック企業にたどり着く恐れがあるのが、転職の怖いところです。

そのため、転職をするなら転職のプロであるエージェントを使うのがおすすめです。

転職エージェントを使うメリット
登録後も完全無料で使える
・ブラック企業を排除した求人を探してれる
・職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
・転職に関する相談をなんでも乗ってくれる

企業側が転職エージェントにお金を払う仕組みなので、求職者は完全無料で使えます

おすすめの転職エージェントは、以下の2つです。

ハタラクティブ

○カウンセリング実績11万人以上。

○内定率は80.4%

○マンツーマンサポートで「まだやりたいことがない」という方でも安心して使える



ハタラクティブは、未経験、既卒、フリーター専門など初めての転職でも使いやすい転職・就職支援サービスです。
登録も利用ももちろん無料で、カウンセリングのプロが相談に乗ってくれます。

「どの転職エージェントを使えばいいんだろう?」とお悩みの方は、自分に合う企業を探してくれる「ハタラクティブ」がおすすめです!
未経験から正社員への就職なら「就職Shop
就職Shop


○利用者数10万人以上の実績

○利用者の9割が20代

○未経験歓迎&書類選考なし




リクルートが運営する就職Shopは、未経験の人に使いやすい転職・就職支援サービスです。

登録も利用ももちろん無料で、登録企業10,000社の中からあなたに合った求人を見つけてくれます。

求人は未経験者が対象で、学歴・職歴・社会人経験がなくても不利になることはありません。

面倒な書類選考が無い「就職Shop」は、経歴・学歴に自信がない方にもおすすめです!

もっともおすすめの転職エージェントは、大手のリクルートが運営する就職Shopがおすすめです。

リクルートのノウハウが存分に生かされているので、条件に合った求人を紹介されやすいのが特徴です。

あんとにお

書類選考が無いので、経歴や資格取得などは一切見られません。

完全無料で使えるので、ぜひ相談してみてください。

\カンタン5分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

最後に:休憩時間が取れない仕事は退職するのが合理的な選択です

記事のまとめ

・休憩時間は労働者の権利

・休憩時間を取らないと仕事の効率が悪くなる

・休憩時間を取らないとメンタル病む

休憩時間を軽んじてはいけません。

仕事が終わらないなら、昼飯返上するくらい働け」と言ってしまう会社は、時代と逆行してます。

上司は、あなたの10年後の未来にいる存在です。

上司と同じ働き方、生き方が想像できないなら「休憩時間がないので退職します。」は合理的な退職理由です。

転職は、若ければ若いほど有利なのがリアルです。

ヤバい会社に居続けることは簡単ですが、動き出すことで自由な働き方へと繋がります。

転職サイトの良い求人はすぐに無くなってしまいます。見逃さないよう、今すぐ登録しておきましょう。

それではっ!

【必見】失敗しない自己分析3選|手っ取り早くやりたいことを見つける方法強みを知りたいとお悩みの方必見。この記事では自己分析をする意味と、失敗しない自己分析を3つ解説。実は、「やりたいことが分からない」と言う人ほど、「自分には無理」と思い込んで何も行動していないパターンが多いです。この記事を読むと、自分に合った自己分析の方法が分かります。...



マイナビジョブ20's