20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

合わない会社はさっさと辞める勇気を持とう【嫌な仕事を続けた結果…】

仕事をすぐ辞めるのは甘えかな…。でもやっぱり合わない気がする…。

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

辞めるのが早いと逃げ出したと思われるしね…

人間に長所と短所があるように、仕事にも合う合わないがあります。合わない会社や仕事を続けても、余計なストレスがかかり成果に繋がりません

あんとにお

私もかつて、新卒で入った会社が合わないと感じて、わずか9ヶ月で退職しました。

向いてない仕事を1年目で辞めるのは、甘えではありません。次の転職先を探すべきです。

とはいえ、真面目に働いてきた方からすると「合わないからといってすぐに辞めてもいいの?本当に甘えじゃない?」と疑問に思いますよね。

そこで今回は、仕事が合わないと感じる原因とすぐ辞めるかどうかの判断基準について詳しい解説と「仕事が合わない」と感じたらやるべきことをあわせて紹介します。

関連記事:【迷ったらコレ】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

タップできる目次

自分に合わない会社はできるだけ早く辞めた方がいい

仕事を辞めたい一方で、なかなか決断できない人は多いですよね。

「給料が安い」「激務」「上司がクソ」など辞める理由がハッキリしてれば別ですが、明確な理由がないと退職を渋ってしまいます。

しかし、合わない会社や職場で我慢して働き続けるのは、人生の貴重な時間を無駄にしています。退職を渋っていると、妊娠、結婚、家族の介護等々が積み重なり、一向に動き出せなくなります。

私もかつては、1年目の転職は甘えのマインドブロックがかかっていて、仕事を辞める勇気が持てませんでした。

あんとにお

いざ行動してみると「もっと早く辞めればよかった」と後悔しています。


仕事を辞めるのは逃げではありません。若い人ほど転職先は見つかりやすいし、未経験の仕事にもチャレンジできます。

行動してみなければなにも変わりません。見通しが立たなくても、挑戦した人だけが果実を得るのは真理です。

転職するかどうか迷っている人は、「転職に迷う時はやめたほうがいい?既に答えは出てる」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

会社が合わないはスピリチュアルな直感で判断できる

「今の会社はなんとなく合わないんだよなぁ…」と感じている方は、多いと思います。

合わない理由を上手く言語化できないために、退職を渋ってしまうケースは多いです。

ですが、会社の合う合わないについては、ある程度直感で判断できます。スピリチュアルに思うかもしれませんが、仕事が合わないサインが出ていればすぐ辞めても問題ないです。

仕事が合わないかどうかを直感で判断する際は、次の10個のサインに当てはまるかどうかで判断しましょう。

仕事の辞め時10個のサイン
  • 自分の存在価値を疑った時
  • 新人にあたりが強い時
  • 体調不良が続く時
  • 仕事が楽しみな日が1日もない時
  • 怒られても何も思わなくなった時
  • ストレスで涙が溢れた時
  • 成長したいと思わなくなった時
  • 会社に期待が持てなくなった時
  • 眠いのに寝れない時
  • 社内のまともな人から辞めていく時

サインに3つ以上当てはまる人は仕事の辞め時です。

詳しい解説が気になる方は、「仕事の辞め時10個のサインとは?【スピリチュアルに頼らない直感が命】」をあわせてお読みください。

【体験談】合わない仕事を続けた結果失ったモノ

私たち日本人は、「仕事をすぐ辞めるのは甘えじゃないか?」という思いがあります。

しかし、合わない職場を捨てて次を探した方が、トータルで見ると成功しやすいです。

あんとにお

甘えなどと無責任に言ってくる人の言葉は無視して、自分の生きたい人生を生きましょう。

ストレスが半端なかった

合わない職場で働き続けると、当然ストレスがかかります。

人間関係が悪いと、常に気を張り、上司の顔色を伺うのは想像以上にキツイです。やる気が出ない仕事をしてたら、イライラもしてきますよね。

ストレスには、良いストレスと悪いストレスの2種類あります。

適度な緊張感をもたらし、パフォーマンスを上げるストレスと、胸がぞくぞくするストレス。

合わない職場環境だと、後者の悪いストレスを抱え続けます。

関連記事:仕事辞めてゆっくりしたい人必見!20代で退職した僕がリスクとリアルを暴露

軽いうつ病になった

私は合わない仕事を我慢して続けた結果、軽いうつ病になりました。

営業職として働いていたのですが、

  • 電話が苦手
  • 報連相ができない
  • 飲み会行きたくない
  • 上司とのコミュニケーションが下手
  • 細かい事務作業が苦手


など挙げればキリがないほど営業マンに向いていませんでした。特に電話対応は苦手すぎて辞めたいと毎日思ってました…

責任感だけは強かったので、「自分はなんて無能なんだろう…」とメンタルを病んでしまいました。

うつ病になると再起に時間がかかるため、早めの退職をおすすめします。

仕事をすぐ辞めるのは甘え?と不安な方は、「新卒1年目で仕事辞めたいは甘え?転職はヤバい?うつっぽいなら辞めろ!」をあわせてご覧ください。

成果が出なかった

人間には、向き不向きがあります。

文章を書くのが得意な人もいれば、人前で話す方が得意な人もいます。にもかかわらず、適正に合わない仕事で成果を出そうとする人は本当に多いです。

あんとにお

私も人と関わるのが苦手なのに、部活をやっていたからという理由で営業職をしていました。

関連記事:向いてない仕事は1年目で辞めてもOK【向いてる仕事の見つけ方】

やる気がなくなった

合わない仕事を続けていると、段々やる気が削がれていきます。

これは、学習性無力感と呼ばれる心理学による効果の一つです。

学習性無力感とは

人は、抵抗したり回避したりするのが難しいストレスや抑圧のもとに置かれると、その状況から「何をやっても無意味」ということを学習し、それを改善するための努力すら行わなくなることをこの概念は示してます。

つまり、合わない仕事を続けると努力を怠り、何もしなくなって非常にもったいないです。

やる気が出ない仕事を続けるのは、人生の時間を無駄にしています。

目標がなくなった

入社当初は、誰しも志を高くもっていますよね。

しかし、合わないと感じる場面が多くなると「何の為に仕事をしてるんだろう」と目標が分からなくなる時がきます。

「仕事にいちいち目的を持っているやつはいない」とかつて私も言われましたが、本当にそうでしょうか。

レツネスキー教授は、「人々が人生から得ている満足感の大小は彼らが自分の仕事をどう見ているかに大きく依存しているようだ」とあります。

お金をもらう手段としてではなく、自己実現の手段の一つが仕事だと私は考えています。

何がしたいか分からない方は、「【20代必見】仕事で何がしたいか分からない?100年使える思考法」をあわせてお読みください。

なんとなく合わない職場の特徴

仕事が合わない、職場の雰囲気が悪いと一言にいっても、様々な原因があります。

次の5つの状況にいるときは、仕事が合わないと感じて辞める理由になりえます。

  • 労働環境
  • 人間関係
  • 仕事内容
  • 社風・価値観
  • 上司


合わない状況を正しく理解しておけば、次の職場選びにも役立ちます。

労働環境

労働環境に不満がある人は、仕事が合わないと感じやすいです。

残業が多い、休憩時間がない職場に不満を抱える人も多いと思います。

早く帰って家族の時間を大切にしたい人にとって、定時に帰れない仕事はキツイですよね。

有給を取得するのも、上司の顔色を伺わないといけないし、働き方改革なんか本当に進んでるのか疑問に思います。

あんとにお

一日の8時間程度を過ごす職場の労働環境は、QOLに直結します。

残業40時間を超える方は、「残業40時間はありえない?きついは甘え?【うつっぽい人は危険】」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

人間関係

職場の人間関係が悪いと、仕事が合わないなと感じる人も多くいます。

実際、職場のストレスの9割は人間関係によるものと言われています。

日本人2万人に調査した結果によると、幸福度に影響を与えるのは以下の順番です。

健康→人間関係→自己決定→お金→学歴

つまり、健康の次に重要かつ、お金よりもはるかに重要なのが人間関係です。

質の悪い人間関係が災厄をもたらすことは、研究からも明らかになっています。

仕事や職場環境と死亡リスクの関連について、平均年齢41.6歳の820人を20年間追跡調査した研究によると、被験者の寿命に影響を及ぼしていたのは勤務時間や仕事の負荷、権限の大きさなどではなく、一緒に働く人たちの態度が協力的、友好的だったかどうか。

幸福の達人

人間関係が合わないと、ストレスがかかりっぱなしで辛いです。

そもそも、成果を出すために集まってるのに、人間関係に仕事を左右されるのはおかしいですよね。

仕事内容

興味が1ミリも湧かない仕事は、しんどいこと極まりないです。

誰がやっても同じような仕事だと、毎月の給料と浪費だけが楽しみになってしまいます。

自分で選んだ仕事とはいえ、「入社前とイメージと違った…」などということは往々にしてあります。

あんとにお

3ヵ月から半年程度働いても興味が湧いてこない場合は、退職を検討する段階かもしれません。

やる気が出ない仕事を続けてる人は、下記記事をあわせてお読みください。

社風・価値観

会社の社風や価値観に共感できないのは、根本的に理念が合わないのかもしれません。

例えば、「女性のキャリアを豊かに!!」の理念を掲げているのに、現場は残業が多く気軽に休みづらいとかは往々にしてあります。

会社は、人の集合体です。

会社の理念が一つの人として動かないと、組織は上手く機能しません。

根本的な価値観がずれていたら、会社も自分も不幸にしかならないのです。

>>転職すべきか残るべきかの判断基準は「期待が持てるか」コレだけで決まる

上司

上司が尊敬できない会社も、地味にきついです。

今の上司は、あなたの10年後を表しています。当然、時代の流れに伴い会社は変化するけど、成熟した産業なら大して変わりません。

あんとにお

同じ会社に勤めている限り、あなたの将来像は今いる上司の姿です。


休日出勤、残業を武勇伝みたいに語る上司は、時代錯誤です。心から尊敬できる上司に出会えないと、合わないと感じて辞めたくなります。

関連記事:見切りをつけて逃げた方がいい会社の特徴11選【優秀な人が必ずやる準備】

社風が合わない会社をすぐ辞めるかどうかの判断基準

今の会社で働き続けるか、転職すべきかの判断基準は、会社に期待が持てるかどうかです。

期待が持てない会社=価値観がマッチしていない会社です。

入社当初は「良い会社だなぁ」と思っても、ライフスタイルの変化、心境の変化により「期待が持てるかどうか」は変わります。

期待が持てない会社から離れた方がいい理由は、次の2つです。

  • 会社と自分自身がお互いに辛い
  • 努力しても無駄と感じる


日本の企業は、個人の意志よりも組織の合理性を重要視する文化です。「置かれた場所で咲きなさい」が美徳とされ、個人のキャリアを形成しづらいのが特徴です。

合わない仕事を辞めるのは、前向きな一歩です。自分に合った環境を探したい人は、「今の会社に期待が持てるかどうか」を一つの判断軸にしましょう。

転職すべき会社の特徴や転職を検討すべき理由については、下記記事で解説してます。

仕事がなんか違うと感じたら取り組むべきこと

合わない職場で働き続けても、ストレスが溜まるし、成果を出すのは難しいです。

あんとにお

何より、自分が楽しくないですよね。


人生100年時代と世間で騒がれ、私たちは当然のように70歳まで働くでしょう。そんな中、貴重な時間をつまらない、やりたくもない仕事に費やすのはめちゃくちゃ勿体ないです。

仕事が合わないと感じたら、少しずつ準備を始めておきましょう。

部署移動をする

部署移動をすることで、嫌な職場から離れることができます。

上司が変わるだけで、別の会社のように感じることは往々にしてあります。そこそこ大きな会社なら、部署移動も十分可能です。

人間にはどうしても相性があるよね…。

あんとにお

合わない上司と働き続けるぐらいなら、部署移動をして心機一転働く方法もありです。

とりあえず退職する

合わない会社で働き続けるのがもったいないので、とりあえず退職するのもありです。

転職先を決めずに退職し、離職期間で自分に合った仕事を見つけるのもおすすめです。

あんとにお

焦って転職活動をする必要がないので、自分の心と向き合う時間が取れます

次を決めずに退職するメリット・デメリットは以下の通りです。

次を決めずに退職するメリット
次を決めずに退職するデメリット
  • ストレスフリーな生活を経験できる
  • 強みを見つける時間ができる
  • 転職活動に専念できる
  • 経済的不安がつきまとう
  • 手続きがめんどくさい

日本にいる場合、仕事辞めてもなんとかなる人がほとんどです。

変に身構え過ぎず、フラットな気持ちで自分と向き合いましょう。若ければ若いほど、退職しても働く場所は十分確保されています。

>>20代が次を決めずに退職はアリか?後悔しない対処法

転職の準備をする

環境を変える最も手っ取り早い手段が、転職です。

経営コンサルタントの大前研一さんも言っていますが、自分を変えるためには「居場所を変える」というのが一番です。

とはいえ、転職しようと思っても、明日すぐに転職できるわけじゃありません。

転職は、3~4ヵ月程度の時間がかかります。

転職の全体像

準備(1ヶ月)→応募(1~2ヶ月)→内定&退職手続き(1ヶ月


書類作ったり、面接したり、希望の仕事探したりすると、時間がいくらあっても足りません。今の仕事と並行しながら転職活動する場合、さらに負担は倍増します。

あんとにお

こんなにきついなら、転職しない方がマシ…と感じる人がいるぐらいハードです。心が折れそうになります。

そんな厳しい転職準備の手助けをしてくれるのが、転職エージェントの活用です。

転職エージェントを使うメリット

  • 登録後も完全無料で使える
  • ブラック企業を排除した求人を探してれる
  • 職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
  • 転職に関する相談をなんでも乗ってくれる

転職にはリスクがありますが、転職活動自体はノーリスクです。転職エージェントは相談だけでも使えるので、気楽に話を聞いてみましょう。

今の会社の方が良かったら転職しなければいいだけです!


とはいえ、転職エージェントの選び方が分からない方もいますよね。

400社以上の転職サービスの中から第二新卒に本当に役立つエージェントを見つけ出すのはかなり大変です。

そのような方に向けて、第二新卒が目的別に選べるフローチャートを作成しました。

転職エージェントの選択フローチャート
あんとにお

自分の目的に合わせてまずは2社ほど登録して、物足りなければ1社追加するのがおすすめです。
複数利用することで、各エージェントの強みをいいとこどりすることもできます。

関連記事:【迷ったらコレ】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

仕事をすぐ辞めた方がいいケース

仕事が合わないからといって、「すぐ辞めるのはどうなんだろう?」と疑問に思う方もいますよね。

しかし、合わない云々の前に仕事をすぐ辞めた方がいいケースは確実に存在します。

自分では変えられないこと心がうつっぽいと感じてるなら、速攻辞めた方が良いです。

仕事や会社に心を支配されて、他で働けるところはないと洗脳される前に逃げましょう。

パワハラやセクハラがある

セクハラ、パワハラがある会社で働いている場合は、会社を速攻で辞めましょう。
パワハラやセクハラは自分で解決できることではありません。

せっかく頑張っても、辛いのは自分だけです。


怒鳴るパワハラ上司と働くと、うつ病になる可能性があるし、積極性がなくなるし、寿命が縮む恐れがあるしで何一つ良いことはありません。

あんとにお

心がぶっ壊されてしまう前に、後ろを振り向かず全力で逃げ出しましょう。

うつ病の疑いがある

精神的に辛く、体調不良やうつっぽいと感じる人は、スグに仕事を辞めましょう。
心はやりたくないと叫んでいるのに、無理して身体を動かすと普通にメンタル病みます

仕事のことを考えると体調が悪くなる、憂鬱、涙が出るなどの症状がある人は、心が限界を迎えています。

無理して頑張り続けると、後に他のことも考える余裕がなくなるほど追い詰められ、気づいた時には心身がボロボロです。

ふとした時に涙が出る状況は、かなり精神的に追い込まれているので、速攻で辞めましょう。

関連記事:新卒1年目で仕事辞めたいは甘え?転職はヤバい?うつっぽいなら辞めろ!

まとめ:合わない職場を抜け出す方法は転職が手っ取り早い

人生の貴重な時間を合わない場所で過ごすのは普通にもったいないです。

仕事の時間は、人生の半分以上を共にする貴重な時間です。仕事が楽しくないのに、家に帰って明るくふるまうなど到底できません。

今、当時の私と同じように苦しんでいる方は、転職の検討をおすすめします。

「自分は転職できない…」と思っても、市場で何を評価されるかは、転職活動をしてみるまで分かりません。今より良い求人はきっと見つかります。

心が正常なうちに一歩踏み出しておきましょう。


おすすめの転職サイトについては、「20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方」で解説してます。

スムーズに退職したい人は、退職代行をお使いください。

詳しくは、「退職代行おすすめランキング3選!失敗しない選び方とメリット・デメリットを解説」へ

悔いのない人生を歩みましょう。

それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる