20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

残業40時間はありえない?きついは甘え?【辞めたいと思えるだけマシ】

残業40時間はありえない?つらいのは自分だけ?

このような悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

周りが当たり前のように残業してると感覚がマヒするよね。

特に新卒で入った会社にずっといると、残業をするのが当たり前に感じてしまいます。

しかし、残業40時間は一般的に見ると「多い」です。残業するのに慣れきってしまうと、心身に悪影響が出ます。

私も新卒で入った会社がブラックだったので、40時間以上の残業3ヵ月続けました。

あんとにお

当記事内の体験談でも紹介しますが、軽いうつ病になり復職までに時間がかかりました。

そこでこの記事では、残業40時間はありえない?の疑問を解決し、残業が少ないホワイト企業に転職する方法を解説します。

結論、辞めたいと思える痛覚があるうちに、会社を飛び出す準備をしておきましょう。残業40時間の生活に慣れると、大変危険です。

会社を辞めたい方は、「見切りをつけて逃げた方がいい会社の特徴11選【優秀な人が必ずやる準備】」もあわせてお読みください。

タップできる目次

残業40時間は一般的に見ると「多い」

次のデータは、「OpenWork」に集まる社員クチコミデータから、「『日本の残業時間』四半期速報」2021年7-9月集計をまとめたものです。

(出典:OpenWork 働きがい研究所「日本の残業時間 定点観測」 四半期速報)

調査によると、全体の平均残業時間は

24.56時間/月

であることが分かります。

つまり、残業40時間は一般的に見て「多い」と言えます。

残業は何時間できつい?

人にもよりますが、残業40時間はかなりきついです。

私は新人の時に、毎月残業40時間を超えて働いていました。通勤に1時間以上かかるだけでなく、職場に60分以上早く来るサービス出社をしていました。

あんとにお

会社に拘束される時間は、1日12時間を超えてました…

家に帰って、ご飯を食べて、寝て、起きて、仕事に行くだけの生活で、「あれ…なんのために働くんだっけ」となりました。

近くに住むなど対策はありますが、基本的に残業40時間はきついと捉えてよいでしょう。

残業時間が増えると幸福度が下がる

残業時間が増加すると、幸福度は下がります。

次のデータは、アメリカで実施された調査です。

残業によるストレスの増加や、仕事と家庭生活の不均衡を原因とする幸福度の減少は、長時間労働による収入増がもたらす幸福度の増加を上回る。時間の価値を低く見積もってしまっている。

残業代が支払われる幸福よりも、長時間労働によるストレスが上回っているのが現実です。

残業がつらくて幸福度がガクッと下がっている方は、休職も検討しましょう。

休職中でも転職はできるので、まずは身の安全を確保することが大切です。

⇑ 目次へ戻る

残業が40時間を超える原因

残業40時間を超える原因は、主に3つです。

順番に解説します。

シンプルに人手不足

職場に人が足りないと、自ずと業務量が増えて残業時間も長くなります。

あんとにお

人の出入りが激しく、いつも人が足りない状況だと社員にしわ寄せが来ます。

直接にお客さんと関わる接客業やサービス業界だとどうしても人力が必要になり、人手不足になります。

ブラックな会社だとまともな人から辞めていくので、なかなか人が定着しません。

まともな人から辞めていく原因については、「まともな人から辞めていく本当の原因【優秀な人から辞める謎に迫る】」をあわせてお読みください。

仕事ができる人が少ない

仕事ができる人が少ないと、残業40時間を超えてしまいます。

無駄なダブルチェックやたばこ休憩が多すぎるなど、生産性を上げる取り組みをしないと残業時間は減りません。

あんとにお

何の為かも分からないような、古いしきたりを残している会社は注意が必要です。

残業が当たり前の雰囲気

日本特有の価値観として、「残業は美徳」「頑張ってるやつは偉い」の風潮は令和になった今でも残っています。

さっさと帰って家族の時間を大切にすればいいのに、家事や育児をしたくな人は無駄に残ってます。

また、上司がいると帰りづらい雰囲気が漂う会社も多いです。

成果出てないのに残業しないのか」と僕も言われたことがありますが、残業したらいいわけじゃありませんよね。

残業が当たり前の雰囲気の会社にいると、自ずと残業時間は増加します。

⇑ 目次へ戻る

【体験談】残業40時間の生活を続けた末路

「残業40時間ぐらいで辞めたい」のは甘えと言ってくる昭和人間もいますが、けして甘えではありません。

まだ残業40時間を経験したことがない人は、どんな感じになるか不安が多いと思います。

そこで本章では、残業40時間の生活を続けた男の末路を解説します。

うつっぽくなる

私は残業40時間を超えた結果、うつっぽい症状が出るようになりました。

  • 常に身体がダルイ
  • 死にたいと思う
  • 食欲がない

月に80~100時間を超えると「過労死ライン」と言われ、過労死ラインを超えると過労死のリスクが極めて高くなります。

仕事以外に楽しいことがなくなり、精神的に疲弊した状態です。

関連 新卒1年目で仕事辞めたいは甘え?転職はヤバい?うつっぽいなら辞めろ!

健康リスクが高まる

先ほど、残業が増えると幸福度が下がるデータを紹介しましたが、それだけではありません。

残業時間が増えると、健康のリスクが高まります。

残業時間が増えれば増えるほど、健康リスクも高まります。残業60時間以上の人は0時間の人と比べて『食欲がない』が2.3倍、『強いストレスを感じる』が1.6倍、『重篤な病気・疾患がある』が1.9倍と、すべての項目が上昇します」

参照:月60時間以上の残業は強いストレスと幸福度を上げる。衝撃の長時間労働メカニズム

長時間労働が常態化すると、思考能力が弱まり、正常な判断能力すら失われてしまいます。

入った会社がブラックだった時の対処法は、「新卒で入った会社がブラックだった時の対処法5選【まさかの結末に…】」をあわせてご確認ください。

残業代はバカ貰える

唯一良かったこととしては、残業代がバカ貰えることです。

私は、わずか9か月間の間に100万円貯金ができました。実際の体験談は、「仕事辞める時の貯金はいくら必要?100万円で退職した僕の体験談」で解説してます。

さらに残業が増えるとお金を使わなくなるので、自然とお金が貯まります。

ただ、時間と引き換えに命を削ってるようなものなので注意が必要です。

お金で時間を買うと幸せになれますが、逆に所定の労働時間を超えて働くことは、自分の時間をお金で売り渡している行為に等しいです。

⇑ 目次へ戻る

残業が少ないホワイト企業に転職する方法

これまで解説してきたように、残業時間が増えると、幸福度や健康面に影響があります。

残業を手っ取り早く少なくする方法は、残業が少ないホワイト企業に転職することです。

経営コンサルタントの大前研一さんも、『自分を変えるためには「居場所を変える」というのが一番』と述べています。

会社の残業体質はそう簡単には変わりません。なので、自らの行動を変えることが大切です。

あんとにお

本章では、残業が少ないホワイト企業に確実に転職する方法を解説します。

求人情報をチェックする

最も手っ取り早い手段が、求人情報から残業時間をチェックする方法です。

転職サイトを見ると必ず求人情報の欄に残業時間が掲載されています。

業界の平均残業時間と比べて、多い場合は注意が必要です。

口コミをチェックする

転職先の残業時間の有無については、第三者の口コミをチェックするのが一つの方法です。

転職会議を利用することで、公式サイトでは語られない裏側まで書かれています。

  • 職場の雰囲気
  • 残業代の扱い
  • 評価制度

ネガティブな意見が主となっているので、入社前の判断軸の一つになるでしょう。

就業規則と違う、残業時間が支払われないなど、入ってみないと分からない情報でも口コミサイトを使えば分かります。

注意点としては、中小企業など規模が小さいと情報が少なくなる点です。その際は、次に紹介する方法を試してください。

面接で確認する

面接の際に、直接残業時間について聞くのも一つの手です。

ただ、あまり条件面ばかり聞きすぎると面接官にあまりいい印象を持たれません。

特に最近の若い方たちは、自分のやりたいことがハッキリしないのに、「土日休日で残業は月20時間程度まで、ブラック企業じゃなくて、家から通える範囲の会社がいい」と労働環境や福利厚生などの条件については具体的な注文をつけてきます。

引用:二十代で再就職したいキミへ現在働いてる人に話を聞く
あんとにお

面接で聞きづらい場合は、転職エージェントを通じて聞くのがおすすめです。

現在働いてる人に話を聞く

より信頼性が高い情報を集めたい方は、現在進行形で働いてる人に話を聞いてみましょう。

例えば、フェイスブックで探したり、大学のOB名簿を見たりしてアポイントを取る方法があります。

口コミサイトや求人情報だと、過去の情報になるのである程度改善してる可能性があります。

鮮度の高い情報が欲しい方は、現在働いてる人に話を聞いてみましょう。

どうしてもツテがない場合は、同業他社の人から話を聞きましょう。

転職エージェントから情報を得る

面接で直接話を聞けない人は、転職エージェントから情報収集をしましょう。

会社の内情に詳しいエージェントだと、待遇や条件面について教えてくれます。

また、転職エージェントを使って残業時間が少ないホワイト企業に転職することもできます。

転職エージェントのUZUZ」は、独自の基準を用いて会社を調べています。

引用:UZUZ

3,000社以上の企業を訪問して作り上げた、UZUZ独自の厳格な判断基準を設けてブラック企業を徹底排除しています。

そもそも怪しいところには行かない」という賢い選択を取ることができます。

あんとにお

転職エージェントは、情報源としても役に立ちます。
20代におすすめの転職エージェントについては、下記記事をご覧ください。

⇑ 目次へ戻る

残業40時間に関するよくある質問

残業40時間の平均は?

社員の口コミなどの情報提供サービス提供を行うopenworksが、約7万人に行った「平均的な残業時間」のアンケートによると、月40時間残業の人の割合は13.7%で、全体の2番目に多い割合となります。

残業40時間を超えるとどうなる?

36協定の締結なく週40時間を越えて働かせた場合や、36協定を結んでいても月45時間・年360時間の残業時間の上限が守られなかった場合の罰則は、違反した従業員一人につき『30万円以下の罰金』『半年以下の懲役』のいずれか、もしくは両方となっています。労働時間の上限は週40時間!法律違反にならないための基礎知識

残業40時間の残業代はいくらもらえますか?

「週40時間、1日8時間」を超えたら、1時間あたりの賃金の25%増の残業代が発生します。

残業40時間で手取り20万は少ないですか?

年齢にもよりますが、20代後半以降の方だと少ないと言えます。なぜなら、残業40時間で手取りが20万円の場合だと基本給が20万円を下回ることが多いからです。

給料が増えるかどうかは、「業界の構造」と「会社が儲かっているか」の2点で決まります。転職しない方がいい業界を避け、転職を検討するのが良いでしょう。

まとめ:残業40時間はありえなくはないけど辛い

残業40時間は、一般的に見ると「多い」数字です。

  • 残業が当たり前の雰囲気
  • 残業を美徳にしてる
  • 残業のデメリットが分かってない

このような会社にいる方は、ホワイト企業への転職を検討しましょう。

残業が少ない会社に転職できれば、家族の時間を失うことなく仕事に注力できます。

残業40時間が辛いと感じている方は、痛覚があるうちに行動しましょう。他に転職先があることに気付けると、心がグッと楽になります。

少しでも参考になればうれしいです。それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次