20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

人前で怒鳴る上司はパワハラ?我慢して働き続けた社畜の末路

怒鳴る上司はやっぱりパワハラ?一緒に働くのがしんどい…

と感じている方も多いのではないでしょうか。

パワハラ上司と働くのは、精神的にきついよね…

意味もなく怒鳴る上司は、どこの職場にもいますよね。落ち着いた口調で言えばいいのに、まるで赤子のように大声を上げます。

実は、人は感情的に怒ると思われていますが、それは間違いです。怒る前には、「こいつを怒鳴ってやろう」という思惑があります。

なので、平気で怒鳴ってくる上司はけしてあなたが悪いのではなくただのパワハラです。

あんとにお

私もかつて、怒鳴るパワハラ上司と働き続けた結果、うつ病一歩手前まで追い込まれました。

そこでこの記事では、怒鳴るパワハラ上司人生を壊されないために知っておきたいことを様々な角度から説明していきます。

これから転職活動を考えている方は、「【新常識】転職エージェントの選び方7つのポイント!」をご覧ください。

タップできる目次

【結論】怒鳴る上司はただのパワハラです

結論、怒鳴る上司はただのパワハラです。一刻も早く、その会社を去るのが吉です。

厚生労働省によると、パワハラは以下のように定義されています。

検討会報告書においては、以下の①~③の要素をすべて満たすものを職場のパワーハラスメントの概念と整理。
①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

厚生労働省


つまり、上司の立場を使って、精神的な苦痛を味あわせているのは完全にパワハラです。

上司が日常的にパワハラをする会社は、パワハラを容認している会社です。社員を大切にしていません。

転職などで環境を変えないと、自分が辛い思いをします。


とはいえ、「自分に転職先なんて見つかるかな?」と不安になる方もいますよね。

ですが日本には400万社以上あるので、就職先は無限にあります。少子高齢化に伴い、労働人口が減少するため、若い働き手の需要は尽きません。

一つの参考データとして、20代から圧倒的な支持を得ているリクルートエージェントの求人数は、10万件以上あります。(2021年8月時点)

転職サイトを見れば、需要の多さに気付くことができます。

おすすめの転職サイトについては、下記記事をあわせてお読みください。

関連記事:【迷ったらコレ】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

判例でパワハラと認定された言葉の一覧

パワハラが認定されるためには、明確な基準がありません。

参考までに、2007年から2017年の間でパワハラによる損害賠償を認定した判決から、パワハラと認定された言葉の暴力をピックアップしてみました。

「待っていた時間が無駄になった」「耳が遠いんじゃないか」「むかつく」「帰れ」「死んでしまえばいい」「そんなことも分からないのか」「相手するだけ時間の無駄」「人の話を聞かずに行動、動くのがのろい」「反省しているふりをしているだけ」「お願いだから消えてくれ」「嘘を平気でつく、そんなやつ会社に要るか」「なんで自分が怒られているのかすら分かってない」

※上記の言葉が即パワハラと判断されるわけではありません。パワハラが発生した背景、 行動者の動機、目的、受け手との関係性、受け手の属性、ダメージの程度、行為の継続性などを勘案して総合的に判断されます。

引用:最新パワハラ対策完全ガイド


パワハラが認定されるかどうかは状況次第です。

ですが、「あれ?これってもしかしたらパワハラ?」と気づきを得るきっかけになれば幸いです。

人前で怒鳴る上司と働くのが危険な理由

怒鳴る上司がいる会社は、ストレスの元です。

精神科医が見つけた3つの幸福では、「職場のストレス」の9割は人間関係であると言われています。

たとえパワハラの被害にあっていなくても、怒鳴る上司がいる環境にストレスを感じる人は多くいます。

あんとにお

パワハラ上司と働き続けると、身体に毒です。
自分の身を一番大切にしましょう。

うつ病になる可能性がある

怒鳴る上司がいる会社を退職すべき理由は、うつ病になる恐れがあるからです。

上司と健康の関係性は、アメリカの研究で明らかになっています。

アメリカの40万人以上の労働者を調査した結果、信頼の置けない環境で仕事をする人は、喫煙、高血圧、糖尿病、質の悪い食生活、肥満、高コレステロールの傾向が高いことが分かった。そして上司こそが、その信頼の置けない環境の原因だった。

上司が心臓病の要因に、調査で判明

極度の緊張状態で働き続けると、ストレスが溜まりやすく、心身の健康に悪影響を及ぼします。

ムリして働き続けると、普通にメンタル病みます。私も、怒鳴るパワハラ上司の元で働き、涙が溢れた経験があります。

自己肯定感が下がり続け、自分は何をやってもうまくいかないダメ人間だと感じさせられました。

あんとにお

当時は食欲もなく、仕事のことを考えると憂鬱で軽いうつ状態でした。

脳が委縮して積極性がなくなる

怒鳴る上司の元で働き続けると、脳が委縮して積極性がなくなります。

「怒られないように頑張ろう!」と最初は努力しても、怒鳴られる恐怖感を一度植え付けられると脳が萎縮します。

その結果、悪循環が起こるのです。

ミスをして怒鳴られる

ストレスを抱えながら仕事

萎縮してミスを連発する

さらに怒鳴られる

地獄の無限ループです。

若い人ほど、ミスを恐れず挑戦して仕事を覚えたほうが良いのに、非常にもったいないです。ミスをしないように努めると、安パイな道しか選択できないようになります。

私も以前、職場の上司から「新人はミスをするのが仕事。俺がカバーする」と言われましたが、ミスをすると普通に怒鳴られました。

仕事の辞め時については、「仕事の辞め時10個のサインに気付いてる?」も合わせてご覧ください。

怒鳴る上司の元で働き続けると、ミスを恐れて自らの考えで行動するのが怖くなる

仕事の生産性が下がる

アメリカのグーグル社は、チームの生産性を最大化する要素は「心理的安全性」であると指摘しています。(参考:「効果的なチームとは何か」を知る

心理的な安全性とは、「無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ」と信じられるかどうかを意味します。

つまり、怒鳴るパワハラ上司がいる職場環境とは対極の状況です。

  • 自分の思ったことや感じたことを自由に発言できる環境
  • 周囲に対して過度に遠慮することなく行動できる雰囲気のある職場

上記の環境がメンバーのパフォーマンスを上げ、チームの生産性を向上させます。

仕事のやる気が出ない方は、「やる気が出ない仕事を辞めたい…【モチベーションが全くない人の対処法】」をあわせてお読みください。

寿命が縮む

怒鳴る上司は、質の悪い人間関係の一つです。

質の悪い人間関係が災厄をもたらすことは、研究からも明らかになっています。

仕事や職場環境と死亡リスクの関連について、平均年齢41.6歳の820人を20年間追跡調査した研究によると、被験者の寿命に影響を及ぼしていたのは勤務時間や仕事の負荷、権限の大きさなどではなく、一緒に働く人たちの態度が協力的、友好的だったかどうか

幸福の達人


つまり、敬意のない、敵意を持った人たちと一緒にいると寿命が縮むことが明らかになっているのです。
自分の存在、考えを真っ向から否定してくる上司と付き合うのはストレスの元です。

仕事を辞めることは甘えではありません。上司の態度が友好的・協力的じゃない場合、無理して働き続けるのは危険です。

自分を大切にしない人に多くの時間を費やすのは辞めましょう。

あんとにお

怒鳴る上司がいる会社からは、一刻も早く去るのがおすすめです。

大声で怒鳴る上司の心理

怒鳴る上司と働くと、心身の健康に悪影響を及ぼします。とはいえ、なぜパワハラ上司は怒鳴るという手段を使ってしまうのでしょうか。

ここでは、怒鳴る上司の心理的原因について解説します。

マウンティング

マウンティングを取りたい上司は、一定数存在します。

マウンティングとは

本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになることを指します。それが転じて人間関係において「自分の方が優位」とアピールすることが、マウンティングと呼ばれています。

自分が優位に立ち、支配し、コントロールしたいという思いから、彼らはマウンティングします。

転職一年目新卒で入社した社員に対して、なめられたくない思いから自分の権力を最大限まで誇示します。

立場を利用して、部下を押さえつけようとした結果、怒鳴る上司が生まれる

完璧主義

完璧主義の上司は、「自分が正しい」と信じ切っています。

そんな感情を逆なでするような、「それは受け入れられない」と感じた時、怒鳴ります。

自分に自信を持ち、完璧に物事を遂行したい上司に多く見られます。

自分の確立したやり方に取り組まなかったり、否定されたときに激高します。

反抗されたくない

怒りは、自分を守ろうとする「防衛本能」から生まれます。

自分が損害を被ると感じた時、一気に戦闘モードになって、敵対する相手を倒そうとするのです。

感情的になっている上司は、自分を守りたくて必死です。そのため、感情に任せて発言したり、行動したりしてしまいます。

自分を守りたい、反抗されたくないという気持ちから、怒鳴ってしまうのです。

大人の姿をした子どものようなものです。

パワハラを未然に防ぐチェック表

パワハラは、個人と組織のストレス反応です。

では一体、自分にはどれぐらいパワハラをする(うける)リスクがあるのか、管理職用と被害者側のチェックリストを見ていきましょう。

パワハラリスク度チェック表(管理職用)

管理職用のパワハラリスク度チェック表がこちらです。

  1. 仕事に対して、「こうあるべきだ」と考える傾向がある。
  2. 物事を白か黒かはっきりさせる方である。
  3. プライドが高い方である。
  4. 過去に現場担当者として、他の人より実績を残した方だと思う。
  5. 自分の思っていることや気持ちを表現しないで我慢することが多い。
  6. 「失敗するな!」「なぜ、できないの?」という否定的な表現をよく使う。
  7. 人の気持ちより、正しいかどうかの理屈の方が大切だと思う。
  8. 正当な理由があればパワハラ行為をしてもしかたがないと思う。
  9. 仕事は結果がすべてだと思う。
  10. 高ストレス状態または睡眠に何らかの問題を抱えている。

参考: 最新パワハラ対策完全ガイド

チェックが入ったこと自体に良し悪しはありません。あくまで、自分の傾向を知るためのチェックリストです。

パワハラリスク度チェック表(被害者側)

続いて、被害者側のパワハラリスク度チェック表がこちらです。

  1. 職場のルールやマナーを守っている
  2. 上司への報連相をこまめに行っている
  3. 自分の非に気付き反省や謝罪をすることができる
  4. 相手に配慮して自分の意見や気持ちを伝えている
  5. 周囲に感謝の気持ちを伝えている
  6. 上司が自分に対して何を期待しているか確認している
  7. 上司の期待と自分の行動が一致するように行動している
  8. 物事を客観的にとらえて答えを出すようにしている
  9. 困った時は早めに周囲に相談している(周囲の人・専門家)
  10. 上司より何らかの優れた能力を有している(知識・技術・人脈等)

参考: 最新パワハラ対策完全ガイド

8つ以上当てはまった人パワハラ被害者になる要素が少なく0~2つという人は被害者になりやすい要素を多く持っています。

あんとにお

ちなみに私は、2つでした…。パワハラ被害を防ぎたい人はご活用ください。

【体験談】怒鳴るパワハラ上司と働いてメンタルやられた話

私は、新卒で入った会社がブラックだったため、わずか9ヶ月で退職しました。

怒鳴る上司の心理的原因にすべてマッチしていて、王様のような上司でした。

  • 真面目
  • 責任感が強い
  • 完璧主義
  • 几帳面

上記に当てはまる人は要注意です。無理をして働き続けると、体調を崩す恐れがあります。

私も、仕事のスキルを身に着けようと必死に働きましたが、ついに限界を迎えました。ノルマ達成できずに機嫌の悪い部長に暴言を何度も吐かれました。

あんとにお

段々と会社に行くのが嫌になり、毎朝起きるのが苦痛でした。

極度の緊張状態で働いた結果、当然成果が出るはずもなく、ミスを連発しました。

私にはOJTと部長の二人がいましたが、何かミスを起こすとみんなの前で二人から罵声を浴びさせられました。一人が終わったと思ったら、同じ空間でまた別の人に怒られる。マジで地獄です。

合わない仕事はさっさと退職すればよかったんですけど、メンタルが普通じゃないので辞める選択肢を持てませんでした。

自分がおかしくなるのを感じつつも、周りの「仕事辞めたら?」という意見は聞きませんでした。というよりも、当時は、聞く耳を持てないほど追い込まれていました。

今の会社をやめるべきかどうかについては、「転職すべきか残るべきかの判断基準は「期待が持てるか」コレだけで決まる」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

あんとにお

自分がおかしくなってることに気付けない人は意外と多いです。

周りの人に相談するとあなたの緊急事態に気付いてもらえます。

怒鳴るパワハラ上司への対処法

怒鳴る上司がいる会社は、一刻も早く退職した方が心身を健康に保てます。

とはいえ、お金が無いから退職できないなどの理由から、すぐに辞めるのが難しい人もいますよね。そんな方は、パワハラ上司への対策を一通り試すことをオススメします。

あんとにお

自らの行動を変えることでしんどい環境を抜け出しましょう。

上司は何を求めているか考える

怒鳴る上司がヤバいやつなのは大前提です。

しかし、まだ今の職場で働き続ける場合、なんとか上司を攻略する必要があります。

手っ取り早い攻略法は、「上司は何を求めているか」を分析する方法です。

人は必ず怒る時にスイッチがあります。そこを見極めることができれば解決します。

例えば、

  • 部下の仕事が遅い時
  • 報告をしない時
  • 業績が悪い時


などが上司の怒るスイッチの場合、上手く立ち回れば怒鳴られる心配がなくなります。

この方法は、心にまだ余裕があり、上司がまだまともな場合です。
ヤバイ上司の場合は、以下の2つの方法がおすすめです。

信頼できる別の上司に相談してみる

パワハラ上司ではなく、信頼できる別の上司に相談することも対処法の一つです。

今は、退職代行サービスもあるので勢いで退職することもできます。しかし事前に相談しておくことで、融通や調整ができ、部署移動できる可能性もあります。

退職を引き止められる可能性もありますが、条件面が向上するデータもある

以下は、退職理由と交渉に関する調査です。

「引き留められた」と回答した人に対して、「会社からどのような条件提示が行われたか」については、「部署や給与などの条件は変わらないが熱心に口頭で引き留められた」のが45.0%。
一方で、「働き方・雇用形態」「他部署への異動」「昇給・昇進」などの、何らかの条件アップを提示された割合をすべて合わせると過半数を超えます。


今すぐの配置転換はできなかったとしても、「来年の4月に移動できるようプッシュしてみる」ぐらいの譲歩はできる可能性があります。

上司に相談しづらい場合は、厚生労働省が運営する「あかるい職場応援団」にて無料相談できる機関が紹介されているのでご活用ください。

あんとにお

部署移動は、物理的に距離を取る方法としてかなりよい選択です。
相談をすることで、今の状況を冷静に見つめ直すこともできます。

どうしても退職が言いづらい人は、退職代行サービスの利用がおすすめです。おすすめの退職代行サービスについては、下記記事をあわせてお読みください。

転職先を見つけておく

しんどいまま働き続けると、転職しようにも「ほかに働けるところはない」と心を会社に支配されます。

転職に対する調査では、「人間関係が転職のきっかけになった人」が53%います。

人間関係の良い職場で働きたいと思うことは、普通のことです。また、転職活動を始めると「今の会社のヤバさ」にも気づくはずです。

あんとにお

現状を把握して、視野を広げるためにも一度転職活動をしてみてください。


「初めての転職活動で、どうやって進めればいいか分からない…」という方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを使うメリット

  • 登録後も完全無料で使える
  • ブラック企業を排除した求人を探してれる
  • 職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
  • 転職に関する相談をなんでも乗ってくれる


転職エージェントは相談だけでもOKなので、気軽に相談してみましょう。

あんとにお

私も相談してみて、「だいぶブラックですね…。理由が納得できるから転職はできますよ」と言われて心がグッと楽になったよ…

ブラック企業を避けた求人を紹介してくれるので、怒鳴るパワハラ上司から離れたい方は転職エージェントの利用がおすすめです。

とはいえ、エージェントの質が悪いと転職しやすいブラック企業に押し込まれる可能性が高まります。信頼できるおすすめの転職エージェントについては、下記記事をご覧ください。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方

まとめ:大声で叱責する上司からはすぐに逃げよう

今回は、怒鳴る上司がヤバすぎる理由と、解決策について解説しました。

国はワークライフバランスを提唱していますが、現場レベルではまだまだ浸透していません。

パワハラ上司は健在だし、パワハラを容認するクソみたいな会社はたくさんあります。

とはいえ、あなたがそんな苦しい環境で頑張る必要はありません。心が限界に近づいてきたら、勇気を出して行動を起こしましょう。

もし自分で上司に退職を言い出せないほど追い込まれているなら、退職代行サービスを使うと、即日出社せずに退職できます。

詳しくは、「退職代行おすすめランキング5選!失敗しない選び方とメリット・デメリット」をあわせてお読みください。

取り返しがつかなくなる前に、少しずつ準備を始めておくことが大切です。

少しでも参考になればうれしいです。

それではっっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる