会社辞めたい

【対処法あり】“怒鳴るパワハラ上司”と働いてはいけない理由3選

毎日上司から怒鳴られてキツイ。
パワハラ上司にはもううんざり。
パワハラ上司から逃げるのってどうなの?

こんなお悩みを解決します。

実は上司が怒鳴り声を上げるのは、あなたの仕事が遅いからではありません。

人は感情的に怒ると思われていますが、それは間違いです。

怒る前には、「こいつを怒鳴ってやろう」という思惑があります。そうでなければ、声を荒げて叱る必要はないからです。

私もかつて、新卒で配属された部署でパワハラ上司に悩まされました。無理をして働き続けた結果、うつ病一歩手前まで追い込まれました。

この記事で分かること
  • 怒鳴るパワハラ上司がいる会社を退職すべき理由
  • 上司が怒鳴る心理的原因3選
  • 【体験談】怒鳴るパワハラ上司と働いてメンタルやられた話
  • 怒鳴るパワハラ上司への対処法

この記事を読めば、怒鳴ってくる上司への対処法が分かり、今の環境の異常性について理解することができます。

結論、パワハラ上司がいる職場は一刻も早く退職しましょう。

おすすめの転職サイト
  • doda
    【公式】:https://doda.jp/
    転職者満足度№110万件以上のトップクラスの求人数
  • リクナビNEXT
    【公式】:https://next.rikunabi.com/
    リクルートが運営。転職者の8割が登録するサイト。
20代におすすめの転職サイトを紹介

【結論】怒鳴る上司はただのパワハラです

結論から言うと、怒鳴る上司はただのパワハラです。一刻も早く、その会社を去るのが吉です。

厚生労働省によると、パワハラは以下のように定義されています。

検討会報告書においては、以下の①~③の要素をすべて満たすものを職場のパワーハラスメントの概念と整理。
①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適正な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、又は就業環境を害すること

厚生労働省

つまり、上司という立場を使って、適切に伝えればいい物事を怒鳴る表現を使い、精神的な苦痛を味あわせているのは完全にパワハラです。

上司が日常的にパワハラをする会社は、パワハラを容認している会社です。会社の利益を上げるために、社員を人として見ていません。

転職して環境を変えるなり、動き出さないとしんどい思いをするのは自分です。
とはいえ、「自分に転職先なんて見つかるかな?」と不安になる方もいますよね。

日本には、400万社以上あるので、就職先が見つからないはずありません。少子高齢化に伴い、労働人口が減少するため、若い働き手の需要は尽きません。

20代から圧倒的な支持を得ているリクルートエージェントの求人数は、10万件以上あります。(2021年8月時点)

あんとにお

転職サイトを見れば、需要の多さに気付くことができます。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

怒鳴る上司と一緒に働いてはいけない理由3選

怒鳴る上司がいる会社は、ストレスの元です。

精神科医が見つけた3つの幸福では、「職場のストレス」の9割は人間関係であると言われています。

たとえパワハラの被害にあっていなくても、怒鳴る上司がいる環境にストレスを感じる人は多くいます。

ここでは、怒鳴る上司がいる会社を退職すべき3つの理由について解説します。

怒鳴る上司がいる会社を退職すべき理由
  • うつ病になる可能性がある
  • 積極性がなくなる
  • 寿命が縮む
あんとにお

パワハラ上司と働き続けると、身体に毒です。
自分の身を一番大切にしましょう。

うつ病になる可能性がある

怒鳴る上司がいる会社を退職すべき理由は、うつ病になる恐れがあるからです。

上司と健康の関係性は、アメリカの研究で明らかになっています。

アメリカの40万人以上の労働者を調査した結果、信頼の置けない環境で仕事をする人は、喫煙、高血圧、糖尿病、質の悪い食生活、肥満、高コレステロールの傾向が高いことが分かった。そして上司こそが、その信頼の置けない環境の原因だった。

上司が心臓病の要因に、調査で判明

極度の緊張状態で働き続けると、ストレスが溜まりやすく、心身の健康に悪影響を及ぼします。
無暗に怒鳴る上司に信頼が置けないことは言うまでもないでしょう。

そんな状態でムリして働き続けると、普通にメンタル病みます。

私も、怒鳴るパワハラ上司の元で働き、涙が溢れた経験があります。

あんとにお

当時は食欲もなく、仕事のことを考えると憂鬱で軽いうつ状態でした。

そんな苦しい状況でも、上司に怒鳴られ続け、自己肯定感だけが下がり、自分は何をやってもうまくいかないダメ人間だと感じさせられました。

このように、怒鳴る上司の元で働き続けると、段々メンタルが病んでうつ病になる恐れがあります。

積極性がなくなる

怒鳴る上司の元で働き続けると、積極性がなくなります。

「怒られないように頑張ろう!」と最初は努力しても、怒鳴られる恐怖感を一度植え付けられると、萎縮してしまいます。

その結果、悪循環が起こるのです。

ミスをして怒鳴られる

ストレスを抱えながら仕事

萎縮してミスを連発する

さらに怒鳴られる

地獄の無限ループです。

若い人ほど、ミスを恐れず挑戦して仕事を覚えたほうが良いのに、非常にもったいないです。ミスをしないように努めると、安パイな道しか選択できないようになります。

私も以前、職場の上司から「新人はミスをするのが仕事。俺がカバーする」と言われましたが、ミスをすると普通に怒鳴られました。

あんとにお

怒鳴る上司の元で働き続けると、ミスを恐れて自らの考えで行動するのが怖くなります。

寿命が縮む

怒鳴る上司は、質の悪い人間関係の一つです。

質の悪い人間関係が災厄をもたらすことは、研究からも明らかになっています。

仕事や職場環境と死亡リスクの関連について、平均年齢41.6歳の820人を20年間追跡調査した研究によると、被験者の寿命に影響を及ぼしていたのは勤務時間や仕事の負荷、権限の大きさなどではなく、一緒に働く人たちの態度が協力的、友好的だったかどうか

幸福の達人

つまり、敬意のない、敵意を持った人たちと一緒にいると寿命が縮むことが明らかになっているのです。
自分の存在、考えを真っ向から否定してくる上司と付き合うのはストレスの元です。

仕事を辞めることは甘えではありません。上司の態度が友好的・協力的じゃない場合、無理して働き続けるのは危険です。

あんとにお

自分を大切にしない人に多くの時間を費やすのは辞めましょう。
怒鳴る上司がいる会社からは、一刻も早く去るのがおすすめです。

参考記事:仕事辞めたら人生楽しすぎる奴いる?20代の僕が辞める勇気を伝授します

怒鳴る上司の心理的原因3選

怒鳴る上司と働くと、心身の健康に悪影響を及ぼします。
とはいえ、なぜパワハラ上司は怒鳴るという手段を使ってしまうのでしょうか。

ここでは、怒鳴る上司の心理的原因について解説します。

  • マウンティングを取りたい
  • 完璧主義
  • 防衛本能

マウンティングを取りたい

マウンティングを取りたい上司は、一定数存在します。

マウンティングとは

本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになることを指します。それが転じて人間関係において「自分の方が優位」とアピールすることが、マウンティングと呼ばれています。

自分が優位に立ち、支配し、コントロールしたいという思いから、彼らはマウンティングします。

劣等感が強く、誰かに認められたい欲求があるので、自分の権力を最大限まで誇示します。

あんとにお

立場を利用して、部下を押さえつけようとした結果、怒鳴る上司が生まれてしまうのです。

完璧主義

完璧主義の上司は、「自分が正しい」と信じ切っています。

これまでの経験や実績から、自分の行動すべてが正しいと思っているのです。

そんな感情を逆なでするような、「それは受け入れられない」と感じた時、怒鳴ります。

自分に自信を持ち、完璧に物事を遂行したい上司に多く見られます。

あんとにお

自分の確立したやり方に取り組まなかったり、否定されたときに激高します。

反抗されたくない

怒りは、自分を守ろうとする「防衛本能」から生まれます。

自分が損害を被ると感じた時、一気に戦闘モードになって、敵対する相手を倒そうとするのです。

感情的になっている上司は、自分を守りたくて必死です。そのため、感情に任せて発言したり、行動したりしてしまいます。

自分を守りたい、反抗されたくないという気持ちから、怒鳴ってしまうのです。

あんとにお

大人の姿をした子どものようなものです。

【体験談】怒鳴るパワハラ上司と働いてメンタルやられた話

私は、新卒で入社した会社を9ヶ月で退職しました。きっかけは、上司からのパワハラです。

怒鳴る上司の心理的原因にすべてマッチしていて、王様のような上司でした。真面目で頑張り屋の人に限って、パワハラ上司との相性は最悪です。

  • 真面目
  • 責任感が強い
  • 完璧主義
  • 几帳面

上記に当てはまる人は要注意です。無理をして働き続けると、体調を崩す恐れがあります。私も、仕事のスキルを身に着けようと必死に働きましたが、限界が来ました。

ノルマ達成できずに機嫌の悪い部長に暴言を何度も吐かれました。

あんとにお

段々と会社に行くのが嫌になり、毎朝起きるのが苦痛でした。
しかし、「やらなきゃ怒られる」と思い、毎日を必死に過ごしていました。

一種の強迫観念のようなものだったと今では思います。

極度の緊張状態で働いた結果、当然成果が出るはずもなく、ミスを連発しました。

私にはOJTと部長の二人がいましたが、何かミスを起こすとみんなの前で二人から罵声を浴びさせられました。一人が終わったと思ったら、同じ空間でまた別の人に怒られる。マジで地獄です。

今思うと、サッサと辞めればよかったんですけど、メンタルが普通じゃないので辞める選択肢すらなかったです。

部活をしていた経験もあり、「辞めるのは甘え」「石の上にも三年」と本気で思ってました。

自分がおかしくなるのを感じつつも、周りの「仕事辞めたら?」という意見は聞きませんでした。
というよりも、当時は、聞く耳を持てないほど追い込まれてたのだと思います。

どうしても「辞めます」が言えない人は、退職代行サービスがおすすめです。

退職代行サービスとは

退職を希望する人から依頼を受けた代行業者が、本人の代わりに勤務先に退職に関する連絡をするというものです。

退職代行サービスに相談すれば、翌日から連絡をせずに休み、退職することができます。

おすすめの退職代行サービスについては、「退職代行おすすめランキング3選!失敗しない選び方とメリット・デメリットを解説」でまとめているのでぜひご確認ください。

怒鳴るパワハラ上司への対処法3選

怒鳴る上司がいる会社は、一刻も早く退職した方が心身を健康に保てます。

とはいえ、お金が無いから退職できないなどの理由から、すぐに辞めるのが難しい人もいますよね。
そんな方は、パワハラ上司への対策を一通り試すことをオススメします。

パワハラ上司そのものを変えることは、基本的に難しいです。
そのため、自らの行動を変えることで、しんどい環境を抜け出しましょう。

  • 上司が何を求めているか考える
  • 信頼できる上司に相談する
  • 転職して環境を変える

上司は何を求めているか考える

怒鳴る上司がヤバいやつなのは大前提です。
しかし上司である以上、まだその職場で働き続ける場合、なんとかその上司を攻略する必要があります。

手っ取り早い攻略法は、「上司は何を求めているか」を分析する方法です。

人は必ず、怒る時にスイッチがあります。そこを見極めることができれば解決します。

例えば、

  • 部下の仕事が遅い時
  • 報告をしない時
  • 業績が悪い時

などのスイッチが上司の怒るスイッチの場合、上手く立ち回ることができれば怒鳴れることを回避することができます。

とはいえこの方法は、心にまだ余裕があり、上司がまだまともな場合です。
ヤバイ上司の場合は、以下の2つの方法がおすすめです。

信頼できる別の上司に相談してみる

パワハラ上司ではなく、信頼できる別の上司に相談することも対処法の一つです。
今は、退職代行サービスもあるので、勢いで退職することもできます。しかし、事前に相談をしておくことで、融通や調整ができ、部署移動できる可能性もあります。

退職を引き止められる可能性もありますが、条件面が向上するデータもあります。

以下は、退職理由と交渉に関する調査です。

「引き留められた」と回答した人に対して、「会社からどのような条件提示が行われたか」については、「部署や給与などの条件は変わらないが熱心に口頭で引き留められた」のが45.0%。
一方で、「働き方・雇用形態」「他部署への異動」「昇給・昇進」などの、何らかの条件アップを提示された割合をすべて合わせると過半数を超えます。

今すぐの配置転換はできなかったとしても、「来年の4月に移動できるようプッシュしてみる」ぐらいの譲歩はできる可能性があります。

あんとにお

部署移動は、物理的に距離を取る方法としてかなりよい選択です。
相談をすることで、今の状況を冷静に見つめ直すこともできます。

転職して環境を変える

環境を変える最も手っ取り早い選択は、転職することです。

しんどいまま働き続けると、転職しようにも「ほかに働けるところはない」と心を会社に支配されます。

転職に対するある調査では、「人間関係が転職のきっかけになった人」が53%います。

人間関係の良い職場で働きたいと思うことは、普通のことです。
また、転職活動を始めると「今の会社のヤバさ」にも気づくはずです。

あんとにお

現状を正しく把握して、視野を広げて一度転職活動をしてみてください。

「初めての転職活動で、どうやって進めればいいか分からない…」という方は、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントを使うメリット

  • 登録後も完全無料で使える
  • ブラック企業を排除した求人を探してれる
  • 職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
  • 転職に関する相談をなんでも乗ってくれる
あんとにお

転職エージェントは複数利用することで、求人の比較検討が簡単にできます。

20代におすすめの転職エージェントは、下記記事で解説してるのでぜひ参考にしてください。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

まとめ:大声で怒鳴る上司がいる会社は一刻も早く逃げ出そう!

今回は、怒鳴る上司がヤバすぎる理由と、解決策について解説しました。

怒鳴る上司がいる会社を退職すべき理由
  • うつ病になる可能性がある
  • 積極性がなくなる
  • 寿命が縮む

最近では、パワハラについてはあまりメディアで取り上げられなくなりました。

とはいえ、現場ではまだまだパワハラ上司はいて、クソみたいな会社はたくさんあります。

あなたがそんな苦しい環境で頑張る必要はありません。
心に余裕がないなと感じたら、勇気を出して行動を起こしましょう。

取り返しがつかなくなる前に、少しずつ準備を始めておくことが大切です。

それではっっ!!