20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

【当然】転職一年目は辛いよ。ヤバい会社の特徴とシンプルな解決策

転職して一年目だけど仕事が辛い…。本当にこの仕事でよかったのかな。

このような悩みを抱える人は多いですよね。

転職を後悔してる人もいるよね…

特に、新しい職場での人間関係に悩んでいたり、転職先でのルールが前と違いすぎたりすると「転職しない方がよかった…」と後悔してしまいます。

「今よりいい転職先が見つかった!!」と喜ぶ一方、いざ入社すると理想と現実とのギャップに苦しむ人は本当に多いです。

そこでこの記事では、「転職して一年目だけど辛い」と悩む人向けに、様々な角度から対処法を説明していきます。


1年目での転職は甘えではありません。既に仕事を辞めたい方は、「1年目で仕事辞めたいは甘え?転職はヤバい?」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

タップできる目次

転職後一年間は辛いのが当たり前

もしかしてこの転職失敗だった…?前の会社にいた方がよかったかな…と悩む人がいますが、転職後一年間は辛いものです。

「転職後何の問題もなく、すべてが順調!」と答える人が少ないことはデータが示しています。

転職3カ月目で仕事がイヤに……転職後に感じるストレスと効果的な解消・克服法

DODAの調査によると、実に80.7%の人が「ストレスがあった」と答えています。「ストレスはなかった」と答えたのはたったの19.3%

つまり、転職後に何らかのストレスを感じるのは当然のことです。

とはいえ、転職後の一年間の過ごし方で状況は変わります。抑えるべきポイントを見極め、新しい職場で活躍しなければいけません。

転職を繰り返す転職難民になるのではなく、しっかりと対策を練ることが重要です。

あんとにお

成果を出すためにも、今回の話をぜひ参考にしてください。

転職後、精神的に辛い方は「精神的に辛い新入社員必見!手っ取り早く心を楽にするたった1つの解決策」もぜひ一緒に合わせてお読みください。

転職一年目が辛い原因

転職一年目が辛いと感じる原因は、次の3つです。

  • 仕事ができないから
  • わからないことだらけで慣れないから
  • 隣の芝生は青く見えるから

順番に解説します。

仕事ができないから

転職してすぐは、仕事がなかなかうまくできずに苦労します。

転職3か月の壁」という言葉があるぐらい、最初は辛いと感じます。

未経験の仕事だとさらに辛いよね…

新たな転職先では、

  • 前任者と比較される
  • お手並み拝見で注目される

などプレッシャーを感じる場面があります。

必要以上にプレッシャーを感じると、どんどん仕事ができないループにハマり辛くなります。

仕事ができないと感じる人は、「新人が仕事できないは当たり前のウソ。先輩をイライラさせない5つの解決策」もあわせてお読みください。

わからないことだらけで慣れないから

転職すると分からないことだらけでなかなか慣れません。

先ほどのDODAの調査の中にも、次のように結果が出ています。

ストレスの要因として「社風や文化がこれまで在籍したことのある会社と大きく異なっていた」「制度や社内ルールが在籍したことのある会社と大きく異なっていた」を挙げた人は、それぞれ125人94人いました。


どの会社や業界でも、必ずその会社特有の慣習や暗黙の了解はあります。

特に慣れるまでの最初の数か月間は、「転職しない方が良かったかも…」と後悔しやすいです。

隣の芝生は青く見えるから

転職一年目が辛いのは、転職先の新しい世界が美化されていたからです。

入社早々に現実は打ち砕かれ、「やっぱり自分には向いてないんじゃないか…」と思ってしまいます。

とはいえ、自分の気持ちが行ったり来たりすることは往々にしてあることです。

そんな時には、「なぜこの転職先を選んだのか?」をじっくり考えると解決します。

あんとにお

ないものねだりにならないためにも、時には細分化してあげることが大切です。

向いてないと感じた方は、「向いてない仕事は1年目で辞めてもOK【適職を見つけて次に進もう】」をあわせてお読みください。

転職後辛すぎる人が意識するポイント

転職一年目で辛い人が意識するポイントは、次の3つです。

  • キーパーソンを見つける
  • 自分の居場所を少しずつ作る
  • 過去の会社と比較しない

順番に解説します。

キーパーソンを見つける

キーパーソンを押さえることが、手っ取り早く人間関係を構築する方法です。

とはいえ、転職してすぐの場合誰がキーパーソンになるのか見極めるのは難しいですよね。すぐに見つける必要はないので、数カ月かけて見つけるようにしましょう。

役職が上の人が多いですが、変に近づくとゴマをすっているだけと思われてしまいます。

ポイントとしては、ゴマをするのではなく自然と可愛がられるようにすること。

キーパーソンといい関係が築ければ、新たな職場でも働きやすくなります。

自分の居場所を少しずつ作る

転職一年目は、とにかく会社になじむことが大切です。

会社は転職してきた人に「新しい血を入れて、組織の活性化をしてほしい」と期待している場合も多いです。

とはいえ、気負いすぎると周りが声をかけづらくなります。やる気は大切ですが、戦闘モードのオーラが出るとなじみづらくなります。

あなたができる人かどうかは、相手が決めることです。

最初は仕事らしい仕事がないとしても、プロジェクトなどで提案したり、サポートしたりなどできることから貢献しましょう。

徐々に会社を知り、人を知り、自分の居場所を作るのが一年目で大切なことです。

転職3ヶ月の壁を感じる方は、「【転職3ヶ月の壁】向いてない仕事を続けて負け犬にならずにすむ方法」もあわせてお読みください。

過去の会社と比較しない

転職一年目にありがちな、過去の会社との比較はやめておきましょう。

転職先の良い部分は言っても問題ないですが、比較して悪い部分は言わない方が賢明です。

稀に転職先の上司から「素直に気づいたことやおかしいと思うところを言って欲しい」と言われることがありますが、真に受けるのは危険です。

悪い点をバンバン言うと、自分たちの仕事を否定された気がして軋轢が生まれます。

そのため、悪い比較に関しては我慢をして言わないようにしましょう。

空気を読んで慎重に発言することで、自分の居場所も作りやすくなります。

転職一年目で辞めた方がいいヤバい転職先の特徴

転職一年目で辞めた方がいい転職先の特徴は、次の3つです。

  • 転職組が出世できない
  • 情報が回ってこない
  • 自分の職種が会社の強みと一致しない

転職組が出世できない

転職組が出世できない会社は、退職を検討した方がいい会社です。

転職の思考法でも、次のように記載があります。

会社は普通、中途社員と新卒社員のバランスよくできている。だが、なかには明らかに『中途重視の会社』と『新卒重視の会社』がある。そして後者の場合、中途の社員は、活躍できる範囲がかなり限定的になる。

引用:転職の思考法

つまり、中途である転職組が出世しづらい会社だと損をします。

簡単に見定める方法としては、役員が新卒出身者で占められていないかを確かめましょう。

十分なスキルや経験が身に着くまで我慢するか、新たに転職活動をするのも一つの手です。

情報が回ってこない

重要な情報が自分にだけ回ってこない転職先は、一年目で辞めた方がいい会社です。

ヤフー知恵袋にこんな投稿がありました。

一年弱も経つのに自分だけ業務連絡が回ってこない →上司、同僚、関連する他部署にお願いしても変わらない。 ちょっと失礼な表現になりますが、正社員なのに扱いが派遣と同じで、根幹的な部分の情報は来ない。 一斉メールの大して中身の無い情報だけ。

ヤフー知恵袋


転職組が出世できないのと同じように、転職者が軽んじられる会社はいまだにあります。

「どうせ転職者なんてコロコロ辞めていくもんだ」と思っている頭の固い上司はいます。

そのため仕事が合わないと感じたら、さっさと辞める方が時間を有意義に使えます。

自分の職種が会社の強みと一致しない

もし裁量権を持って働きたいなら、会社の強みと自分の配属部署が一致しているか確認した方がよいです。

会社には、エンジンとなる部署や組織が必ずあります。営業、開発、マーケティングなど。

営業が強い会社の場合、営業職として働いている方が裁量権は持ちやすくなります。

今の会社で自分の強みと職種が一致してない方は、退職を検討しても良いかもしれません。

転職一年目で辞めたい人が取るべき行動

転職一年目で辛いと感じた方は、本当に向いてる仕事を探しましょう。

  • 想像していた業務内容と違う
  • 職場の雰囲気が合わない
  • 上司と馬が合わない

転職後はいろいろな理由で辛くなります…

このような辛い状況を抜け出すためには、本当にやりたいことを見つける必要があります。本当にやりたいこととは、年収や世間体で測ることができません。

価値観を起点にした、やりたいことを見つける方法を紹介します。

自己分析をやり直す

今の仕事に不満がある方は、得意なことを見つけましょう。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方では、『好きなことを見つける前に得意なことを見つけるのが必ず先』と述べています。

やりたいことが見つからない最も大きな原因は、「見つかっても仕事にできそうにない」という思考のブレーキがかかっているからです。

「得意なことなんか分からない…」という方は自己分析ツールを使って強みを発見するのがおすすめです。

おすすめの自己分析ツール


グッドポイント診断

キャリア診断

コンピテンシー診断

キャリアタイプ診断

適職診断テスト
運営サイトリクナビNEXTVIEWミイダスdodaギャラップ社
診断内容18個の資質から5つの強み価値観や経歴に合う業界・職種強みや人間関係の特徴強みや適職行動特性・価値観
料金無料無料無料無料無料
時間20分3分20分15分15分
イチ押しポイントクオリティが高い‼手軽にできてコスパが良い‼圧倒的な診断ボリューム‼転職活動に活かしやすい‼エニアグラムを用いた高精度の診断‼
総合評価
公式サイト診断する診断する診断する診断する診断する
各自己分析ツールの比較

イチ押しは、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

グッドポイント診断は、転職サイトのリクナビNEXT登録するだけで、無料で誰でも受けることができます。

私も実際に受けましたが、診断のクオリティ断トツで高かったです。

あんとにお

自分でもめちゃくちゃ当たってる!!となんだか嬉しくなり、家族にも診断結果を見せましたw
家族にも賛同が得られたので、精度はかなり高いと思います…。

「強みが分からない…」と悩んでいる方は、自己分析ツールを使うのがおすすめです!

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える

グッドポイント診断やってみた結果!【評判と口コミを見ても1位の質】

AIの適職診断を受ける

適職を見つけるのにおすすめの方法は、若手ハイクラス向け転職アプリ『VIEW』の「キャリア診断」です。

アプリをインストールして3分程度の診断を受ければ、AIがあなたにあうキャリアをランキング化してくれます。

私が診断した結果

あんとにお

自分の望む業界に近かったので、診断の精度はかなり高いと感じました。


通常の転職サービスと異なり、職務経歴などのテキスト入力がなく手軽に診断できるのも嬉しいポイントです。

下記のように自らの価値観がベースとなっているので、本当に自分に合った仕事が見つかります。

あんとにお

自分の強みを元にした仕事内容が分かって、かなり参考になりました。

AIが経歴と価値観から天職を診断してくれる日本初のAIキャリアシミュレーションなので、興味がある方はぜひお試しください。

\かんたん3分でAI診断!20,000以上のデータから算出/

登録後も完全無料で使える!

プロのキャリアコーチに自己分析やキャリア相談を手伝ってもらう

もっと精度の高い自己分析をしたいとお考えの方には、プロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらうのが一番です。

転職すべきか残るべきかの相談にも乗ってくれて、キャリアについて親身に考えてくれます。

そんなキャリアコーチングでおすすめなのが、ポジウィルキャリアです。45分間の初回カウンセリングを無料で受けることができます。

ポジウィルキャリアは転職エージェントではないため、転職以外の選択肢も提示してくれます。

「なんとなく将来が不安」「そもそも何に悩んでいるかわからない」と漠然とした不安でも大丈夫です。

カウンセラーの方がこちらの話を丁寧に深掘りしてくれて、上手く言語化してくれます。

\かんたん1分で登録完了!20〜30代受講者数No.1/

45分の無料カウンセリングが受けられる‼

まとめ:転職先が合わないと1年で感じた人は行動を始めよう

未経験の仕事に転職した場合、右も左も分からず苦労します。

「転職しなければよかった…」とその時は後悔しますが、後ろ髪を引かれても前の職場には戻れません。

「なぜ転職したのか」をもう一度思い出して、結果を出せるように努力することが大切です。

どうしても合わない、向いてないと感じた場合は、無暗に転職するのではなく一度立ち止まりましょう。

向いてる仕事を考え、強みを発見する道を通った方が結果的に近道になります。

自分のことが全然分からない…という方は、キャリアのパーソナルトレーナーであるポジウィルキャリアを活用してみてください。

新たな自分にきっと出会えるはずです。

少しでも参考になればうれしいです。それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる