20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

転職で“とりあえず一年頑張る”は危険すぎる件【一年間仕事を耐える末路】

あなた

転職は一年間我慢した後じゃないとダメ?
とりあえず一年頑張るメリットは?
転職後の一年間が辛すぎる…

こんなお悩みを解決します。

「石の上にも三年」ということわざがあるように、日本では何かを辞める際、あまりいい印象を持たれません。

転職に罪悪感を抱く人や辞めたやつと思われるのが恥ずかしいと感じる人も多くいます。

しかし、とりあえず一年を無駄に過ごすのはメリットよりもデメリットが大きいのが事実です。

そこでこの記事では、新卒で入った会社を一年未満で退職した私が、とりあえず一年間頑張ろうとしてる人に知っておいて欲しいことを様々な角度から解説します。

結論、とりあえず一年間を待つ前に転職活動だけはしておきましょう。今よりいい職場が見つかる可能性は高いので、早めに動き出すのが大切です。

他の人はこちらも検索

タップできる目次

とりあえず一年頑張るは無駄になる可能性が高い

現在サラリーマンとして働いている方は、「とりあえず3年」「石の上にも三年いれば暖まる」の言葉を聞いたことがあると思います。

しかし「新規学卒就職者の離職状況」によれば、大学卒業者のうち一年以内に退職した人は全体の11.9、短大卒業者では18.1を占めています。

平均して7人に1人が一年以内に退職している

また、マイナビの調査で転職経験者にした「初めての退職は入社何年目の時?」のアンケートの中でも、下記のような結果が出ています。

1年目は17.7%、2年目は23.0%、3年目は25.7%という結果に。3年目が最も多く、3年以内に辞めた人の合計は、全体の66.4%にも上ることが分かりました。

このように、入社三年以内に転職をする人は多くいます。

なので、とりあえず一年と周りの意見や同調圧力にに流されることなく、自分の価値感を持って判断することが重要です。

では一体、とりあえず一年続けるメリットデメリットはどんなことがあるか。次に解説します。

⇑ 目次へ戻る

とりあえず一年仕事に耐えるメリット

とりあえず一年間我慢して仕事を続けるメリットは、次の通りです。

  • 仕事を一通り覚えられる
  • すぐ辞める奴と転職で思われない
  • 失業給付金がもらえる

順番に解説します。

仕事を一通り覚えられる

一年以上仕事を続けると、段々と仕事の全体像や仕事の良さが分かるようになります。

最初は合わないと感じた仕事でも、一通りこなしてくうちに楽しさに気付くこともあります。

仮に合わなかった場合でも、一通りの業務はこなしている自信もあるので、転職活動に活かすことができます。

すぐ辞める奴と転職で思われない

新卒1年目の場合、1度目の転職なら成功率が高いです。

しかし、3回目以上の転職になると年齢が若いほど不利となるデータがDODA調査から明らかになっています。

引用元:「doda」転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性

企業からすると、せっかく採用費をかけたのにすぐに辞められたら困るのが本音です。

なので、3ヶ月や半年などの短期で離職している場合、似たような人材が居ると長く働けそうな人を採用します。

とりあえず一年間働いた実績があると、「最低限のビジネスマナーもあるし大丈夫だろう」と企業は安心します。

失業給付金がもらえる

とりあえず一年間働き続けると、仕事を辞めても失業給付金を受け取れる要件を満たすことができます。

離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12カ月以上あること

上記要件を満たし、ハローワークでの求職者登録をすれば、失業給付金を受け取ることができます。

仕事辞めたいけどお金がない…と悩んでしまう人にとっては、非常にありがたい制度です。

仕事をしながらの転職活動は辛いこともあるので、あまりに忙しい方は退職後に失業給付金をもらいつつ転職活動ができます。

関連 仕事辞めてもなんとかなる3つの理由!20代で退職した僕の本音を公開

⇑ 目次へ戻る

とりあえず一年仕事に耐えるデメリット

とりあえず一年間我慢して仕事を続けるデメリットは、次の通りです。

  • ストレスがかかる
  • 仕事が楽しくないが当たり前になる
  • 現状維持を望むようになる
  • 市場価値が下がる
  • 未経験の仕事に挑戦しづらくなる

順番に解説します。

ストレスがかかる

一年間も我慢して働き続けると、当然ストレスがかかります。

趣味の時間を作ったり、のんびり過ごせたりしないと、「もう何もしたくない」と無気力になります。

次のデータは、アメリカで実施された残業によるストレスの増加による調査です。

残業によるストレスの増加や、仕事と家庭生活の不均衡を原因とする幸福度の減少は、長時間労働による収入増がもたらす幸福度の増加を上回る。時間の価値を低く見積もってしまっている。

このように、仕事を我慢する日々が続くと、肉体的にも精神的にもストレスがかかります。

仕事が楽しくないが当たり前になる

自分で選んだ仕事とはいえ、「入社前とイメージと違った」は往々にしてあります。やる気が出ない仕事を辞めたいのは、当然のことです。

私もかつて、営業の仕事がしたくて入社しました。しかし、実際に働くとどうしても興味が湧かずに9ヶ月で退職しました。

仕事のモチベーションが切れたまま働き続けても、後々自分がしんどい思いをします。

3ヵ月から半年程度働いて、どうしても情熱が湧いてこない場合は、退職を検討しましょう。

関連 仕事が楽しくないは当たり前のウソ【つまらない仕事に耐える危険性】

現状維持を望むようになる

とりあえず一年間頑張ってしまうと、「こんだけ頑張った環境は捨てられない。転職先がいいとも限らないし…」と感じてしまいます。

これを心理学でサンクコスト効果と言います。

サンクコスト効果とは

過去にリソースを投資したもののすでに回収不可能であり、さらに投資を続けることは損失につながるにもかかわらず、何かを行ったり、継続したりする心理効果を指す。引用:あなたはサンクコスト効果の影響をどれだけ受けやすいか

あんとにお

ギャンブルを途中で辞められない現象と同じです…

苦労が大きいほどサンクコスト効果は高まります。

なので、いざ転職しようにも一歩踏み出せずに現状維持を知らず知らずのうちに臨むようになります。

市場価値が下がる

好きでもない仕事を続けても、市場価値は下がる一方です。

市場価値は代替可能性によって大きく左右されます。

つまり、あなたにしかできないスキルや経験を積まないと、市場で評価されるレアな人材にはなれません。

興味が持てることや得意なことを仕事にしないと、同期と差が開く一方です。

関連 仕事で何がしたいか分からない20代へ!転職の前に知っておきたいこと

未経験の仕事に挑戦しづらくなる

20代の場合、第二新卒などの潜在的なポテンシャルを評価された採用方法もあります。

中途=即戦力と思われがちですが、『超リテラシー大全』によると、「24歳~27歳は未経験でも「第二新卒」としての可能性がある」と言われています。

年齢による障壁が無く、潜在的なポテンシャルを評価されるのは20代だけ

一方、35歳以上になると転職が難しいと言われています。なぜなら、一定の年齢を超えた以上の転職が「管理職への転職」を意味しているからです。

業界や会社によってマネジメントの仕方に違いがあるので、管理職が異業種に転職する場合、適応が難しい問題があります。

だから、「異業種間に転職するなら、管理職に就く手前の年齢がボーダーライン」という暗黙の制限が儲けられているのです。

⇑ 目次へ戻る

転職後一年間は我慢が必要

転職後一年間は、つらいことが多く、我慢が必要であるのは間違いありません。

「転職後何の問題もなく、すべてが順調!」と答える人が少ないことはデータが示しています。

DODAの調査によると、実に80.7の人が「ストレスがあった」と答えています。「ストレスはなかった」と答えたのはたったの19.3

つまり、転職後に何らかのストレスを感じるのは当然のことです。

とはいえ、転職後の一年間の過ごし方で状況は変わります。抑えるべきポイントを見極め、新しい職場で活躍しなければいけません。

あんとにお

転職を繰り返す転職難民になるのではなく、しっかりと対策を練ることが重要です。

転職一年目の辛い状況を改善する方法については、「【当然】転職一年目は辛いよ。合わない転職先の特徴とシンプルな解決策」をあわせてお読みください。

⇑ 目次へ戻る

転職して1年経って合わないと判断した人が取るべき行動

転職して1年経って合わないと感じた人は、転職の準備を始めましょう。

とはいえ、「自分は何がしたいか分からない」と悩んでしまう方もいますよね。

今の仕事が合わないと感じる方は、本当にやりたいことを見つける必要があります。

本当にやりたいこととは、年収や世間体で測ることができません。

あんとにお

価値観を起点にした、やりたいことを見つける方法を紹介します。

AIの適職診断を受けて向いてる仕事を探す

適職を見つけるのにおすすめの方法は、若手ハイクラス向け転職アプリVIEW』の「キャリア診断」です。

キャリア診断の特徴
  • 簡単3分の診断でAIがあなたにあうキャリアをランキング化
  • 職務経歴書などのテキスト入力が無く手軽に診断
  • 価値観をもとに本当に向いてる仕事が見つかる

あなたの3分診断レポート:筆者診断結果

価値観×経歴にマッチした業界×職種TOP3:筆者診断結果

あんとにお

自分の望む業界に近かったので、診断の精度はかなり高いと感じました。

\かんたん3分!価値観が見つかるAI診断/

面倒な登録は一切不要

自己分析をして強みを見つける

今の仕事に不満がある方は、得意なことを見つけましょう。

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方では、『好きなことを見つける前に得意なことを見つけるのが必ず先』と述べています。

「得意なことなんか分からない…」という方は自己分析ツールを使って強みを発見するのがおすすめです。

あんとにお

実際に私が20種類以上の診断を受けた中から、本当におすすめできるツールをまとめました!

おすすめの自己分析ツール

スクロールできます

キャリア診断

適職診断テスト

パーソナリティ診断

グッドポイント診断

キャリアタイプ診断
運営サイトVIEWRe就活ミイダスリクナビNEXTdoda
診断内容価値観や経歴に合う業界・職種強みや適職を9つのタイプから分析個性と今のコンディションを分析18個の資質から5つの強み強みや弱み、向いてる企業風土
時間3分3分10分20分10分
イチ押しポイント手軽にできてコスパが良い‼エニアグラムを用いた高精度の診断‼改善点が視覚的に分かりやすい‼診断のクオリティが高い‼自己PRや志望動機に使える‼
公式サイト診断する診断する診断する診断する診断する
評判評判を見る評判を見る評判を見る評判を見る評判を見る
おすすめの自己分析ツールの比較表

自己分析ができない方は、上記のような自己分析が簡単にできるツールを使いましょう。

どれも10分程度で簡単にできるので、興味がある診断をぜひ受けてみてください。

私が体験したおすすめの自己分析ツールすべてをランキング形式で紹介してる記事は下記からご確認ください。

プロのキャリアコーチにアドバイスをもらう

もっと精度の高い自己分析をしたいとお考えの方には、プロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらうのが一番です。

転職すべきか残るべきかの相談にも乗ってくれて、キャリアについて親身に考えてくれます。

そんなキャリアコーチングでおすすめなのが、です。45分間の初回カウンセリングを無料で受けることができます。

ポジウィルキャリアは転職エージェントではないため、転職以外の選択肢も提示してくれます。

「なんとなく将来が不安」「そもそも何に悩んでいるかわからない」と漠然とした不安でも大丈夫です。

あんとにお

カウンセラーの方がこちらの話を丁寧に深掘りしてくれて、上手く言語化してくれます。

\かんたん1分で登録完了!20〜30代受講者数No.1/

45分の無料カウンセリングが受けられる‼

⇑ 目次へ戻る

転職してとりあえず一年働くか迷ってる人によくある質問

転職は何年我慢すればしていいですか?

転職したいなら何年も我慢する必要はありません。

マイナビの調査によると、3年以内に辞めた人の合計は、全体の66.4%にも上ることが分かりました。

転職は若ければ若いほど有利なので、単に歳月が過ぎるのを待つことは得策とは言えません。

転職後は最低何年働いた方がいいですか?

明確な基準はありませんが、3年を目安に転職するのが良いでしょう。一年目はとにかく会社に馴染み、二年目は仕事を覚えて居場所を作り、三年目は一人で仕事をできるのが理想です。

その後、学ぶものがなければ転職をして新たなスキルを身に着けたり、経験を積んだりするのがキャリアにとってはいい影響をもたらします。

新卒は一年間は続ける方がいいですか?

新卒の場合、一年間続けなくても第二新卒として転職活動ができます。

リクルートキャリアの調査によると、78.1%の人事担当者が「20代前半の社会人経験1年未満者」を採用した経験があると回答しています。

第二新卒に特化した転職サイトを使えば、無料で面接対策や書類選考対策などをしてくれるので、初めての転職活動でも安心して行うことができます。

おすすめの転職サイトについては、「【厳選】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・転職エージェント9選!」をお読みください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次