会社辞めたい

”仕事辞めたいけどお金ない”の対処法5選!生活できないの嘘を暴く

あなた

仕事を辞めたいけどお金がないから退職できない
退職後に必要なお金ともらえるお金が知りたい
転職活動って結構お金かかるのかな?

こんなお悩みを解決します。


実は、お金がなくても仕事を辞めることはできます。なぜなら、転職活動にはそこまでお金がかからないし、給付金を貰いながら生活ができるからです。


私は、貯金100万円を貯めて退職しましたが、国の制度を有効活用すれば、もっと早く退職できたと感じています。

実際に退職を経験して分かったことは、仕事辞めてもなんとかなることです。そして、お金がないから仕事を辞められないは間違いだという事です。

必要以上に不安になるのは、漠然とした不安があり、未来がどうなるか分からないからです。

この記事を読めば、お金がないから、嫌な仕事を続ける悪循環を抜け出す対処法が分かります。

結論、変化する強い意志があれば、いつでも仕事を辞めることができます。

おすすめの転職サイト
  • doda
    【公式】:https://doda.jp/
    転職者満足度№110万件以上のトップクラスの求人数
  • リクナビNEXT
    【公式】:https://next.rikunabi.com/
    リクルートが運営。転職者の8割が登録するサイト。
20代におすすめの転職サイトを紹介

仕事辞めたいけどお金ない人の対処法5選

お金がないから仕事を辞められない人ができる対策は、誰でも簡単にできます。

今日からできることもあり、実践すれば仕事を辞めるハードルがグッと下がります。

「貯金100万円貯めたら…」と目標を作る人もいますが、あまりおすすめしません。心のどこかで安心するだろうと思っても、現状を変えるようなインパクトがないからです。

あんとにお

今日から使える対処法をお伝えします。

お金がなくて仕事辞められない人の対策
  • 在職中に転職活動をする
  • ボーナスをもらってから辞める
  • 失業手当や税金の減免措置を受ける
  • 固定費を徹底的に削る
  • 給付金をもらいながらスキルを磨く

在職中に転職活動する

お金がなくて会社が辞められないという人の一番の解決策は、在職中に転職活動をする方法です。
先に仕事を決めておけば、お金の不安を抱えたまま転職活動をする必要はありません。

転職というと、「私には難しい」「何か月も活動する必要がある」「嫌な思いをすることもある」と考える人が多いですが、それは勘違いです。

あんとにお

就活で苦労した人、今の会社で評価されてない人、自分に自信のない人が、スグ決まらないと思ってしまいます。

誰でも簡単に転職できるわけではありませんが、いざやってみると想像してるより楽に進みます。とんとん拍子で進み、あっという間に内定が出ることもあります。

早い人だと、数日~2.3週間程度で決まることもしばしば。転職に成功してる人は、転職エージェントを活用しています。

優秀な転職エージェントを使えば、丁寧なサポートを受けられるので安心です。

あんとにお

就活と比べて、アピールすべき内容が明白だから取り組みやすいメリットもあります。

転職にリスクはありますが、転職活動自体はノーリスクです。お金の心配も必要ありません。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

ボーナスをもらってから辞める

お金がないから辞められない人は、ボーナスをもらったタイミングで仕事を辞めるのがおすすめです。

一時的に多くの収入を得るので、離職期間を安心して過ごすことができます。

私自身、ボーナス40万円をもらってから速攻で退職を告げて、ニート期間の準備金として使いました。

あんとにお

ボーナスのおかげで、貯金100万円で仕事を辞めることができました。

すぐに転職しない人は、ボーナスをもらって速攻辞めるのもおすすめです。

関連記事:知らなきゃ損!新卒が仕事を辞めるベストな時期・タイミング3選

失業手当や税金の減免措置を受ける

お金に不安がある人は、国の制度を上手く活用しましょう。

退職後もらえるお金、制度については、税理士ユーチューバーの大河内薫先生の動画が参考になります。


失業手当は、地域のハローワークに行き、失業保険の申請をするだけで、国からお金がもらえる制度です。失業保険の給付額は、退職前の給料(額面)の45%~80%程度が基本です。

失業手当をもらう際の覚えておくべき注意点は、以下の3つです。

  • 失業手当を受給するには、ハローワークでの求職者登録が必須
  • 離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間が通算して12カ月以上あること
  • 自主都合退社の場合は1週間の待機期間の後、3か月後にしか給付されない


また、退職後金銭的に不安な人に向けて、税金の減免措置、住宅の補償金も出してくれます。

  • 住居確保給付金…家賃の幾ばくかを支給される可能性がある
  • 職業訓練…エンジニア、プログラミングなどが学べる。お金をもらいながら受講できる可能性もある
  • 年金の免除申請…収入が無い場合は免除申請ができる
  • 生活保護…条件を満たしている場合
あんとにお

制度を受けるためには、条件があります。

詳しくは、ハローワークの公式HPや最寄りの市役所・区役所に相談してみて下さい。

関連記事:退職前にやっておくこと7選!クレジットカードの登録は必須です

固定費を徹底的に削る

お金が無いから仕事を辞められない人は、支出を抑えましょう。

どんなに補償金や失業手当をもらえても、同じ生活水準のままではいくらあっても足りません。すぐにお金が尽きてしまいます。

バケツの穴をふさがないと、お金が貯まることはありません。

あんとにお

小さな穴をふさぐのではなく、大きなバケツの穴をふさぐ=大きな支出を見なおすことが大切です。

具体的に削れる固定費がこちら↓

  • 通信費・・・格安SIMに移行
  • 光熱費・・・電力会社を乗り換え
  • 保険・・・払いすぎている保険はないか確認
  • 家・・・賃貸なら家賃交渉または引越し
  • 車・・・必要性ある?買うなら中古
  • 税金・・・控除を活用

支出を見なおすと、意外となくても幸福度が落ちないことに気付きます。

あんとにお

こまめに電気を消したり、蛇口を閉めたりするより何倍も効果が高いし、即効性があります。


下記動画は、大阪で家賃2万4千円で暮らす、ミニマリストのあつしさんの動画です。


仙人のような生活をする必要はありませんが、学ぶべきところはあると思います。

私も以前までは、高い洋服ばかり着ていましたが、今はUNIQLOを愛用し、TPOに合った服を買いそろえています。

あんとにお

削れる固定費を削ると、生活がグッと楽になります。

給付金をもらいながら、次の職種へのスキルを磨く

就労支援とは、求職者が新たな仕事に就くためのサポートをしてくれるものです。

ハローワークの求職者支援制度を受ければ、月10万円の生活支援の給付金を受給しながら、無料の職業訓練を受講できます。

主な訓練コースは以下の通りです

  • 基礎(ビジネスパソコン科)
  • IT
  • 営業・販売・事務
  • 医療事務
  • 介護福祉
  • デザイン
  • その他

訓練期間は、2週間のものもあれば、2ヶ月から6ヵ月間とさまざまです。就職支援無料で受けられるので、使わない手はありません。

あんとにお

給付されるための条件には対象要件や詳細な制限などがあるので、必ずハローワークに確認してください。

参考記事:仕事辞めてもなんとかなる理由5選!20代で仕事辞めたらスッキリ爽快

【例外】ブラック企業に勤めている場合は、速攻で辞めよう

例外として、ブラック企業に勤めている人の対策は、一刻も早く辞めることです。

言霊は不思議なもので、「お前が他に働けるところはない」「仕事辞めるのなんか甘え」と言われ続けると、「本当にそうなのかも・・・」と考えるようになります。

退職を渋ってるうちに、「この会社を辞めたら次が無い」と心身がやられてしまいます。

焦って転職すると、失敗する可能性が高まります。転職エージェントに勧められた会社に入ったら、そこもブラック企業だった。なんてオチもあります。

そのため、ブラック企業に勤務してる人は、実家に帰るなり、傷病手当金をもらうなどの一時的な対策を取りましょう。

あんとにお

ブラック企業の退職は、時間との勝負です。自分ではどうしようもない状況の時は、全力で逃げるが勝ちです

関連記事:仕事辞めたいは甘えじゃない!新卒でうつ病になった私が対処法を教えます

退職後に必要なお金を計算して生活の不安を取り除く

「会社を辞めたいけどお金がない!」という人に限って、退職後に支払うお金をすべて理解している人は少ない印象です。
過度にお金の心配をする必要はありませんが、お金のことを知らないと不安になるのは当然のことです。

私も、いざ退職してから「こんなに自分で払わなきゃいけないお金があるのか…」と驚きました。

税金は高いし、面倒な手続きを自分でやる必要があります。

ここでは、退職後にかかる費用について解説します。

  • 生活費
  • 税金・保険料
  • 転職活動費

生活費

まずは、毎月かかる生活費を計算しておきましょう。
ザックリ15万円と把握していた人は、預貯金を踏まえて、毎月いくらかかるのか計算することが大切です。

私が当時払っていた生活費は、以下の通りです。

  • 家賃:0円(実家暮らしのため)
  • 家に入れるお金:3万円
  • 車:なし
  • ジム代:8,000円
  • 奨学金返済:10,000円
  • 国民健康保険:2万円弱
  • 国民年金:16,000円
  • 携帯代…0円(格安SIMのため)
  • 遊興費…約10,000円

ザックリ、10万円前後です。一人暮らしをしている場合、さらに金額は上がります。

お金を貯めるためには、支出(生活費)を減らしましょう。生活費を効率よく下げるためには、やはり「固定費」の見直しが必要不可欠です。

6万円の買い物と聞くと高いと感じるのに、月々5,000円の支払いは「そんなもんだよね」と関心が低いですが、同じ年間6万円の支出です。

毎月掛かり続ける固定費を削減できれば、節約の効果はとても大きいです。

あんとにお

最初のひと手間が面倒なだけで、一度見直せばずっと効果が持続します。

参考記事:貯金100万円で仕事辞めるのは危険?20代実家暮らしの事例

税金・保険料

退職すると、税金や保険料を自分で納付する必要があります。

会社を退職する際の、健康保険に関する手続き、年金に関する手続き、税金に関する手続きの3つを表にまとめました。

在籍中退職後
健康保険・組合健保、もしくは協会けんぽに加入
・保険料は会社と折半で給与から天引き
・定期健診など様々な恩恵アリ
・家族も加入できる
・在籍中の保険証を返却
・転職しない限り、国民健康保険に加入
・原則、自分で保険料を納付する
年金・少なくとも2階建ての厚生年金に加入
・65歳未満でも特別支給が出る可能性が…
・保険料の半額は会社が負担
・主婦(夫)も加入できる
・失職期間が一時的であっても、その間は国民年金に加入
・保険料は自分で納付する
・国民年金は1階建ての基礎年金のみ
税金・所得税も住民税も給与から天引き
・年末調整も会社がしてくれる
・毎年2~3月、自分で確定申告をする必要あり
・住民税も自分で納付する
参考:図解でわかる退職・転職の手続き・チェックノートを元に筆者作成

収入によって払う金額は変わりますが、会社と折半だった保険料を自分一人で支払う必要があります。

国民年金保険料は、令和2年度では月々1万6,540円です。

あんとにお

単純計算、払う金額が倍になります。

自分で払うことで、税金の高さにも驚きます。

転職活動費

最後に、転職活動をするためのお金です。
スーツを持ってない人は、スーツが必要になるし、面接などの移動費がかかります。

少し古いデータですが、リクナビNEXTの調査によると、退職後転職は53.8%が準備資金が不足したと回答しています。
一方、在職中転職者は、37.6%が不足したと回答しています。

(参考:ORICONNEWS『転職のための準備資金、いくらが相場?』

つまり、退職後に転職活動をする人は、資金の準備が必要になります。
転職活動は、約3ヵ月の期間がかかると言われているので、最低3か月分の生活費は蓄えておきましょう。


とはいえ、2021年現在、電話面談やオンライン面接をどこの企業も取り入れています。
応募する会社の風土によりますが、転職エージェントの面談は基本的にオンラインで解決します。

面接や説明会の移動費がかからないため、従来よりは転職活動に必要なお金は下がることが予測されます。

あんとにお

オンラインは、転職活動の時間が取れない方にもありがたく、転職相談の難易度がグッと下がります。

お金ないから仕事辞められない人こそ退職した方がいい理由3選

お金の問題を無事に解決できたら、後は退職して転職活動をするだけです。
しかし、仕事を辞められないと嘆く人の多くが、変化を恐れているから実際に辞められていません。

「親に顔を合わせづらい」「根性なしと思われる」「せっかく入った企業だから」などと理由をつけて、変化を遠ざけているのではないでしょうか。

厳しいことを言うと、心の中では、辞められない言い訳を探しているのです。今の生活が満足できずに、本当に辛くて逃げ出したいなら速攻で辞めてます。

国の制度は充実しているし、若ければ若いほど転職は有利です。

にもかかわれず辞められないのは、勇気が足りないからです。

だからこそ私は、「お金がないから仕事を辞められない」という人こそ、退職をした方が新たな道が開けると思っています。

あんとにお

今の生活に不満を感じ、一度きりの人生好きに生きたいなら、変化は避けられません。

  • 仕事を辞めても生活はできるから
  • 時間の無駄だから
  • お金が貯まっても結局辞められないから

仕事を辞めても生活はできる

たとえ仕事を辞めてもなんとかなるのが、日本です。
保障は充実してるし、ご飯は安くて美味しいし、田舎なら家賃も安く済みます。

「退職したら人生終わり」は、間違いなのです。

本当に仕事を辞めてもなんとかなるの?と不安は方は、正しい知識を入れることが重要です。

仕事を辞めて後悔してる人は、何の知識も持たずに辞めています。知識を持たないのは、羅針盤を持たずに海を彷徨ってるのと一緒です。

あんとにお

辞めた先の選択肢を知り、安心することで人生を再スタートすることができます。

時間の無駄だから

お金がないから仕事を辞められない人は、貴重な時間を無駄にしています。

特に、お金がないから辞められないと思う人は、若い人が多いと思います。新卒9ヶ月で辞めた私が言うのもなんですが、若いのにお金に人生を左右されるのもったいなさすぎです。

キングコング西野亮廣氏の「お金とやりがい」について参考になる部分があったので、気になる方は下記動画をぜひご覧ください。


人生の時間は有限です。なので仕事を辞めたいのに、辞められない理由がお金なのは、非常にもったいないです。

あんとにお

貴重な時間を無駄にしないためにも、変化を恐れず行動しましょう。

お金が貯まっても結局辞められないから

最後の理由は、たとえお金が貯まったとしても、結局辞められない可能性が高いからです。

「100万円たまったら仕事辞めよう!」という人もいますが、いくらお金があっても安心はしません。貯金が多ければ多いほど、次の一歩が踏み出しづらくなるのは、私の経験からも明らかです。

一番重要なことは、次に進む勇気です。お金が一番大事な要素ではありません。

今、仕事を辞めたいと考えている人は、積極的に辞める理由がないのが本音ではないでしょうか。
「給料が安すぎる」「激務すぎる」「上司がクソすぎる」という風に、分かりやすい辞める理由があれば別ですが、明確に辞める理由が見つかってないのだと思います。

私の友人も仕事は辞めたいけど、給料は普通以上にもらえるし、同期はいいやつだし、上司もそこまで悪くない、むしろ良いという状態で、仕事を辞めるか悩んでいました。

どんなに仕事がおもしろくなくても、辞める理由がないと決断できませんよね。

その結果、お金を使って“遊び”を楽しみ、会社を辞められない理由をお金と結びつけ、正当化しています。


このような人は、お金が仮に貯まったとしても、辞めることはできないでしょう。

あんとにお

次に進む勇気を持てない人の問題は、お金ではありません。

一度本気で退職を考えると、考え方に変化が生まれます。

まとめ:仕事を辞められない人は覚悟を持とうぜ

仕事を辞められない人がすべき対策を再度まとめます。

お金がなくて仕事辞められない人の対策
  • 在職中に転職活動をする
  • ボーナスをもらってから辞める
  • 失業手当や税金の減免措置を受ける
  • 固定費を徹底的に削る
  • 給付金をもらいながらスキルを磨く

死ぬ前の後悔では、「やりたかったことをやらなかった」「自分に素直に生きればよかった」と後悔する人が多くいるそうです。

貴重な時間を無駄にしないためにも、一歩ずつ行動することが大切です。

辞めたいけど、お金がないし勇気が出ないという人は、転職活動をするのがおすすめです。
「他にもっと条件が良い会社」や「理想の働き方に合う会社」に出会えれば、必ず考え方に変化が生まれます。

現在の仕事と未来の仕事を天秤にかけて、どっちが楽しいか比べるのが良いと思います。

転職活動をすると今の会社の良さにも気づくし、やっぱり現職が嫌だなと思えば転職すればいいだけです。

勇気を持つきっかけにもなりますよ。

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!