会社辞めたい

【体験談】20代が次を決めずに退職はアリか?後悔しない対処法を教えます

  • 仕事を辞めた後に転職活動するのは危険?
  • 仕事辞めたいけど次の就職先が見つからない
  • 働きながらだと転職活動する時間がない

こんなお悩みを解決します。

20代で次の仕事を決めずに退職するのは、ありです。
なぜなら、20代は世間の需要が大きいため、30代や40代と比べて就職先が決まりやすいからです。

私自身、20代で仕事を辞めずに退職しましたが人生どうにかなっています。
しかし、次を決めずに退職する方法は、誰にでもおすすめできるとは言えません。

甘い言葉に誘われて辞めた結果、全然仕事が決まらず「こんなはずじゃなかった」と後悔する人もいます。
次を決めずに退職するメリットだけでなく、デメリットを把握することで、退職後の後悔がなくなります。

注意点が一つだけあります。自分が運よく転職に成功したから、辞めた方がいいいですよ!と言ってくる人や、20代で退職した経験がないのに次を決めずに辞める=失敗すると凝り固まった人の意見は聞かないようにしましょう。

あんとにお

自分の頭で考え、行動することが何よりも大切です。

この記事で分かること
  • 20代は次を決めずに退職しても良い理由
  • 20代が次を決めずに退職した場合の行きつく先
  • 20代で次を決めずに退職するメリット・デメリット
  • 仕事を辞めたいけど、次が決まってない人がやるべきこと

この記事を読めば、自分が次を決めずに退職するかどうかの判断基準が分かります。

結論、20代は次を決めずに仕事を辞めても余裕でやり直せます。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...
おすすめの転職サイト
  • doda
    【公式】:https://doda.jp/
    転職者満足度№110万件以上のトップクラスの求人数
  • リクナビNEXT
    【公式】:https://next.rikunabi.com/
    リクルートが運営。転職者の8割が登録するサイト。
おすすめの転職サイトを紹介

【結論】20代が次の仕事が決まる前に退職するのはアリです

20代は世間の需要が大きいため、30代や40代と比べて就職先が決まりやすいです。
そのため、仕事を辞めずに退職しても人生が終わることはありません。

パーソル総合研究所の調査によると、「2030年には人手は644万人不足する」というデータがあります。
雇用を増やさなければいけない一方、少子高齢化の波によって、若い働き手がどんどん減っているのです。

  1. 転職は若ければ若いほど有利
  2. 豊富な求人があり、市場価値が高い
  3. キャリアチェンジが比較的しやすい

上記3つの理由から、20代でたとえ仕事を辞めたとしても就職先が見つからないことはないし、別の業種や職種に就くこともできます。

順番に解説します。

転職は若ければ若いほど有利

転職は、若ければ若いほど有利です。

20代には第二新卒など、ポテンシャルを評価された採用方法もあります。
中途=即戦力と思われがちですが、「超リテラシー大全」によると、24歳~27歳は未経験でも「第二新卒」としての可能性がある」と言われています。

あんとにお

年齢による障壁が無く、伸びしろ、ポテンシャルを評価されて転職できるのは20代だけです。

一般的には、35歳以上になると転職することが難しいと言われています。

なぜなら、一定の年齢を超えた以上の転職が「管理職への転職」を意味しているからです。
業界や会社によってマネジメントの仕方に違いがあるので、管理職が異業種に転職する場合、適応が難しいという問題があります。実際、新しい職場で失敗するパターンも多いそうです。

だから、「異業種間に転職するなら、管理職に就く手前の年齢がボーダーライン」という暗黙の制限が儲けられているのです。

あんとにお

転職は若ければ若いほど有利と言われるのは、こういった背景があります。

豊富な求人があり、市場価値が高い

今後の日本は、少子高齢化により、労働力不足が加速していきます。

総務省の「労働力調査年報」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」をもとにしたシュミレーションによると、労働力人口(15歳~64歳)は、2020年の約6400万人から2050年には4900万人程度にまで減少することが見込まれています。

引用:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(平成29年度推計)

このグラフを見ると分かる通り、若い働き手がどんどん減りゆくことが分かります。そのため、20代は世間からの需要が大きく、求人数も多くなっているのです。

20代から圧倒的な支持を得ているリクルートエージェントの求人数は、10万件以上あります。(2021年8月時点)

あんとにお

20代の第二新卒に特化した転職サイトもあるので、需要は十分です。

正しい情報を見れば、20代に需要があることが分かります。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

キャリアチェンジが比較的しやすい

20代の場合、キャリアチェンジするリスクが低いです。
例え失敗したとしても、世間での需要が大きい分、別の仕事に転職することも可能です。

あんとにお

自己の市場価値を高めるためにも、20代は果敢に挑戦することができるのです。

市場価値を最大化するために、最もインパクトを与えるのが転職です。

年収アップは、「職種×業界」で決まります。

転職と副業のかけ算の著者であるmoto氏は、独自の軸ずらし転職という手法を用いて、新卒で入社した会社の年収240万円から1,500万円までアップさせました。

例えば、銀行の営業マンが転職をする場合、営業マンの職種を残しながらも、他業界へ転職することが「軸ずらし転職」です。
逆も同じで、金融業界で働きつつも、営業から人事に移動するパターンも軸ずらし転職です。

他業種+他職種への転職する人自体が少ないので、キャリアアップさせやすいのが特徴です。

あんとにお

20代は、30代や40代と比べるとキャリアチェンジするリスクが小さいです。
学べる領域も広く、企業からの需要も絶えません。

仕事辞めたいけど次がない人が行きつく先

20代で次の仕事を決めずに退職した場合、行きつく先は3つあります。

  • 転職活動を始める
  • 独立・起業する
  • アルバイトをする

この選択肢は、退職後に転職活動をするかどうかで大きく変わります。

すぐに転職活動を始めれば、お金の不安や周りからの負い目を感じることなく、キャリアをやり直すことができます。

仕事を辞めた後、やりたいことを追って独立や起業する選択肢もあります。
フリーランスなんかも、アルバイトやニート同様に自由度がめちゃくちゃ高い働き方です。

詳しい内容が知りたい方は、「新卒で仕事を退職した末路は負け犬の人生?」を併せてご覧ください。

20代が次を決めずに退職するメリット3選

20代で次を決めずに退職した場合、以下のメリットを受けることができます。

  • ストレスフリーな生活を経験できる
  • 強みを見つける時間ができる
  • 転職活動に専念できる

「お金がない」「離職期間を空けたくない」などの理由で焦って転職した結果、職を転々とする可能性もあります。
簡単に採用される会社は労働力としてしか見てないので、足りなきゃ足せばいいの考え方でブラックな働き方を強いられる恐れもあります。

あんとにお

今の自分の状況を正しく把握して、行動することが大切です。

ストレスフリーな生活を経験できる

職場環境が最悪で、仕事から距離を離れたいと感じてる人には天国に感じると思います。

私も、仕事を辞めてゆっくりしているとき、ストレスフリーの生活を体験できました。

  1. 朝起きなくていい
  2. 嫌いな上司に会わなくていい
  3. つまらない仕事をしなくていい
  4. 本当にやりたいことが見つかった
  5. 小さな幸せに気づける
  6. お昼をゆっくり食べられる
  7. 鬱っぽさがなくなった

適度なストレスは緊張感を保つうえで重要ですが、胸がどきどきして心臓が握りしめられて落ち着かないような感覚は悪いストレスです。

仕事を辞めるとこのようなストレスから逃げることができ、幸せな人生を歩めるようになります。

仕事辞めたら人生楽しすぎる奴いる?20代の僕が辞める勇気を伝授します仕事辞めたら人生楽しすぎる!はホント?とお悩みの方必見。この記事では、仕事を辞めたあとの生活が楽しすぎる理由について解説。実は、仕事を辞めたら人生終わりは真っ赤な嘘です。この記事を読めば、時間と労力を無駄にしない生き方、働き方を見直すきっかけになります。...

強みを見つける時間ができる

次の仕事を決めずに辞めると、時間が生まれます。
その時間を使って、自分が本当にやりたいことは何か考え、強みを見つけることができます。

世間体、社内の立ち位置、学歴、すべてが取っ払われると、やりたいことが自然と湧いてきます。

あんとにお

成功は必ず強みによってしか生まれません。
自分の特徴的な強みを伸ばしていくことが大切です。

自分の強みを見つけるならストレングスファインダーなど、客観的な指標を用いるのがおすすめです。
ストレングスファインダーは有料の自己分析ツールですが、かなり精度が高く、信頼性が高いです。

無料で強みを見つけたい人は、リクナビNEXTで無料でできる「グッドポイント診断」がおすすめです。

転職サイトとしても優秀なので、まだ登録していない方はぜひ挑戦してみてください。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

転職活動に専念できる

働きながら転職活動をするのはかなり大変です。
平日に面接で休むことはできないし、複数の転職エージェントを利用する場合、予定を立てるのも一苦労。

実際、転職活動は平均して3か月程度で終了すると言われています。
そのため、ガッツリ取り組むことができる離職期間は、ライバルと差をつけるにも最適です。


地方勤務の人が上京する場合、新幹線代もかかり、面接を受け、説明会に参加するだけでもかなりの時間と労力がかかります。

あんとにお

自分の状況に当てはめて、転職活動に専念するかどうか決めるのがおすすめです。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

20代が次を決めずに退職するデメリット

次の仕事を決める前に辞めるデメリットは2つです。

  • 経済的不安がつきまとう
  • 手続きがめんどくさい

順番に解説します。

経済的不安がつきまとう

次の仕事を決めずに退職した場合、経済的不安がつきまといます。
十分な貯金を持って仕事を辞める人はしばらくどうにかなりますが、貯金なしで辞めると大変です。

あんとにお

毎月25日に当たり前のように入ってきた20万円が突如なくなるのは、想像以上にキツイです。

減りゆく口座残高を見るのは、不安にもなるし、焦燥感を抱きます。

実家暮らしならまだよいですが、一人暮らしの場合数十万円は一瞬で吹き飛びます。

勢いで仕事を辞めて、ニートしばらくするかぁと思っても、段々お金が減ってくると「あれ、このままだとヤバくね?」と恐怖がやってきます。
これまでと同じような生活、消費を続けていると一瞬でお金がなくなります。

私は貯金100万円で仕事を辞めましたが、必要な金額は人によります。

固定費を削る、実家暮らしするなどの対策を取ることで、経済的不安を和らげることができます。

少し古いデータですが、リクナビNEXTの調査によると、退職後転職は53.8%が準備資金が不足したと回答しています。
一方、在職中転職者は、37.6%が不足したと回答しています。

(参考:ORICONNEWS『転職のための準備資金、いくらが相場?』

あんとにお

最低3か月分の生活費は確保しておきましょう。
どうしても資金が足りない場合は、一度実家に帰るのも選択肢の一つです。

手続きがめんどくさい

次を決めずに退職した場合、各種手続きが必要になります。

具体的にはこんな感じです。

退職後にやることリスト
・年金・健康保険の手続き…最寄りの市役所・区役所でOK
・雇用保険(失業保険)の手続き…ハローワークで手続き
・税金の支払い…所得税の確定申告をする

すべて区役所、市役所等でできる手続きではありますが、一定の手間がかかります。

あんとにお

すぐに転職する場合は、会社が基本的にやってくれるので手間はかかりません。

退職前にやっておくことについては、下記記事で詳しく解説してます。

退職前にやっておくこと7選!クレジットカードの登録は必須です仕事を辞めたいけど、退職前にやっておくことが知りたい人必見。この記事では、正社員のうちにやっておくことを7つ紹介。退職前にクレジットカードを作り、勉強しないと確実に損します。この記事を読めば、安心して退職できるので、退職後に後悔することもなくなります。...

次の仕事決まってないけど辞めるのが良いケース

これまで、次の仕事を決める前に退職した場合のメリット・デメリットを解説しました。

次を決めずに退職するメリット
次を決めずに退職するデメリット
  • ストレスフリーな生活を経験できる
  • 強みを見つける時間ができる
  • 転職活動に専念できる
  • 経済的不安がつきまとう
  • 手続きがめんどくさい

退職した後に転職活動すべきか、仕事を続けつつ転職活動をするべきかはその人の状況によります。
経済的不安を抱えながら、転職活動するのはリスクが伴う人もいるでしょう。

しかし、すぐに仕事を辞めて、転職活動をするもしくは休息した方がいい人もいます。

  • 精神的に追い込まれている人
  • ブラック企業に勤務して転職活動する時間がない人

順番に解説します。

精神的に追い込まれている人

精神的に追い込まれている人は、一目散に仕事を辞めましょう。

なぜなら、心はやりたくないと叫んでいるのに、無理して身体を動かすと普通にメンタル病むからです。

精神的に追い込まれているのに頑張り続けると、後に他のことも考える余裕がなくなるほど追い詰められ、気づいた時には心身がボロボロです。
転職しようにも「ほかに自分が働けるところはない」と感じて、仕事を辞められなくなります。

あんとにお

思考力・判断力が共に低下している状態でする転職活動は、良い結果は得られません。

本当に嫌なことからは逃げましょう。

ブラック企業に勤務して転職活動する時間がない人

ブラック企業に勤務してる人は、圧倒的に時間がありません。
一日中朝から晩まで働いている場合、土日の休みは寝て休息を取るので精一杯ですよね。

時間をきちんと取らずに、転職すると失敗のリスクが高まります。
なぜなら、「よくわからないけど今の会社よりは良さそう」と転職エージェントに勧められた会社が、ブラック企業にねじ込まれる可能性があるからです。

あんとにお

転職エージェントのビジネスモデルは、完全成果主義です。
あなたを転職させられれば、年収の30~50%がエージェントに支払われる仕組みです。

きちんとキャリアを考えてくれるエージェントもいますが、時間がなくて調べられない全部お任せしますというスタンスだと確実に失敗します。

待遇や会社の規模など、表面的な話で終わらせるのは危険です。
自分の仕事についてきちんと言語化し、「どういう仕事をしてるとき楽しいか」「どこにやりがいを感じてるのか」軸を見つけることが重要です。


自分を理解し、理想の仕事を見つけるためには必然的に時間がかかります。

あんとにお

ブラック企業にいて、どうしても転職活動の時間が取れないという方は、貯金をある程度溜めたら、転職活動にコミットしましょう

次の仕事が決まる前に退職したい人がやるべきこと

仕事を辞めたいけど、まだ次が決まってないから不安という方もいると思います。
そんな方には以下2つのことをしておくと、退職後に慌てることなく動き出すことができます。

  • 興味のあることにチャレンジする
  • 転職活動をしておく

転職2.0では、「日本人は、転職を考えてから慌てて行動に移す人が多く、社会で求められている需要とズレたアピールをする」と言われています。

あんとにお

常に自分のやりたいこと、市場から求められているスキルを意識するアンテナを立てることが重要です。

興味のあることにチャレンジする

次が決まってない人は、興味のあることに集中してみましょう。
趣味や得意なことなんでもOK。向いている仕事は、常に自分の中にあります。

転職の思考法では、好きなことを見つける方法として以下の2つが紹介されています。

1.他の人から上手だと言われるが「自分ではピンとこないもの」から探す方法

2.普段の仕事の中で「全くストレスを感じないこと」から探す方法

興味のあることをやり続けた結果、向いてる仕事、得意な仕事が自然と出てきます。

読書などの自己投資をして、興味を広げることもおすすめです。

おすすめの自己投資については、「20代の社会人におすすめの自己投資5選」で詳しく解説してます。

転職活動をしておく

やはり転職活動をしておくと、心理的にも安心するし、今抱えている悩みや不安について深く考えることができます。

✖漠然としたイメージ

○前の会社に対して、何が不満、どうすれば解消

仕事は、私たちの生活には切っても切り離せません。

やりがい、年収、人間関係、ワークライフバランス、会社の将来性、働く環境など、何が自分にとって大切で譲れないものか考えることができます。

「そんなこと一人で考えられない…」という方は、優秀な転職エージェントを活用しましょう。
優秀な転職エージェントを使えば、「大事にする軸」「今の不満」「自分は何に興味がある」かについて、一緒に考えてくれます。

転職エージェントの良いところは、転職を考え始めた時でもきちんと対応してくれる点です。

  • すぐに転職するつもりがなくてもOK
  • キャリア相談だけでもOK

エージェントと話すことで、端から見た自分の強みに気付くことができます。
ネットにも出ない最新情報を教えてくれることもあるので、定期的にエージェントに相談するのがおすすめです。

あんとにお

適切にエージェントを利用すれば、いつでも転職ができるようになります。
退職を考えている人は、一度相談するのがおすすめです。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

まとめ:20代が次を決めずに退職する場合、自分の状況を考えよう

次を決めずに退職するメリット・デメリットは以下の通りです。

次を決めずに退職するメリット
次を決めずに退職するデメリット
  • ストレスフリーな生活を経験できる
  • 強みを見つける時間ができる
  • 転職活動に専念できる
  • 経済的不安がつきまとう
  • 手続きがめんどくさい

20代は次を決めずに退職した場合でも、余裕でやり直すことができます。
とはいえ、離職期間が長くなるほど、不安になることも多いのでその点は注意しましょう。

自分は仕事を決めずに退職しても大丈夫なのか、貯金はあるのか、正しく把握することが大切です。

自分のスキルの市場価値が分からないという方は、転職エージェントへ相談するのがおすすめです。
あなたが持つ武器が、市場でどのように評価されているか知ることができます。

転職エージェントは無料で使えるので、ぜひご活用ください。

それではっ!!