MENU
会社辞めたい

大企業の新卒を辞めた後悔7選|たった9ヶ月で会社を辞めた私の体験談

  • 新卒だけど、仕事が辞めたくて悩んでる
  • 新卒は一度きりだからもったいない?
  • 新卒でやめて後悔してる人の体験談を知りたい

こんなお悩みを解決します。

実は、勢いで仕事を辞めると、後々後悔する可能性が高いです。

なぜなら、きちんと考えて辞めないと、その後の生活が不安定、就職先が決まらないなど後悔している人が多くいるからです。

私は、新卒で入社した大企業を9ヶ月で退職しました。

例外として、ブラック企業に勤めている人は速攻で辞めた方がよいので、後悔をする必要はありません。

ただ、大企業を辞めて後悔したことが7つあるので、その点も踏まえて解説します。

この記事で分かること
  • 新卒9ヶ月で辞めて後悔してるのか
  • 大企業の新卒を辞めた後悔7選
  • 退職後、後悔しないために考えること3選
  • 仕事を辞めたくなったらやるべきこと

この記事を読めば、新卒で仕事を辞めて後悔してる人の体験談が分かり、今の仕事を辞めるかどうかの判断基準になります。

結論、後悔しそうなら、新卒で仕事を辞めるのはおすすめしません。

あんとにお

どうしても辞めたい場合は、現状把握と未来についてしっかりと考えて行動しましょう。

リスクとリターンのバランスを考えることが重要です。

おすすめの転職サイト
  • doda
    【公式】:https://doda.jp/
    転職者満足度№110万件以上のトップクラスの求人数
  • リクナビNEXT
    【公式】:https://next.rikunabi.com/
    リクルートが運営。転職者の8割が登録するサイト。
おすすめの転職サイトを紹介

新卒で仕事を辞めたら後悔をするのか?

先に結論を言うと、私は仕事を辞めたことについて、後悔はしていません。

なぜなら、自分が望む働き方ができないブラック企業に勤務し、涙が出るほどストレスを抱えていたからです。

あんとにお

精神衛生上、健康を保つために仕事を辞めたことは、一ミリも後悔していません。

今や転職は当たり前の時代です。
ある調査によると、新卒で仕事を辞める人は1割、3年以内に仕事を辞める人は3割というデータもあります。

しかし、皆が前向きに仕事を辞め、転職に成功しているわけではありません。

私自身、少なからず仕事を辞めた後で変わったこと、「恵まれていたんだなぁ」と後悔することはあります。

どうしても耐えられない環境ならまだしも、勢いだけで仕事を辞めると後悔に繋がります。

「自分は後悔してしまうかも…」と感じた人は、勢いで辞めずに、現状を正しく把握するして備えることが大切です。

あんとにお

会社を辞める前に考えるべきこと、やるべきことについても解説します。

大企業の新卒を辞めた後悔7選

ここでは、私が実際に仕事を辞めて後悔していることを解説します。

  • 給料が下がる・無くなる
  • 会社員は死ぬほど恵まれていた
  • 自力のなさに気づいた
  • 親戚・友人に顔を合わせづらくなる
  • 新卒カードが消えた
  • 自己肯定感が下がった
  • 強みが中途半端になった

順番に解説します。

給料が下がる・無くなる

仕事を辞めると、給料がなくなります。

毎月25日に当たり前のように入ってきた20万円が突如なくなるのは、想像以上にキツイです。

減りゆく口座残高を見るのは、不安にもなるし、焦燥感を抱きます。

実家暮らしならまだよいですが、一人暮らしの場合数十万円は一瞬で吹き飛びます。

勢いで仕事を辞めて、ニートしばらくするかぁと思っても、段々お金が減ってくると「あれ、このままだとヤバくね?」と恐怖がやってきます。

これまでと同じような生活、消費を続けていると一瞬でお金がなくなります。

あんとにお

安定的な給与が消えたという点で、精神的にもキツイので後悔をしています。

ただ、給料が下がる転職はおすすめしないので、焦って転職しないようにしましょう。

関連記事:貯金100万円で仕事辞めるのは危険?20代実家暮らしの事例

会社員は死ぬほど恵まれていた

会社を辞めると、会社員という働き方が死ぬほど恵まれてることに気づき、後悔します。

先日、下記のようなツイートをしました。

「月20万円は必ず払います」「一年間のうち10日間は、出勤しなくても給料払います」「社会保険は半分負担します」「家賃も負担します」「電車賃も負担します」「とんでもないミスしても解雇はできません」 会社辞めて気づいたけど、会社員って恵まれてるよね。 離れてみて初めて気づくこともある😌

会社員として働いていると、会社、上司、給与などいろいろが不満がありますよね。

サラリーマンは辛い立場である一方、雇用が守られ、生活が保障されているので、待遇はピカイチです。

特に、会社を辞めてフリーランスになるんだ!と考えている人は注意が必要です。

キラキラしたフリーランスに憧れると、何から何まで自由な一方、安定とは程遠くなります。

あんとにお

サラリーマンとフリーランスの待遇の違いは、雲泥の差があります。

自力のなさに気づいた

仕事を辞めると、途端に自分の無力さに気づきます。

私自身、そこそこの大企業で業界では知らない人がいないほど、名は知れわたっていました。
しかし、会社の肩書がなくなると、誰も話を聞いてくれないので、何から何まで0からのスタートです。

無人島に身一つで放り出されたのと一緒の状態です。

特に、大企業に勤務している新入社員は、自力のなさに気づきづらいです。

新入社員が自分の力を見誤った結果、全然仕事取れないし、転職もできないという話は往々にしてあります。

さらに、大企業勤めのプライドが残っている人は厄介です。口だけはいっちょ前で、実力が伴わない痛い存在になってしまいます。

あんとにお

私も、自分の力を見誤って活動していた時は、何一つ上手くいかなかったです。

上手くいかずに焦らないためにも、自力は小さく見積もるぐらいがおすすめです。

親戚・友人に顔を合わせづらくなる

仕事を辞めると、親戚・友人に顔を合わせづらくなります。

現代は、二人に一人が転職する時代です。
しかし、親戚は古い昭和の考えの人で、「え、仕事辞めたの?」と言われることもしばしばあります。

私は、高校、大学ととんとん拍子で進学し、大学も予備校に通わずに有名私立大学に合格することができました。

親戚の間では、「あいつは優秀」というレッテルを貼られていたので、とても新卒9ヶ月で辞めるやつとは認識されていませんでした。

私も会社を辞めてからは、気まずい状況が嫌だったので、皆が集まるような席には極力いかないようにしていました。

友人関係も似たような感じですが、若干違います。

それは、「皆働いてるのに、自分だけ働かなくていいのかな」「仕事の話してるのについていけない」劣等感を抱くことです。

あんとにお

仕事を辞めて、すぐに転職してバリバリ働く人なら良いですが、ニート満喫してぇと考えてる人にはなかなかしんどいです。

友人が自分を見る目も変わってくるので、この点は後悔してます。

新卒カードが消えた

日本の雇用形態だと、令和でもいまだに新卒カードは貴重な資産です。

「超リテラシー大全」によると、企業は、大卒1年目の23歳で辞めた人と、24~27歳で辞めた人に違いがあると認識しているそうです。

  • 23歳…入社して1年目でドロップアウトした印象
  • 24~27歳…未経験でも「第二新卒」としての可能性あり

とはいえ、日経の古い体質の企業の場合、新卒カードは貴重ですが、現代は働き方が多様化しています。

転職と副業のかけ算でも、在籍期間ではなく、期間における中身が重要と述べられています。

合わない仕事、無能な上司に囲まれて過ごすくらいなら、早く一歩踏み出して成果を上げるのが得策です。

新卒カードはある程度貴重ですが、「もったいない…。3年はやらないと」の固定観念に縛られないことが重要です。

あんとにお

自分で考え力を失わなければ、勇気をもって捨てる選択もありです。

自己肯定感が下がった

新卒で仕事を辞めると、「自分には無理だ…。社会復帰できない」と自己肯定感が下がります。

そもそも自己肯定感とは、「自分の可能性を信じ、自分はできるんだという自信を持ち、肯定的に自己を認識すること」と心理学辞典で定義されています。

ストレスフリー大全には、自己肯定感と並び、自己否定感について、下記のようにまとめられています。

自己否定感
自己肯定感
  • 自分には無理
  • 自分には生きる価値がない
  • 消えてなくなりたい
  • 必要とされていない
  • 自分が嫌い
  • 自分にはできる
  • 自分には生きる価値がある
  • 主張したい
  • 必要とされている
  • 自分が好き

「自己肯定感」と「自己否定感」は対照的な存在です。

新卒で仕事を辞めた私は、自己肯定感がかなり下がりました。

なぜなら、社会との繋がりが薄くなり、自分の存在価値の低さに気付かされたからです。

これは定年後、社会とのつながりが薄くなり、一気に老け込んでしまう人と一緒です。

あんとにお

いきなり新卒で仕事を辞めると、周りの目も同時に気になり、ますます自己肯定感は下がるでしょう。

なので仕事を辞める際はきちんと準備をして、社会とのつながりを失わずにすることがおすすめです。

強みが分からなくなった

新入社員で仕事を辞めた最後の後悔は、自分の強みが分からなくなったことです。

私は、新卒で入社する時「私の強みは忍耐強い継続力とコミュニケーション能力です!」と面接官に伝えて入社したからです。

当然、仕事を9ヶ月で辞めた私にとって、“継続力”は強みではなくなります。


大人になってから、新たに強みを見つけるのは意外と大変です。

社会人になると友人ともなかなか会いづらくなるし、仕事を辞めてからだとさらに会いづらくなります。

あんとにお

強みが中途半端になった点は、非常に後悔しています。

強みの見つけ方については、下記記事で詳しく解説してます。

【必見】失敗しない自己分析3選|手っ取り早くやりたいことを見つける方法強みを知りたいとお悩みの方必見。この記事では自己分析をする意味と、失敗しない自己分析を3つ解説。実は、「やりたいことが分からない」と言う人ほど、「自分には無理」と思い込んで何も行動していないパターンが多いです。この記事を読むと、自分に合った自己分析の方法が分かります。...

仕事を辞めた会社に出戻りはできるのか

新卒で仕事を辞めた後に、同じ会社に出戻りは基本的には不可能です。

なぜなら、育休や産休の流れで会社を去ったならまだしも、成果を出していない新入社員を雇い直す理由がないからです。

中途で採用するなら、能力があり、会社のために長く働いてほしいと思うのが経営者の会社の本音です。

辞めた会社に出戻りは、古い体質が残る大企業であるほど難しいので、その点は注意しましょう。

あんとにお

会社を辞める際は、今いる会社が出戻り可能か確認しておきましょう。

新卒が会社を辞めてから後悔しないように考えること3選

これまで、大企業出身の私が新卒で仕事を辞めた後悔について解説しました。

改めてまとめます。

  • 給料が下がる・無くなる
  • 会社員は死ぬほど恵まれていた
  • 自力のなさに気づいた
  • 親戚・友人に顔を合わせづらくなる
  • 新卒カードが消えた
  • 自己肯定感が下がった
  • 強みが中途半端になった

この中でも特に、仕事を辞めたいと感じた時に考えるべきことが、以下の3つです。

  • お金
  • 周りの反応
  • 仕事
あんとにお

この3つを考えておかないと、こんなはずじゃなかったとなるので、順番に解説します。

お金

まず、お金のことは絶対に辞める前に考えておきましょう。

なぜなら、「いきなり今月で辞めます」となった時にお金のことを考えておかないと、生活が不安定になるからです。

退職前に転職や今後の生活が決まっているならよいですが、貯金0の場合はマジできついです。

失業保険をもらおうとしても、自己都合退職だと給付までに約3ヵ月程度かかります。

失業保険について詳しくは、ハローワークの受給の手続きをご覧ください。

具体的に考えるお金のことは、以下の通りです。

  • 毎月の固定費【家賃、水道代、電気代】
  • 携帯代
  • サブスクリプション
  • 娯楽費
  • 生活費
  • 健康保険
  • 国民年金
  • 奨学金
  • 住民税

ザックリいくらかかるか計算しておくと、仕事を辞めた後に困りません。

仕事を辞めたいと感じた時は、退職後払わなければいけないお金を考えるのがおすすめです。

さらに詳しい内容は、下記記事で解説してます。

退職前にやっておくこと7選!クレジットカードの登録は必須です仕事を辞めたいけど、退職前にやっておくことが知りたい人必見。この記事では、正社員のうちにやっておくことを7つ紹介。退職前にクレジットカードを作り、勉強しないと確実に損します。この記事を読めば、安心して退職できるので、退職後に後悔することもなくなります。...

周りの人間関係

仕事を辞めたいと考えた時、周りの人間関係についても考えておくべきです。

私が後悔してるように、親戚や友人に会いづらくなることもあります。

そして、親、親しい友人、恋人には必ず相談しておきましょう。

先に相談せずに、いきなり今月で辞めるわと言われたら、誰だって不安になります。

仕事をしていない期間が長引くと、ネガティブになり、支えであった人が重みに感じることもあります。

あんとにお

だからこそ、周りの人間関係をしっかり整えて、納得してもらうことが重要です。

最悪の場合、別れを切り出されることもあるので、この点は注意しましょう。

仕事

仕事は、人生の大半を占める貴重な時間です。

仕事辞めたら人生楽しすぎる一方、仕事をしないで生きていくことは非常に難しいのが現状です。

例えば、山にこもって暮らしたり、驚くほど少ない出費ではない限り、仕事と人生は切っても切り話せない関係にあります。

次の仕事を考える時、「選ばなければ仕事はいくらでもある」と考えるのは非常に危険です。

なぜなら、仕事の不満は人生の不満につながってしまうからです。
不満は、背を向け続けるとどんどん増えますが、真っ向から戦えば小さくなります。

嫌な仕事をやらないためにも、仕事を選択することをあきらめてはいけません。

あんとにお

誰にでもできる簡単な仕事を選んではいけません。

よりよい仕事を選ぶ努力をして、自分の得意や好きが活きる仕事を見つける努力が大切です。

新卒が仕事を辞めたくなったら後悔する前にやるべきこと4選

仕事を辞める前に考えるべきことが理解できたら、最後に行動を起こしましょう。

具体的には、仕事を辞める前に以下の4つに取り組むと、仕事を辞めてからも楽に生きることができます。

  • 自己分析
  • 自己投資
  • 貯金
  • 転職サイトへの登録

自己分析

自己分析は必ずやっておきましょう。
自己分析というと、就活生が必死にやるイメージですが、何歳になっても重要です。

なぜなら、キャリアの正解はたくさんありますが、失敗を防ぐためには不正解を避けることが重要だからです。

運命の出会い<不正解を避ける

やってみて向いてないなと感じた時は、自己分析が足りなかった証拠です。

苦しかった時の話をしようか」では、「人から言われることが一番の強みであり、社会から求められていることだ」と言われています。

あんとにお

持って生まれた強みをどうやってより良くして、どうやって生かすのか考えることが大切です。

「でも相談できる人なんかいない…」という方は、ツールを使って強みを見つけるのがおすすめです。

具体的な強みの見つけ方については、「失敗しない自己分析3選|手っ取り早くやりたいことを見つける方法」で解説してます。 

ストレングスファインダーは有料でできる自己分析ツールですが、かなり精度が高いのでおすすめです。

無料で強みを見つけたい人は、リクナビNEXTで無料でできる「グッドポイント診断」がおすすめです。

転職サイトとしても優秀なので、まだ登録していない方はぜひ挑戦してみてください。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

自己投資

まだ仕事を死ぬほど辞めたい場合じゃないとき、自己投資をするのも一つの手段です。

自己投資とは、スキルを高め、将来的に大きなリターンを期待する投資です。

年収アップ、理想の働き方を実現したいなら、自己投資は必須です。

20代におすすめの自己投資は、以下の通りです。

  1. 読書
  2. 副業
  3. 情報発信
  4. 資格取得
  5. 筋トレ・フィットネス
あんとにお

すべて私の実体験に基づく内容です。

心の底からやって良かったことを紹介するのでぜひ参考にしてください。

詳細が気になる方は、「【まだ間に合う】20代の社会人におすすめの自己投資5選」で詳しく解説してます。

貯金

私は、貯金100万円で仕事を辞めました。

最低でも、仕事を辞めてニートを満喫したい!という方は、必ず貯金をしておきましょう。

もしあなたが会社を辞めて転職する場合、期間はザックリ3か月程度かかります。

その期間を耐え凌ぐだけの資金力があれば安心です。

地方住みの方は、都市部に面接に行く場合も、お金はかかります。

あんとにお

zoomなどの対談も増えているとはいえ、必ずお金がかかることは覚えておきましょう。

転職サイトへの登録

どうしても、今の会社を辞めたくなったら、辞める前にとりあえず転職サイトに登録しましょう。

次を決めずに退職するのもありですが、転職活動をしておいて損はありません。

転職を考えることで、今抱えている悩みや不安について深く考えることができます。

✖漠然としたイメージ

○今の会社に対して、何が不満、どうすれば解消

今の会社で抱える悩みが、他社で叶えられるかどうかは、他社を知らなければ分かりません。

また、転職サイトに登録することで、環境が恵まれていることに気づく人も多くいます。

会社内で価値を高めれば昇給や昇進を通じて、良いポジションが取れます。

漠然とした不安、悩みを明確にするためにも、転職を考えることは大きなメリットがあります。

あんとにお

求人を眺めると、世の中の年収水準、今の年収の妥当性が分かります。

会社に不満を抱えている人ほど、転職は最高の選択です。

退職後に後悔したくない新卒は転職エージェントを活用しよう

新卒を辞めて転職する場合は、以下の2つを特に見られます。

  • 定着するか
  • 活躍できるか

企業は、新卒で仕事を辞めた人は何か問題があるのでは?と疑い、同じように辞めてしまわないか不安になります。

転職が不安な方は、優秀な転職エージェントを使えば、「大事にする軸」「今の不満」「自分は何に興味がある」かについて、一緒に考えてくれます。

他にも、転職エージェントを使うメリットがあります。

転職エージェントを使うメリット
登録後も完全無料で使える
・ブラック企業を排除した求人を探してれる
・職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
・転職に関する相談をなんでも乗ってくれる

やりたことを見つけるため、価値観、求人を知ることができるのも、転職エージェントを使うメリットです。

簡単に登録できるので、気軽に相談してみてください。

あんとにお

転職エージェントは複数利用することで、求人の比較検討が簡単にできます。

20代におすすめの転職エージェントは、下記記事で解説してるのでぜひ参考にしてください。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

まとめ:退職後に後悔しないために、新卒は今できることにチャレンジしよう

私が新卒で仕事を辞めて後悔したことは、以下の通りです。

  • 給料が下がる・無くなる
  • 会社員は死ぬほど恵まれていた
  • 自力のなさに気づいた
  • 親戚・友人に顔を合わせづらくなる
  • 新卒カードが消えた
  • 自己肯定感が下がった
  • 強みが中途半端になった

仕事を辞めるか辞めないかの判断基準は、後悔を考えた時にそれでも次の転職先が自分にとって魅力的な時です。

会社がつまらないから、仕事が楽しくないなどの理由で辞めると、何のスキルも身に着かずに、次から次へと転職を繰り返す「転職難民」になってしまいます。

同じ転職でも、基本スキルを持って辞めると即戦力になれますが、スキルなしで転職するとゼロからのやり直しでお荷物社員になってしまいます。

あんとにお

会社を辞めること自体が目的になってはいけません。

例外として、身に危険を感じた時は、一目散に逃げましょう。

「つらい」「苦しい」を我慢しないといけない環境は、一刻も早く逃げた方がよいです。


仕事辞めたいなぁと感じたら、今日紹介したことを実践しておくと、次への一歩を踏み出しやすくなります。
退職前に準備しておくことで、心の余裕にも繋がります。

会社への不満、キャリアへの不安、年収を伸ばしたいと転職を真剣に考えている人は、ぜひ転職エージェントをご活用ください。

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!