MENU
会社辞めたい

新卒で退職した末路は負け犬の人生?半年で辞めてもええじゃないか

  • 新卒だけど既に仕事を辞めたいのはヤバい?
  • 新卒ですぐ辞めた人のその後が知りたい
  • 新卒で退職した末路を明るくするにはどんな行動を取ればいいの?

こんなお悩みを解決します。

実は、新卒で仕事を辞めたからといって、負け犬の人生にはなりません。

元々人間の脳は、ネガティブな情報をキャッチしやすい性質です。
なので、新卒で仕事を辞めたら人生オワコンと感じるのは、過剰に情報を取得している可能性が高いです。

あんとにお

ネガティブな情報に惑わされることなく、きちんとした情報、実体験を参考にしましょう。

私は、新卒で入社した大企業を9ヶ月で退職しました。

辞めた当初は、「新卒なんかで辞めたら人生終わりだ…」と感じてましたが、それは間違いでした。

なぜなら、辛くてつまらない仕事をしていた時より、今現在好きな仕事をしている方が何倍も幸せを感じているからです。

この記事で分かること
  • 新卒で退職した人の行きつく先
  • 今おかれている状況のヤバさに気付けない人は危険
  • 【体験談】新卒で仕事を辞めたその後はどうなる?
  • 新卒で退職した末路を明るくする方法

この記事を読めば、新卒で退職した末路を明るくする方法が分か、つまらない生活を抜け出すことができます。

結論、新卒で仕事を辞めても、人生の巻き返しは十分可能です。

あんとにお

より良い働き方、人生の生き方を追い続けることが重要です。

妥協しない、人生を歩みましょう。

おすすめの転職サイト
  • doda
    【公式】:https://doda.jp/
    転職者満足度№110万件以上のトップクラスの求人数
  • リクナビNEXT
    【公式】:https://next.rikunabi.com/
    リクルートが運営。転職者の8割が登録するサイト。
おすすめの転職サイトを紹介
【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

【結論】新卒で退職した末路は終わりじゃない

まず、「新卒で仕事を辞めたら人生終わり」という暗いイメージは幻想です。

新卒から終身雇用が保障され、日本の経済が伸び続けていた時は、たしかに良い会社に入って、定年まで続けるのがモデルケースでした。

新卒で仕事を辞めるなど言語道断、そのような雰囲気が漂い、長く続けてこそ偉いという風潮です。

当時は、新卒で仕事を辞めるのは甘えと言われ、非常に生きづらい時代でした。でも今は違います。

新卒で仕事を辞める人は1割程度いて、3年以内に仕事を辞める人は3割もいます。

転職が当たり前になり、2人に1人が転職経験者という時代です。


とはいえ、新卒で仕事を辞めた後の人生はどうなるか疑問を抱く人も多いですよね。

あんとにお

新卒で仕事を辞めた末路は、自分で考えて行動すれば、けして暗いことにはならず、むしろ明るくすることができます。

「辞めずに働き続けてるから幸せ」と考えるのは早計です。

新卒で仕事を辞めた人は、自分の人生を一から考え直しています。
その結果、「やりがいはないけど、もったいないから辞められない」と思いながら働く人より、何歩もリードしています。

日本で暮らしている以上、仕事を辞めてもなんとかなることが大半です。

これらの理由から、転職が当たり前になり、好きな人生を生きやすくなった現代において、新卒で仕事を辞めた末路はけして暗いニュースではありません。

新卒ですぐ辞めた人が行きつく先は3つ

新卒で仕事を辞めた人が行きつく先は、概ね3つです。

  • すぐに転職する
  • アルバイト・ニートになる
  • フリーランスになる

私は、次を決めずに退職して「自分で稼ぐ経験をしてみよう」と思い、フリーランスになって副業ブログをスタートしました。

それぞれのメリット・デメリットを順番に解説します。

すぐに転職する

新卒で仕事を辞めても、第二新卒ならすぐに転職ができます。

仕事を辞めたら当然職を失うので、第二新卒として、新たな職探しをする人が大半です。

ただ、すぐに転職することは、メリット・デメリットがあるので順番に解説します。

すぐに転職するメリット

すぐに転職するメリット
・お金の不安がない
・自己肯定感が下がらない
・新卒で感じた不満や悩みを解決できる選択肢がある

すぐに転職することで、お金の不安や負い目を感じることなく、キャリアをやり直せます。

第二新卒は、新卒で感じた不満や悩みが具体化されているので、それを回避できれば働きやすい環境に転職ができます。

第二新卒は、基本的に新卒同様ポテンシャル採用です。

転職活動をする際は、

  • 定着するか
  • 活躍できるか

の2点を見られ、企業にマッチする人材と見られれば、無事に内定がもらえます。

今は、第二新卒に特化した求人サイトもあるので、比較的簡単に転職はできます。

すぐに転職するデメリット

すぐに転職するデメリット
・焦って転職した結果、職を転々とする
・自分の軸が見つかっていない
・簡単に採用される会社は労働力としてしか見てない

一方、退職後すぐに転職することで、失敗するケースもあります。

転職に失敗するケースは、目先の年収アップ、好待遇につられて失敗し、企業を転々とするパターンです。

入社した結果、仕事が合わなかったり、職場の雰囲気が最悪だったりして、1年以内で再就職を余儀なくされます。

大抵そういう会社は、労働力としか見ていないので、足りなきゃ足せばいいの考え方でブラックな働き方を強いられる可能性があります。

あんとにお

転職に失敗すると、転職エージェントだけが儲かる仕組みになります。

自分の理想像をハッキリさせないと、失敗の元です。
信頼できる転職エージェントについては、下記記事で解説してます。

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

アルバイト・フリーターになる

新入社員の退職後の末路と聞いて、アルバイトやフリーターなどのニート生活を想像する人も多いですよね。

働き方は自由にもかかわらず、日本にいるとどうしても負け組に感じてしまうのがなかなかしんどいところ。

私も退職後フリーターの経験があるので、フリーターのメリット・デメリットはザックリこんな感じです。

メリット
デメリット
  • 何から何まで自由
  • 怒られることがなくなる
  • 人生の主導権が自分にある解放感
  • 収入が少ない
  • 世間体が気になる
  • 長引くと再就職しづらくなる

ぶっちゃけ、フリーターはかなり幸せです。

自分の好きなように生きることができて、「あぁ生きてるわ自分」と実感できます。

特にサラリーマンが辛くて辞めた人精神的に辛くて辞めた人にとっては、幸せな時間です。

あんとにお

仕事が嫌だなと思う人は一度、フリーターを経験するのも個人的にはありです。

お金を稼ぐ大変さも身に染みるし、自分の気持ちに素直になれます。

しかし、フリーター期間が長引くと再就職しづらいのはホントです。それは社会的にも、精神的にも。

フリーターにおすすめの転職エージェントを知りたい方は、「フリーターにおすすめの転職エージェント5選!」をあわせてご覧ください。

フリーランスになる

フリーランスは、アルバイトやニート同様に自由度がめちゃくちゃ高い働き方です。

一昔前は、

  • 会社で人脈を作ってから起業が基本
  • 平社員は、個人で仕事が取れないからフリーランスはムリ

と言われていました。

しかし、インターネットが発達したことにより、誰でも仕事が受発注できるようになりました。

あんとにお

いきなり大企業と仕事をするのは難しいかもしれませんが、個人で仕事を受託することは誰にでもできます。

手に職がある人なら、なおさら簡単です。

ココナラクラウドワークスのようなクラウドソーシングを使えば、自分のスキルを簡単に売買できます。

例えば、

  • Webライター
  • プログラミング
  • イラスト
  • ウェブデザイン
  • 文字起こし
  • アンケート

など、趣味や得意を生かした働き方が可能です。

孤独も感じやすいですが、会社に頼らず稼ぎたいという方は、フリーランスの選択肢もありです。

あんとにお

私もブログで、フリーランスとして活動しています。

実績0からでもできるので、フリーランスになりたい方にはおすすめです。

新入社員が半年で辞めたいはヤバい?退職を考えるべき状況とは

この記事を読んでいるあなたは、新卒だけどすでに仕事を辞めたいなと感じてますよね。

恐らくその気持ちは消えないし、消えたフリをしてどこかで折り合いをつけて、自分を納得させようと頑張るのが関の山です。

「とりあえずは3年続けないと…」と新人生活を過ごした結果、後悔することにもなるでしょう。

転職と副業のかけ算でも、「在籍期間よりも期間における中身が重要」と言われています。

貴重な20代を3年も過ごしたら、結婚ラッシュ、出産ラッシュが始まり、いよいよ転職できないし、行動が制限されます。

つまらなく、労働環境が悪い職場で過ごす時間は非常にもったいないです。

以下の状況に当てはまる時、退職を考えるべき状況かもしれません。

  • 人間関係が悪い
  • 興味が1ミリも湧かない仕事
  • 特徴が裏目に出る仕事
  • 就業時間が長い会社
あんとにお

理由と実体験も合わせて解説します。

嫌な仕事を永遠にしないといけなくなる前に、現状を正しく把握することが大切です。

人間関係が悪い

精神科医が見つけた3つの幸福では、「職場のストレス」の9割は人間関係であると言われています。

特に新入社員は、入社して時間が経ってないため社内での立ち回りはかなり難しく、ストレスを抱えやすい立場です。

私自身、職場の人間関係のストレスで涙が溢れることもありました。

新卒の場合、配属ガチャに失敗して、パワハラ上司にあたった場合はマジで最悪です。

他人を変えることはむずかしいので、嫌な上司と毎日過ごさなければいけません。

あんとにお

人間関係が悪い職場は、仕事に集中できません。

自分の能力も伸びづらいので、退職を考えるべき状況です。

興味が1ミリも湧かない仕事

興味が1ミリも湧かない仕事を続けることは、貴重な時間を無駄にしています。

私自身、営業の仕事がしたくて入社しましたが、実際働くとどうしても情熱が湧いてきませんでした。

辛抱強く9ヶ月はやってみましたが、興味が湧かずに怒られる毎日でした。

上司からは、「毎日目的持ってやってる人なんかいない」と言われましたが、自分でも驚くほどやりたくない仕事でした。

情熱がどうしても湧いてこない仕事で自分に嘘をついて働き続けると、後々自分がしんどい思いをします。

あんとにお

数か月、半年程度働いてみて、どうしても情熱が湧いてこない場合は、自分の気持ちに嘘をつくのはやめましょう。

やりたいことの見つけ方については、下記記事で解説してます。

【必見】失敗しない自己分析3選|手っ取り早くやりたいことを見つける方法強みを知りたいとお悩みの方必見。この記事では自己分析をする意味と、失敗しない自己分析を3つ解説。実は、「やりたいことが分からない」と言う人ほど、「自分には無理」と思い込んで何も行動していないパターンが多いです。この記事を読むと、自分に合った自己分析の方法が分かります。...

特徴が裏目に出る仕事

特徴が裏目に出る仕事は決定的に向いていない仕事です。

誰しも、何らかの特徴だったり長所を持って生きています。

あんとにお

私の場合、どちらかというと話すよりも、人の話を聞くのが得意な人間だったりします。

しかし前職は、不動産のゴリゴリの営業で、私の得意や好きは何一つ活きませんでした。

特に日本は、就職よりも就社が目的とされています。
とりあえず会社に入ってから、合う仕事を見つけようというのが日本の雇用のされ方です。

しかし、自分の得意が活きる環境にいくのが、自分と会社にwin-winの働き方です。

あんとにお

特報が裏目に出る仕事をしている場合、退職した方が幸せです。

ムダなストレスを減らすことにも繋がります。

自分の強みが分からないという方は、リクナビNEXTグッドポイント診断がおすすめです。

完全無料で使える「グッドポイント診断」を受ければ、15分程度で強みを5つ発見できます。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

就業時間が長い会社

就業時間が長い会社で何年も働き続けることは、苦行以外のなにものでもありません。

新卒で定時に帰れない職場は、残業が常態化し、今後も定時に帰れる可能性は少ないでしょう。

残業代が出るならまだしも、サービス残業させられている場合もありますよね。
この場合、労働基準法に違反しているブラック企業なので、速攻で辞めましょう。

休憩時間が取れない職場も危険です。

労働基準法第34条では、以下の通りに休憩時間が定めらています。

  • 労働時間が6時間から8時間以内、最低休憩時間は45分
  • 労働時間が8時間を超す場合、最低休憩時間は1時間

基本的にサラリーマンは8時間労働の人が多いと思います。
そのため、1時間以上の休憩時間を権利として保有しています。

それにもかかわらず、「忙しいから」「皆やってるから」と弁解する会社はブラック企業です。

あんとにお

残業が常態化すると、会社のコミュニティがすべてになり、残業が当たり前になります。

心身を疲弊しすぎないためにも、ブラック企業は早めに抜け出した方が良いです。

職場の労働環境に疑問を感じたら、親に相談するなり、厚生労働省の相談窓口を活用しましょう。

【体験談】新卒で仕事を辞めたその後はどうなる?

私は、仕事を辞めたこと自体に後悔はしていませんが、大企業の新卒を辞めて後悔したことはあります。

ここでは、仕事を辞めたその後起こった変化について解説します。

今、仕事を辞めようか迷ってる人の参考になればうれしいです。

  • 親戚・友人との関係性
  • お金が苦しい
  • 心身の体力が回復する

親戚・友人との関係性

仕事を辞めると、親戚や友人と距離が離れます。

「仕事辞めたんだ」と友人に言うと、だいたい質問攻めされます。
「何で辞めたの?」「次の仕事どうするの?」「どうやって暮らしてるの?」といった感じに。

向こうからしたら興味津々かもしれませんが、こっちとしては聞き飽きているし、話したところで雇ってくれるの?となるので正直ウザいです。

あんとにお

こういう会話や若干の負い目を感じるので、親戚や友人と段々距離が離れていきます。

特に私は、高校、大学ととんとん拍子で進学し、大学も予備校に通わずに有名私立大学に合格することができました。

親戚や友人の間でも、「あいつは優秀」というレッテルを貼られていたので、とても新卒で仕事を辞めるやつとは認識されていませんでした。

私も会社を辞めてからは、気まずい状況が嫌だったので、皆が集まるような席には極力いかないようにしていました。

友人と頻繁に会うと、「皆働いてるのに、自分だけ働かなくていいのかな」「仕事の話してるのについていけない」劣等感を抱きます。

そのあたりの関係性が、仕事を辞めて変わったことです。

あんとにお

まぁ自分の人生だから好きに生きればいんじゃね?と言われればその通りなので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

お金が苦しい

新卒で仕事を辞めると、必ずお金の問題に直面します。

すぐに転職する人はよいですが、精神的に辛くて仕事を辞めた人にとっては休息時間も必要です。

とはいえ、お金の問題から目を背けるのは危険です。

あんとにお

あらかじめ、かかる支出を計算し、備えておくことが大切です。

具体的には、仕事を辞めると下記のようなお金を自分で払う必要があります。

  • 毎月の固定費【家賃、水道代、電気代】
  • 携帯代
  • サブスクリプション
  • 娯楽費
  • 生活費
  • 健康保険
  • 国民年金
  • 奨学金
  • 住民税

仕事を辞めたいと感じた時は、退職後払わなければいけないお金を計算しておきましょう。

心身の体力が回復する

仕事を辞めたポジティブな変化は、心身の体力が回復したことです。

仕事を辞めると、圧倒的に自由な時間が増え、ストレスフリーになります。

時間に追われ、仕事に追われ、心身が疲弊していた人にとって、最高の休息時間です。

一日の流れがゆっくりに感じて、時間をすべて自分に使えます。

散歩も気持ちいいし、流れる雲を眺めるもよし、温泉でサウナに入るのもかなりリフレッシュできます。

甘えすぎと言われるかもしれませんが、新卒で仕事を辞めると人生の主導権が取り戻せるのは事実です。

あんとにお

仕事が辛い人は、一度自由な時間を増やすのがおすすめです。

新入社員が退職したその後を明るくする方法

新卒で仕事を辞めた後の人生を明るくするためには、とにかく行動が大切です。

自分を見つめ直す貴重な時間になり、人生がパッと明るくなります。

いきなり仕事を辞めてしまう前にもできることなので、ぜひ参考にしてください。

  • 興味のあることにチャレンジする
  • 転職活動をしておく

順番に解説します。

興味のあることにチャレンジする

退職後の道を明るくするためには、興味のあることに集中してみましょう。

趣味や得意なことなんでもOK。向いている仕事は、常に自分の中にあります。

転職の思考法では、好きなことを見つける方法として以下の2つが紹介されています。

1.他の人から上手だと言われるが「自分ではピンとこないもの」から探す方法

2.普段の仕事の中で「全くストレスを感じないこと」から探す方法

興味のあることをやり続けた結果、向いてる仕事、得意な仕事が自然と出てきます。

読書などの自己投資をして、興味を広げることもおすすめです。

おすすめの自己投資については、「20代の社会人におすすめの自己投資5選」で詳しく解説してます。

あんとにお

とりあえずやってみて、合うかどうかはその時次第。

興味があることをやるなかで、強みを見つけることが大切です。

転職活動をしておく

転職活動をすると、今抱えている悩みや不安について深く考えることができます。

漠然としたイメージ

○前の会社に対して、何が不満、どうすれば解消

仕事は、私たちの生活には切っても切り離せません。

転職しないと、ひたすらお金が減り、段々と人に会うのが気まずくなるのは事実です。

やりがい、年収、人間関係、ワークライフバランス、会社の将来性、働く環境など、何が自分にとって大切で譲れないものか考えることができます。

「そんなこと一人で考えられない…」という方は、優秀な転職エージェントを活用しましょう。

優秀な転職エージェントを使えば、「大事にする軸」「今の不満」「自分は何に興味がある」かについて、一緒に考えてくれます。

転職エージェントの良いところは、転職を考え始めた時でもきちんと対応してくれる点です。

  • すぐに転職するつもりがなくてもOK
  • キャリア相談だけでもOK

今の悩みをスッキリさせて、よりよい仕事に就く選択を転職エージェントはしてくれます。

あんとにお

自分で求人を探すと、表向きはホワイトでも、中身がブラックの企業にあたる可能性があります。

転職活動をしておけば、今いる会社のヤバさに気付くきっかけにもなります。  

【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説 転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい転職を失敗しない選び方、進...

まとめ:新卒ですぐ辞める人の末路は暗くない!自分次第で明るくできます

新卒で退職した末路は、けして暗いニュースではありません。新卒で仕事を辞めても、十分巻き返しは可能です。

新卒で仕事を辞めた人に与えられる選択肢は、概ね3つです。

  • すぐに転職する
  • アルバイト・ニートになる
  • フリーランスになる

退職を考えた時に一番やってはいけない選択は、他人のせいにして自分の人生を生きないことです。

他責思考になると、せっかく仕事を辞めて自由を手に入れても、気落ちして暗い末路になります。

仕事がどうしても辛いという人は、今日紹介したような選択肢、心情の変化があることを知ると、後々役立ちますよ。

もう耐えられない!と投げ出す前に、転職活動や自己分析をしておくと、その後の人生がグッと楽になります。

転職エージェントへの相談は無料でできるので、興味のある方は気軽に相談してみてください。

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!