20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

【要約・実践】世界一やさしいやりたいことの見つけ方

こんにちは、あんとにおです。

この仕事をずっと続けるのはどうなんだろう…。自分は本当は何がしたいんだろう…。

このような悩みを抱える方は多いですよね。

そんな何がしたいか分からない人たちを救う一冊が、今回紹介する『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』です。

\63時間限定!タイムセール祭り開催中/
Amazon

本書では、人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッドが論理的に学べて、実践的なワークを通じて本当にやりたいことが見つかる優れものです。

とはいえ、今までそう言ってずっと騙されてきた…。自分にはやりたいことなんかない。と諦めている方もいるでしょう

しかし、本書のワークをすべて実践した私が断言します。もう自己分析では悩む必要はありません。やりたいことは必ず見つけることができます。

今回は、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を要約して、今日から実践できるワークを紹介します。

仕事で何がしたいか分からない方は、「【20代必見】仕事で何がしたいか分からない?100年使える思考法」をあわせてお読みください。

タップできる目次

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方の自己理解メソッドの概要

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を書いたのは、年間200人以上の「やりたいこと」探しをサポートする、いわば自己分析のプロである八木仁平さんです。

中田敦彦さんの『YouTube大学』でも取り上げられて、一躍有名になりました。

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』では、自己理解メソッドを用いて、論理的にやりたいことを見つける方法を教えてくれます。

私たちがやりたいことを見つける必要があるのは、仕事がやりたいことじゃないと悪循環にハマるからです。

  • 仕事がストレスだからストレス発散にお金を使う
  • 仕事に興味がないから学ぶ気にならない

本来、やりたいことを仕事にしたら成長できたはずなのに、仕事がつまらないからどんどん退屈になる負のループにハマります。

あんとにお

モチベーションが全くない仕事を続けるのは大変です…

敵を知り己を知れば百戦危うからずは、孫氏の言葉です。

やりたくもない仕事に人生を支配されるのではなく、本当にやりたいことに出会うきっかけを本書は与えてくれます。

なぜ私たちのやりたいことが見つからないのか

あなたの周りにも、一生自己分析をしてる人はいませんか?

実は、自己分析をどんなにやっても、ほんとうにやりたいことは見えてきません。

その理由は、やりたいことが分からないのではなく、やりたいことの正しい見つけ方を知らないからです。

行動が足りないからと行動量を増やして、興味のあることを片っ端からやっても、さらに選択肢が増えて分からなくなります。

あんとにお

選択肢をどんなに増やしても結果は変わりません…

また、「どの道を進むのが一番メリットがあるか」と考えてから行動するのは危険であると本書では語られています。

メリットだけで道を選ぶと、変化の速い現代においては今後通用しなくなる可能性があるからです。

例えるなら、

  • 今は仮想通貨が稼げるから
  • フリーランスの時代だから
  • プログラミングスキルが重要だから

このように道を選択すると、通用しなくなった時に苦労します。

重要なことは、「どうすべきか?」で判断するのではなく「どうしたいか?」の判断基準を持つことです。

転職すべきか残るべきか分からなくなる原因は、自分が本当に求めるものを知らないからです。だから、皆が羨む大企業が正解と思い、他人の価値観で判断して後悔します。

やりたいことの誤解

私たちはやりたいことが湧いてこないことに嫌気がさしますが、それは誤解している可能性が高いです。

本書では、やりたいこと探しをする前に、思い込みを取り除いてくれます。

真実間違い
今一番やりたいことをやればいい
やりたいことを見つけても最初は興味レベル
自分のために生きることが人のためにもなる
見つけるには自己理解するしかない
やりたいことは自分の中にある。実現手段は社会の中にある
一生続けられることでなければいけない
やりたいことを見つけた時には運命的な感覚がある
人のためになることじゃないといけない
見つけるには行動しかない
やりたいことが仕事にならない

まずはやりたいことに対する悪い思い込みを解いてから、本書のワークを進めることが重要です。

やりたいことを見つける方法

やりたいことを見つけるためには、3つの要素があります。

引用:八木仁平公式サイト
  • 大事なこと=自分は何のために働くのか
  • 好きなこと=自分はどんな分野で働くのか
  • 得意なこと=自分はどんな強みを使ってどうやって働くのか

この3つの要素を組み合わせて、2つの公式が生まれます

  • 好きなこと×得意なこと=やりたいこと
  • 好きなこと×得意なこと×大事なこと=本当にやりたいこと

重要なことは、考える順番です。

好きなこと

得意なこと

大事なこと

好きなことは、あくまで仕事の目的を実現するための手段です。

好きなことを仕事にすることはできますが、一生好きで居続けられるかはわかりません。まずは、大事なことから生まれる「仕事の目的」を見つけていくのが大切です。

そして、「好きなこと」の前に「得意なこと」から見つけましょう。私たちのやりたいことが見つからない最も大きな原因は、「見つかっても仕事にできそうにない」という思考のブレーキがかかっているからです。

やりたいことを見つけるときにどうしても、「お金の問題が…」「今更遅いよな…」とやらない理由ばかり出てきます。

逆に、なんでも仕事にして生活していけるという自信があるなら、やりたいことは非常に見つけやすくなります。

あんとにお

それぞれの要素を深堀して解説します。

大事なこと

本書の最も重要なポイントは、大事なことを見つける作業です。

大事なことの具体例

  • 自由に生きたい
  • 好きなことをして生きたい
  • 穏やかに生きたい等

大事なことは、自分自身の内側に向くと人生の目的が決まります。逆に他人や社会などの外側に向くと、仕事の目的が決まる重要な要素です。

自分自身の内側=人生の目的
他人や社会などの外側=仕事の目的

やる気が出ない仕事を辞めたいと多くの人が悩むのは、価値観を中心に仕事をしていないからです。

年収1,000万円稼ぐために仕事をしてます!という人はいつか息切れします。それは、本当のあなたの価値観ではなく、社会で作られた偽りの価値観だからです。

「~したい」が本物の価値観で、「~べき」は親・社会から押し付けられた価値観

とはいえ、どのように本当の価値観を見つけていけばいいのか。価値観をあらわにする質問を5つ紹介します。うまく答えが出てこないときは、巻末に30の追加質問が用意されています。

価値観に関する質問

  • 尊敬する人は?
  • 思春期に影響を与えた大きい経験
  • 今の社会にたりないものは?
  • (周囲に聞く)何を大切にしてそう?
  • (他人に助言)伝えたい行動

とにもかくにも、やりたいことは自分の価値感があってこそです。順番に質問に答えて、自分だけの仕事の目的を決めましょう。

あんとにお

時間はかかりますが、一番力を入れるべきポイントです。

得意なこと

得意なこととは、成果を出すために使える無意識な思考・感情・行動パターンのことです。

簡単に言うと、クセのようなものが得意なことです。

得意なことの特徴

  • やっていて心地いい
  • 頑張らなくても無意識にやってる
  • ストレスが無いので夢中になりやすい
  • 他の人に対して「なんでこんなこともできないの?」と思う
あんとにお

無意識に行っている行動の中から、得意なことに気付くことが大切です。

自分を変える必要はありません。自分の中の長所に気付いて生かすことが大切です。

経営学者のピーター・ドラッカーは「強みのみが成果を生む。弱みはたかだか頭痛を生むくらいのものである。しかも弱みをなくしたからといって何も生まれはしない。強みを活かすことにエネルギーを費やさなくてはならない」と言っています。

短所を直すよりも、長所をどんどんとがらせれば「圧倒的な成果と充実した仕事」がに入ります。

下記の5つの質問に答えると、得意なことを見つけることができます。ゴールは、長所が10個見つかっている状態です。

才能に関する質問

  • 一番充実していた体験は?
  • 最近イラっとしたのはいつ?
  • (周囲に聞く)「自分の長所は?」
  • 仕事をやめたとして、もっとやりたかった部分は?
  • これまでで成果が出たことは?なぜ成果が出たか
あんとにお

自分にしかない長所は必ず見つかります。

好きなこと

好きなこととは、自分の情熱がある分野のことです。

好きなことの特徴

  • 興味があってもっと知りたいと感じる
  • 関わるだけで面白いので「これが本当に仕事でいいの?」と感じる
  • 「なんで?」「どうすれば?」のような問いが湧いてくる

好きなことを仕事にできれば、努力する必要はありません。自然と夢中になります。

好きなことを見つける注意点としては、野球が好きだから、野球関連の仕事を選ぶは間違いです。

なぜなら、野球の中でもどんなことをしている時に楽しいのか「得意なこと」もセットで考える必要があります。

好きなことを見つける質問は、次の5つです。5つの質問で好きなことが分からなければ、巻末に30の追加質問が用意されてます。

情熱に関する質問

  • 今お金を払ってでも勉強したいことは
  • 本棚にはどんなジャンルの本がある?
  • 救われたと思えるものやジャンルは?
  • お礼を言いたい人・仕事は?
  • 世の中に対して怒りを感じたことは

知らず知らずのうちに好きなことに蓋をしてるケースは多いです。夢とか好きなものは新たに見つけるものではありません。

あんとにお

小さなやりたいことが好きに繋がります。

やりたいこと探しをする際の注意点

これまで紹介してきたように、質問に答えるだけで論理的に自己理解できるメソッドが本書には詰まっています。

しかし、やりたいことを探す時の注意点もあります。本章では、本書に記載があることから私が「躓いたポイント」を厳選して紹介します。

  • 得意とスキルは違う
  • 将来のために生きるのを辞める
  • やりたいことは仮説でOK

順番に解説します。

得意なこととスキル・知識は違う

「得意なこと」と「スキル・知識」を混同すると、人生の可能性が狭まります。

先述したように、得意なことが見つかればなんでも仕事にできます。

しかし、得意なことは生まれつき持っているもので、スキル・知識は後天的に身に着けられるものです。

得意なこと…人の気持ちを大事にできる。1つのことを突き詰められる

スキル・知識…英語が話せる。プログラミングができる

生まれ持った資質と言い換えてもいいかもしれません。

幼少期から培ってきたパーソナルな部分を、得意なこととして発見しましょう。

将来のために生きるのを辞める

やりたいこと探しは、正直面倒くさいです。自分と徹底的に向き合わなければいけないため、根気が必要です。

そうなると「今回も自分探しは微妙だから、とりあえず将来役立ちそうなスキルでも身に着けるか」と将来のために生きてしまいます。

簿記の勉強をしたり、プログラミングの勉強をしたり、投資の勉強をしてみたりと本質とズレた行動をしてる人は多いです。

あんとにお

やりたいことの先にあるなら良いですが…

そうではなく、自分と向き合う時間を作り、先延ばしにするのを辞めましょう。今の悩みは一生続きます。

本当に転職していいのか何がしたいんだろうと常に悩んでいる方は、今が変えるチャンスです。今の積み重ねが将来に繋がっていることをお忘れなく。

やりたいことは仮説でOK

やりたいこと探しをしても、最初から「これだ!」と運命的な出会いを果たすのは非常に難しいです。

完璧を求めると苦しくなります。

そうではなく、とりあえずの仮説を持っておけば、後は行動するうちにブラッシュアップできます。

このように、行動して修正していけばどんどん本当の「やりたいこと」に近づいていきます。

自己分析の手助けになるツール

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方』を実践できれば、誰でも心の奥底に眠っていたやりたいことが段々見えてきます。

見栄や恐怖から解放されると、生きるのがグッと楽になります。

とはいえ、自己理解メソッドを実践するのは本当に大変です。途中で投げ出したくなるほどしんどいです。

あんとにお

2週間以上かかって本当にきつかったです…

そこでおすすめなのが、ツールを使って自分の性格をあらかじめ理解しておく方法です。

これはカラーバス効果といいます。

カラーバス効果とは

自分が意識している情報は、自然と目に飛び込んできやすくなるという心理現象のことです。「周りにある赤いモノを見つけてください」と言われると、今まで気づかなかった赤いモノが見えてくるというものです。

このカラーバス効果は、やりたいこと探しでも役立ちます。自分の性格や関心のある事柄を知っているだけで「あ、今のは自分の○○性が活きたのか」と気づくことができます。

時間が無くて自己理解メソッドをすぐに実践できない人は、30分程度あればできる次の方法をお試しください。

グッドポイント診断

グッドポイント診断は、無料で使える精度の高い自己分析ツールです。

グッドポイント診断は、リクルートが持つ独自のノウハウを活かして開発した、約30分でできる本格診断サービス。

引用:リクナビNEXT

グッドポイント診断の特徴を表にまとめました。


グッドポイント診断
対象者リクナビNEXT会員
料金無料
利用の流れリクナビNEXT会員登録

診断スタート
問題数293問(3部構成)
所用時間30分
回答方式選択方式(4択)
診断結果の組み合わせ全8,568通り
おすすめポイント無料で精度が№1のツール
公式サイト公式サイトを見る
グッドポイント診断の概要

グッドポイント診断を受けると、客観的なデータに基づいた自分の強みが分かります。

あんとにお

実際の診断結果がこちらです。

「グッドポイント診断」を受けた結果、「自己信頼」「独創性」「高揚性」「受容力」「決断力」が強みとしてでてきました。

例えば自己信頼の診断結果は、以下のようなことが書かれていました。

あなたは自分の力に自信を持っており、たとえ目の前に大きな障壁があっても決してひるむことなく、信じた道をどんどん突き進むことができます。細かいことはあまり気にしないため、あなたのことを「おおらか」「自由」と評する人も多いかもしれません。

引用:リクナビNEXT公式サイト
あんとにお

自分でもめちゃくちゃ当たってる!!となんだか嬉しくなり、家族にも診断結果を見せましたw
家族にも賛同が得られたので、精度はかなり高いと思います…。

リクナビNEXTの会員になれば、誰でも「グッドポイント診断」を受けることができます。

完全無料かつ15分程度で診断できるので、忘れないうちにグッドポイント診断にチャレンジしてみてください。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える

価値観診断

より仕事に紐づいた自分の価値観を知りたい方には、転職アプリ『VIEW』のキャリア診断がおすすめです。

アプリをインストールして3分程度の診断を受ければ、AIがあなたにあうキャリアをランキング化してくれます。

私が診断した結果

下記のように自らの価値観がベースとなっているので、本当に自分に合った仕事が見つかります。

あんとにお

自分の強みを元にした仕事内容が分かって、かなり参考になりました。

AIが経歴と価値観から天職を診断してくれる日本初のAIキャリアシミュレーションなので、興味がある方はぜひお試しください。

\かんたん3分でAI診断!20,000以上のデータから算出/

登録後も完全無料で使える!

まとめ:やりたいことは時間をかけてじっくり見つけよう

正直、自己理解メソッドをやらなくても死にはしません。多くの人が優先順位を下げ、“今”の楽しいことに注力します。

しかし、本当にやりたいことを見つけたいと考えるなら、さっさと自己分析を終えるべきです。

パッと視界が開けると、人生はどんどん楽しくなります。

心の中にモヤモヤを抱えている方は、今が動き出すチャンスです。時間をかけて、心の奥底にある「本当にやりたいこと」を見つけてください。

少しでもこの記事が参考になればうれしいです。それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる