おすすめビジネス書

転職・キャリア形成に悩んだときに読む本7選+番外編1冊

転職・キャリア形成で参考になった本が知りたい
小手先のテクニックより、本質的な内容が知りたい
今日から行動できるような本が知りたい

こんなお悩みを解決します。

私は、年間100冊以上の本を読んでいます。2021年は、転職・キャリアに関する本を20冊以上読みました。

その中から、転職を考え始めた人でも理解しやすく、本質的な内容がギュッと詰まった本を厳選して7冊紹介します。

人生100年時代の中で使える、転職の普遍的な思考法が学べる本ばかりです。

気になる本があれば、ぜひ読んでみてください。

【迷ったらコレ】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説転職を考えてるけど、どの転職支援サービスを使えばいいか分からない20代におすすめの転職エージェントが知りたい失敗しないエ...

転職・キャリア形成に悩んだときに読む本7選+番外編1冊

本記事では、転職のスタートラインに立つ人でも読みやすく、本質的な内容を伝える本を選んで紹介しています。

  • 転職を考え始めた人
  • 今後のキャリアに漠然とした不安がある人
  • やりたいことが見つからないと嘆いてる人


以上に当てはまる人は、ぜひ興味のある本を読んでみてください。一人で机に座って考えるよりも、パッと視界が開けます

本は、その道の専門家の血のにじむような努力の結晶です。自分では想像もつかないような発見が多くあるでしょう。

私たちは本を読むことで、改めて自分を見つめ直すことができます。

キャリアを考えるうえで、内省する時間は絶対に必要です。自己と対話する中で、よりよいキャリアを選択していくのがベストなのです。

私も、20冊以上の転職本から得た知見を活かしたり、リクナビNEXTの自己分析ツールを使ったりして、「自分が本当に歩みたいキャリアは何か」と真剣に考えるようになりました。

自分では思いつかない思考法が身に着き、独自の強みを発見することもできました。

一人で考えても埒が明かない方は、本や自己分析のツールを使うと、適職ややりたいことが段々と見えてきますよ。

あんとにお

今の仕事になんとなくモヤモヤするという方は、ぜひ参考にしてください。

転職の思考法

おすすめポイント

・転職に関する超普遍的な思考法が学べる
・ストーリー形式で話が進み、共感しやすく読みやすい

本書の結論は、全ての人が「いつでも転職できる状態」になることです。

転職にネガティブな印象を持つ人は多いですが、転職できるぐらいの市場価値を身に着ければ、職業だけでなく人生の生き方も変わります。

嫌いな上司に指図されることもないし、無価値な商品を嫌々営業する必要もないです。

もし理不尽なことがあれば、速攻で辞表をたたきつければいいだけです。


転職に不安がつきまとう理由について、本書では以下のように記されています。

多くの人が転職に恐怖を感じるのは、何かを手にするからではない。人生で初めて何かを手放すことになるからだ。しかも自分の意思で。

転職の思考法


転職に興味があっても、世間体、家族、給料、今後の人生を考えたらなかなか一歩踏み出せない人もいますよね。

その原因は、これまで積み上げてきたものを捨てる恐怖です。

「このまま今の会社にいていいのか?」と疑問を抱えたら、ぜひ本書を読んでみてください。
転職にまつわる、正しく普遍的な思考法を学ぶことができます。

【まとめ】北野唯我「転職の思考法」から学ぶ3つの思考法「このまま今の会社にいてもいいのか?」 満員電車に揺られ、馬が合わない上司と過ごす日々。 転職に興味はあっても、不安だし...

転職と副業のかけ算

おすすめポイント

・副業×サラリーマンは令和の最強タッグ
・戦略的に年収をアップする「軸ずらし転職」の第一人者

著者のmotoさんは、4度の転職を経て、年収240万円から1,000万円まで上昇させている方です。

フリーランスを目指す人も多いですが、著者は一貫してサラリーマン×副業最強説を唱えています。

サラリーマンと副業のシナジーを生み出すことで、年収の最大化を図ろうというのが本書の結論です。

さらにmotoさんの考え方には、給料は稼ぐものというマインドがあります。

「給料はもらうものではなく、稼ぐもの」
これからの時代は、会社も組織も自分のキャリアを保証してくれません。

転職と副業のかけ算

会社勤めが長くなると、与えられることが当たり前と思いがちですが、それは幻想です。
市場価値が高い人は、組織を成長させる能力を持った人です。

本書を読めば、生涯年収を上げる考え方や、常に自分を商品として捉え、市場価値を高める考え方を学ぶことができます。

【書評】転職と副業のかけ算~令和のサラリーマンの必読書サラリーマンはオワコンなの?とお悩みの方必見。この記事では、転職と副業のかけ算の書評を通じて、具体的な転職ノウハウとサラリーマンの働き方が最強である理由が分かります。実は、サラリーマンは、最強の働き方です。この記事を読めば、転職と副業をかけ算して年収をアップする方法が分かります。...

適職の結論

著:宇都宮 隆二(Utsuさん)
¥1,485 (2021/12/18 11:16時点 | Amazon調べ)

おすすめポイント

・強みを生かした仕事が知りたい人
・転職の基礎知識を身に着けたい人

自分に向いてる仕事は、自分で決めるしか方法はありません。

適職の最適解は自分の中にあるというのが本書の結論です。

特に印象に残ったのが、こちらの一文。

会社員として働く道を選ぶうえでは、まずは「自分はどうありたいのか?」という問いから出発すること。
しっかりと自分の内面を見つめて自分の強みに気づき、それを何かしらのアウトプットに繋げられる人に、チャンスの扉は開かれている。

つまり、揺るがない自分を作り上げ、新しい価値や変化をもたらす人が今後は評価されるというもの。

「そもそも自分は何がしたいのか」「今の会社で働き続けてもいいのか」「納得できる会社選びの方法を知りたい」という方に、マッチした本です。

あんとにお

どんな状態が自分の幸せか分かれば、本書で言う”適職”にたどり着くことができます。

転職学

著:中原 淳, 著:小林 祐児, 著:パーソル総合研究所
¥1,584 (2022/01/15 14:41時点 | Amazon調べ)

おすすめポイント

・一万二千人におよぶアンケート調査から分かった科学的なファクト
・常に学び続け、内省する人だけが転職を成功させる

僕は本書を読んで、ハッとさせられました。

それは、「もっと自分に向いてる仕事がある」は本書で言うところのマッチング思考で、いつまでも天職に出会えることはないと気付いたからです。

僕も、本書を読むまでは給与が良くて、休みもとりやすくて、上司がウザくない仕事が良いと漠然と考えていました。いい会社があれば転職したいそんな軽い気持ちです。

しかし本書を読んだ後、この考え方は確実に失敗すると感じました。

本書の結論は、「自分を見つめつつ、変えていくのが転職活動」です。マッチング思考と対になる、ラーニング思考です。

  • このまま今の仕事をしてもいいのか
  • どのように転職活動を始めればいいのか
  • 新たな組織に定着し、活躍するためにはどう行動すればいいのか

という一連の問いに対して、科学的なアプローチをして読み解いていく本が「転職学」です。

実際に、一万二千人に及ぶ大規模なアンケート調査を実施したそうです。

実用的なワークを通じて、自分のやりたいことを見つけよう!!というたぐいの本ではありません。

自己を変化し続け、常に学び続ける人こそが、転職を成功させる秘訣です。

転職に関する軸を、科学的な事実に基づいて判断したい人は大変参考になる一冊です。少し硬い本ですが、転職の一連のプロセスを知ることもできます。

転職2.0

著:村上 臣
¥1,584 (2022/01/15 14:41時点 | Amazon調べ)

おすすめポイント

・最新の転職情報が学べる
・個人のキャリアを築きたい人の必読書


本書は、「正しい転職の価値観」と「正しい転職の方法論」を指南してくれる一冊です。

一昔前は、新卒入社→会社の手厚い研修→異動も会社内で完結→ゼネラリストになることが一つの最適解でした。

会社と運命を共にするイメージです。

しかし、終身雇用が崩壊したことで、逆に個人のキャリアが築きやすくなったと考えるのが本書の立ち位置です。

従来の働き方だと、仕事は我慢と隣り合わせですよね。パワハラ上司、無意味な転勤、給料の低さは、安定した身分と引き換えに我慢してた象徴です。

転職2.0は、個人のキャリア形成を行うための方法論を教えてくれます。

あんとにお

エージェントの使い方から、企業を見分ける方法、自己の強みの探し方まで網羅しているので、転職の知識がない方でも一から学べる一冊です。

苦しかった時の話をしようか

著:森岡 毅
¥1,336 (2022/01/15 15:42時点 | Amazon調べ)

おすすめポイント

・自分の強みや特徴を生かした働き方が学べる
・マーケター目線から見た転職の思考法を学べる


本書は、マーケターの森岡氏が書いた本です。
マーケティングについても多くのページが割かれていますが、自分を高く売る点では転職とマーケティングはかなり近い分野です。

森岡氏は、「とにかく強みが生きる環境で働くことが大切」と本書で伝えています。

あんとにお

目的(転職)を達成するために自分の強みをどう生かすかという視点を学ぶことができます。

個人的に心に残ったのは、「目的に適う転職だけが良い転職である」という言葉です。

日本人は、他人の目を必要以上に気にしがちです。私も就活をしてるときは、他人から羨まれるような大企業を受けていました。内定はもらえましたが、自分の強みが生きる環境ではなく、劣等感や理想とのギャップを感じました。

この経験から、自分の価値観に従う大切さを学びました。

自分軸で強みを探す方法、強みを生かす方法を知りたい方におすすめの一冊です。

番外編:人生から逃げるコマンドを封印してるあなたへ

著:やしろ あずき
¥1,158 (2022/01/15 14:41時点 | Amazon調べ)

おすすめポイント

・会社を辞める勇気が出ない人
・自分ファーストで生きる思考法が身に着く

やりたくもない仕事を毎日こなしてる、真面目で責任感が強い人には、この一冊。

仕事を辞めたいと思いつつ、実際に行動に移せる人は周りを見渡しても少ないですよね。というよりも、仕事を休むことさえ罪悪感を抱く人もいます。


本書では、「日本は真面目な人ほど損をする社会」と語っています。

心に残った一文がこちら。

辞めたいなと思いつつ、逃げるコマンドから目をそらし、後に他のことを考える余裕もなくなるほど追い詰められ、心身がボロボロ。転職しようにも他に働けるところはないと心に支配される。

この一文を読んだとき、私ももっと早く辞めればよかったと死ぬほど後悔しました。

合わない仕事を続けても、自分が辛いだけです。「お金がないから辞められない」や「辞めたら人生終わり」は真っ赤な嘘です。

もし今、あなたの脳内に「辞めるコマンド」がなければ、一旦立ち止まることをおすすめします。

あんとにお

石の上にも三年と言ってるうちに、貴重な時間はどんどん過ぎていきます


転職すべきか残るべきかの判断基準は、「期待が持てるかどうか」です。もし会社に期待が持てないなら、嫌な会社を逃げ出す準備をしておきましょう。

関連記事:【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説

まとめ:キャリアに迷ったら本から学ぼう

本は、専門家たちの叡智が詰まっています。

1,500円程度で学べるので、コスパは抜群です。

時間がない方は、flier(フライヤー)の要約を聞けば、5分~10分程度でインプットできますよ。

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!