書評

【書評】転職と副業のかけ算~令和のサラリーマンの必読書

とにおくん
とにおくん
最近はフリーランスが流行ってるし、サラリーマンはオワコンなの?

サラリーマンは、最強の働き方です。

転職で年収UPし、副業で収入を得れば、金銭だけでなく心身に余裕が持てます。

また、転職、副業で成功すると、本業でのチャレンジが容易になります。
例え失敗しても、「会社を辞めればいいや」と軽いノリで行動できるのです。

今回紹介する「転職と副業のかけ算」では、具体的な転職ノウハウとサラリーマンの働き方が最強である理由が分かります

おすすめ読者
  • 転職を考えているけど一歩踏み出せない人
  • 副業をして給与以外の収入が欲しい人
  • 世の中の流れ的にサラリーマンオワコンじゃね?と感じてる人

とはいえ、年収アップするのも大変なのに、副業でも成功するなんて夢の話に感じますよね。

実際私も「頭の出来が良くて、学歴がいい人の特権だろ」と思いながら、本書を読み進めました。

しかし、本書は今日からできる具体的な転職ノウハウ、副業のスキルを学べる一冊です。

転職、副業について興味のある方はぜひ本書を手に取ってみてください。

¥1,283 (2021/09/22 12:16時点 | Amazon調べ)
\63時間限定!タイムセール祭り開催中/
Amazon

「転職と副業のかけ算」とは

著者は、年収5,000万円を超えるmotoさんです。

短大卒業後、ホームセンターに入社し、リクルート、楽天を経て年収1,000万円を達成。
サラリーマンの収入に加え、副業の年収は4,000万円以上あります。

motoさんの考え方は、すごくシンプルです。

「給料はもらうものではなく、稼ぐもの」
これからの時代は、会社も組織も自分のキャリアを保証してくれません。

会社勤めが長くなると、与えられることが当たり前になります。

しかし、会社に大きな利益をもたらす人こそ、市場価値が高い存在として扱われます。

それに加え、昭和と平成を貫いてきた「大企業信仰」はもはや幻想であるとmotoさんは主張します。

現代の安定は、「生き残る力」を自分自身が身に着けておく必要がある、とmotoさんは主張します。

現代の安定
  • 会社に人生を依存しない
  • 会社の看板に頼らずに稼げる
  • いつでも転職できる
  • 副業で給料以外の収入を持つ

どこでも活躍できる人よりも、組織を成長させる人がサラリーマンとして成功します。

転職と副業のかけ算を読んで心に残った箇所

「転職と副業のかけ算」の中から、私が参考になった箇所をかいつまんで紹介します。

是非参考になればうれしいです。

軸ずらし転職で年収をアップさせる

著者のmotoさんは、4度の転職を経て、年収240万円から1,000万円まで上昇させています。

年収は職種×業界で大枠が決まっています。

motoさんは、年収の高い業界や職種に軸をずらす「軸ずらし転職」をした結果、年収を大幅にアップさせました。

例えば、銀行の営業マンが転職をする場合、営業マンの職種を残しながらも、他業界へ転職することが「軸ずらし転職」です。

逆も同じで、金融業界で働きつつも、営業から人事に移動するパターンも軸ずらし転職です。

軸ずらし転職をすると大きな年収のアップが見込めます。

とにおくん
とにおくん
じゃあ皆「軸ずらし」転職をして、年収アップさせてるの?


しかし、そもそも未経験ということもあり、他業種+他職種への転職する人自体が少ないです。

転職する多くの人が「同業同職種」を選び、若干の年収アップや、役職を付けることでキャリアアップをする道を選びます。

同業種×同職種への転職は、せいぜい年収50万円アップや、マネージャー主任に着くのが限界と著者は述べています。

転職エージェントに相談しても、他業種、他職種は歓迎されないケースも多いです。
なぜなら、異業種転職は一般的に難しいと言われているからです。

年収アップだけを考えるなら、片足を残したまま行う軸ずらし転職をしましょう。

サラリーマンと副業は相性抜群

最近の流れで、「サラリーマンはオワコン」「これからの時代は好きに働けるフリーランス」と会社員=時代遅れの風潮が強くなりました。

しかし、サラリーマンには大きなメリットがあります。

それは、副業との相性が抜群なことです。
サラリーマンの経験は、副業に存分に生かすことができるのです。

そもそも、サラリーマンでいること自体、大きなメリットがあることを忘れてはいけません。

さらに著者は、本書で以下のように働き方を選んでいると述べています。

「サラリーマンでいること」のメリットを享受しながら、個人でお金を稼ぐという「手堅い立ち位置」を取り、生涯年収を増やす道を選びました

サラリーマンの盾を持ちながら、副業の矛を持てば、鬼に金棒です。

会社で学んだスキルや経験を活かして副業で稼ぐこともできます。
また、本業の繋がりを活かして、副業の案件をもらうことも可能です。

仕事が辛い、嫌な状態での転職はおすすめしない

年収アップに転職は必須ですが、おすすめしない時期があります。
その時期は、「仕事がツラい、今の仕事が嫌」と思ったタイミングです。

仕事がツラいとか、今の仕事が嫌になって転職を考え始めると「会社を辞めること」が目的となってしまい、たとえブラック企業であっても、内定が出たらすぐに転職をしてしまう傾向があります。


仕事が辛い状況で「あなたを欲しい」と言ってくれる会社があれば、すぐにでも転職したくなるのは当然のことです。

しかしそこで一歩踏みとどまり、情報収集を行い、自分の好きなこと、得意なことを探す必要があります。

追い求める理想を叶えることができれば、あなたは幸せになります。

やりたいことの見つけ方については、「【必見】失敗しない自己分析3選|手っ取り早くやりたいことを見つける方法」で詳しく解説してます。

とはいえ、会社に行くのがマジでしんどい、心がおかしくなる環境なら、全力で会社を辞めることをおすすめします。

次のスタートが切りづらくなるので、心に限界を感じたら全力で逃げましょう。

これについては、「脱サラした私が教える「仕事が辛い新入社員に伝えたいたった1つのこと」」で詳しく解説してます。

まとめ:転職と副業のかけ算は令和のサラリーマンの必読書

昭和、平成と時は流れ、令和時代は、個人の影響力がさらに高まる時代と言われています。

つまり、「どう生きるか」の部分が益々重要です。

今後は、転職と副業を掛け合わせて、生涯年収を上げる考え方や、常に自分を商品として捉え、市場価値を高める考え方が必須になります。

「転職」「副業」が当たり前になった時、貧富の格差も大きくなるでしょう。

短大卒から新卒でホームセンターに就職し、4度の転職を経てキャリアアップしたmotoさんの話は大変参考になります。

「転職と副業のかけ算」では、motoさんのように学び続け、変化し続ける重要性を学ぶことができます。

まだ読んでない方はぜひ本書を手に取ってみてください。

それではっ!!

¥1,283 (2021/09/22 12:16時点 | Amazon調べ)
\63時間限定!タイムセール祭り開催中/
Amazon