おすすめビジネス書

【書評】超ライティング大全~型を使ってバズるタイトルを作ろう

とにおくん
とにおくん
ブログのタイトルがなかなか決まらない…

なんかしっくりこないんだよね。

記事がバズらない、読まれない理由は、型を知らないからです。

web上で広く拡散されている記事、大手メディアが出す記事には、日常的にバズる型が使われています。

webに書いた文章で一番悲しいのは、せっかく書いた文章を誰にも見つけられず読まれないことだと本書で語られています。

そんなバズる型とwebライティングの基礎を教えてくれるのが、今回紹介する『超ライティング大全』です。

おすすめ読者
  • 記事タイトルに悩むライター・ブロガー
  • 記事ネタが思いつかない人
  • SNSで発信してる人

タイトルが決まれば、後は書くだけです。

時間も削減でき、文章を書く難易度がグッと下がるので、気になる方はぜひ本書を手に取ってみてください。

あんとにお
あんとにお
Twitterもやってます!(@antonioblog1997

『超ライティング大全』

著者は、「東洋経済オンライン」「文春オンライン」等の人気メディアで執筆した記事が総合1位を獲得する売れっ子ライターの東香名子さんです。

バズるの意味を確認しておきます。

【バズる】とは…

SNSを介して口コミで話題になること。その他、投稿した記事が、ウェブメディアで総合ランキング1位を獲得するなどの現象も「バズる」と表現する。

引用:超ライティング大全

本書には、初心者でもバズるタイトルテンプレート29個+バズる単語集136個が紹介されています。

この型に当てはめれば、誰でも簡単にバズるタイトルを作れるのが本書の魅力です。

バズる文章を学ぶ前に、「バズらない文章」に共通する4つのNGが紹介されています。

バズらない文章の共通点
  1. 何を言いたいか投稿(記事)なのかわからない
  2. 一文が長くて読みづらい
  3. 難解な言葉が多く、理解できない
  4. 途中から内容に興味がなくなった

逆に言うと、この4つを回避すれば離脱されることなく、最後まで読まれる文章になります。

どんなに良いタイトルをつけても、読者ファーストの記事内容でなければ読者は拡散もしないし、バズらないよねという考え方です。

次に、本書で私が学んだ3つのことを紹介します。

バズるテンプレ集で効率化

なんといっても本書の魅力は、バズるテンプレ集をゲットできることです。

バズるタイトルをつけないと、苦労して記事を書いた記事も誰にも読まれません。

とはいえ、自分の頭から言葉を引っ張り出すのはしんどいし、難しいです。

本書には、バズるタイトルの具体例も書かれているので、当てはめるだけでバズるタイトルが完成します。

例えばバズるタイトルとして、こんなものがあります。

A(プラスのことなのに)B(マイナスのこと)

例:美人なのにモテない女性の決定的な特徴

引用:超ライティング大全

 

あんとにお
あんとにお
めちゃくちゃ気になる(笑)

 

このようなテンプレが29個収録されているので、作業効率も上がり、クリックされる確率もぐんと上がります。

カンタン5分!読者に響くキーワードを調査

私たちは毎日、情報のシャワーを浴び続けています。

現代人の一日の情報量は、江戸時代人の一生分の情報量とも言われています。

通勤帰りに、なんとなくTwitterを見ている場合ではありません。

バズる記事を作るためには、読者研究が必要と本書では語られています。

具体的には、

  • ニュースアプリ(スマートニュース)
  • 雑誌(日経トレンディ、週刊SPA等)
  • webメディア(新R25、東洋経済オンライン等)

を使って、読者がどんな言葉に反応するか研究します。

自分の関連ジャンルを市場調査すれば、通勤時間も学びに使えます

情報過多の社会だからこそ、自ら情報を掴みに行き、無駄な時間を過ごさないことが重要です。

バズる記事は読者ファースト

前述したとおり、情報量の多いweb上では、タイトルによって、読まれるかどうか決まります。

しかし、タイトルだけ派手で中身がまったく伴わない記事は、読者の期待感を踏みにじる、無慈悲な行為だと本書では語られています。

バズる記事は、読者ファースト

売れない飲食店ほど、見栄えのいい写真と実物のギャップが大きいのと同じ原理です。

匿名だからといって、ネットで何を言ってもいいわけではありません。

本書では、適切な人に適切な情報を届ける入り口として、バズるタイトルの重要性を学べます。

超ライティング大全で学べないこと

本書で得られない、微妙だなって思った点は、文章についてあまり触れられてなかった点です。

バズるタイトル、言葉、ネタ探しに多くのページを割いているので、文章力はつきません。

文章について深く学びたい方は、『20代の自分に受けさせたい文章講義』が圧倒的におすすめです。

あんとにお
あんとにお
要約記事も書いてるよ!

ブロガー向けのおすすめ本も紹介してます!

文章が苦手な社会人必見。【要約】「20歳の自分に受けさせたい文章講義」今回は、文章が苦手な社会人におすすめの「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を紹介します。 社会に出ると、企画書やメールな...
【脱ブログ初心者】誰でも、スグに、文章力が上がるおすすめ本3選 文章を書くのが苦手ブログを書くために文章力を上げたい 初心者向けの文章の基礎を学べる本が知りたい こんなお悩みを解決...

『超ライティング大全』まとめ

バズるタイトル、単語を知りたい方に、本書はおすすめです。

冒頭でもお伝えしたように、記事がバズらない、読まれない理由は、型を知らないから。

バズること=真似ることであり、誰でも簡単に使えるスキルです。

ぜひ本書を読んで、バズるタイトル作りに挑戦してみてください。

それではっ!!