会社辞めたい

勢いで退職して良かったのは一握り?行き詰まる前にすべき行動3選

会社で嫌なことがあって辞めたい
勢いで退職しても大丈夫?

こんなお悩みを解決します。

実は、勢いで退職しても死ぬことはありません。

日本は社会保障制度が充実しているので、無職期間も保障され、仕事はいくらでも見つかります。

とはいえ、勢いで退職しても「こんなはずじゃなかった」と後悔してる人もいます

私は、新卒で入った会社を9ヶ月で退職しました。精神的に追い詰められ、軽いうつ病になったことをきっかけに勢いで退職しました。

本記事では、勢いで退職したら行き詰まる前にすべき行動について解説します。

結論、勢いで退職して良かった!と思いたい人は、事前に行動するのがおすすめです。

あんとにお

「勢いで退職して良かったの?後悔してない?」と気になる方は、ぜひ参考にしてください。

勢いで退職しても死ぬことはない!

日本にいる以上、勢いで退職しても、死ぬことはありません。

日本の社会保障制度は充実していて、仕事を辞めてもなんとかなるのがホントのところです。

たとえば、就労支援を受けることもできるし、失業保険がもらえれば、3ヵ月~半年ぐらいは平気で過ごせます。

やりたいことに挑戦するのもいいし、繋ぎのアルバイトで生計を立てることもできます。

こういった制度を知っていれば、会社でトラブって死ぬほど辞めたくなった場合でも安心して退職できることが分かります。

もし今、仕事が辛くて、ストレスで涙が出るような状況の人は、辞めて次の道を探しましょう。

会社の人員の替えはいくらでもいますが、あなたの身体の替えは一人もいませんよ。

とはいえ、勢いで退職した人が後悔していることがあるのも事実です。

私も、新卒で勢いで退職してしまいましたが、すべて良かったとは思っていません。少なからず後悔してることがあります。

関連記事:仕事辞めてもなんとかなる理由5選!20代で仕事辞めたらスッキリ爽快

【体験談】20代の私が勢いで退職して後悔したこと

私は、新卒で入社した会社を逃げ出すように退職しました。

辞めた当初は、

「明日から会社に行かなくていいってマジ?自由だぁぁーーーー」

と感じていました。

好きなドラマ、ゲーム、SNS徘徊を一日中やっても誰にも怒られません。控えめに言って、天国でした。

そんな私ですが、勢いで退職して後悔したことが2つあります。それがこちら

  • 自力がなく転職が不安になる
  • やりたいことが見つからない

関連記事:新卒1年目で辞めた後悔7選!大企業を退職した体験談を赤裸々告白

自力がなく転職が不安になる

仕事を辞めると、途端に自分の無力さに気づきます。

会社の肩書がなくなると、誰も話を聞いてくれないので、すべてが0からのスタートです。

あんとにお

特に、大企業に勤めている人ほど、理想とのギャップに苦しみます。


転職しようと考えても、「勢いで退職した自分なんかを雇ってくれるところは見つかるのか?」とめちゃくちゃ不安になります。

リクルートエージェントなどのサイトでは、求人数が10万件を超えているので、普通に面接すれば転職先も見つかります。

ですが、何も分からず、一日中ボーっと過ごしていると無力さを痛感します。

もし私と同じように、無力さを痛感してる人は、情報を取りに行くことで安心することができます。

あんとにお

冷静になれない人は、一度転職サイトを覗いてみるのもありかもしれません。

やりたいことが見つからない

私は勢いで退職したので、やりたいことが分かりませんでした。

転職によって何を実現したいか」の軸を明確にしないと、強みや志望動機が企業に伝わらないまま終わってしまいます。行動しようにも、何をすればいいか分からなくなります。


なので、やりたいことが見つからない人は強みとなる経験やスキルを認識し、大切にしたい価値観や思考を明確にしましょう。
あなたの価値観にマッチする会社に出会えれば、長く働き続けることができるので、お互いWin-Winです。

とはいえ、「一人で自己分析するのがどうしてもムリ!!」「気づいたらインスタ覗いてた…」という方には、ツールを使った自己分析がおすすめです。

おすすめの自己分析ツール

診断名グッドポイント診断 キャリアタイプ診断 コンピテンシー診断ストレングスファインダー
運営サイトリクナビNEXTDodaミイダスギャロップ社
料金無料無料無料有料
時間30分15分15分30分
イチ押しポイントクオリティが高い!!転職に活かしやすい!!市場価値が分かる!!34個の資質が分かる‼
総合評価
(5.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
(4.0 / 5.0)
(4.5 / 5.0)
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ストレングスファインダー以外は、すべて無料で使えます。

イチ押しは、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。

無料なのに診断のクオリティが高いのが特徴です。私も実際に受けましたが、特徴が完璧に当たってました。家族の同意も得られたので間違いなさそうです。

あんとにお

「やりたいことが見つからない…」と頭を抱えている人は、こういったツールを使うと楽にやりたいことが見つかります。

リクナビNEXTのグッドポイント診断はたった15分で自己分析ができる神ツールだった件この記事では、グッドポイント診断の感想を徹底解説。強みが分からない。手軽に自己分析したい。実は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を使えば、無料で精度の高い自己分析ができます。世の中にある自己分析ルールを使いまくった私が伝授します。...

勢いで退職して良かった!となるために取るべき行動

  • いつまでに転職するか決める
  • 退職理由を明確にする
  • 転職サイトに登録する

いつまでに転職するか決める

次を決めずに退職する場合は、転職スケジュールをザックリ決めておきましょう。

転職スケジュールを作るメリット

  • 逆算することでtodoが明確になる
  • 締め切り効果でモチベが上がる
  • スケジュールに対しての進捗確認ができて、改善しやすい

あらかじめ締め切りを設けることで、目標を達成しやすくなります。

実際、「2か月ぐらいで転職先が決まると思ったけど、意外と難航して貯金がきつくなった」という人もいます。

少し古いデータですが、リクナビNEXTの調査によると、退職後転職は53.8%が準備資金が不足したと回答しています。
一方、在職中転職者は、37.6%が不足したと回答しています。

(参考:ORICONNEWS『転職のための準備資金、いくらが相場?』

貯金がなくなると、興味がない仕事を嫌々する羽目になります。

ダラダラ離職期間を過ごさないためにも、入社予定日から逆算したスケジュールを組みましょう。

関連記事:【体験談】20代が次を決めずに退職はアリか?後悔しない対処法を教えます

退職理由を明確にする

転職活動をする際は、退職理由は必ず聞かれます。

企業からすると問題がありそうな社員を雇って失敗すると、無駄なコストがかかってしまうからです。

採用側が見ているポイント

  • 再現性→以前の職場での活躍を、そのままうちでもしてくれるか
  • 継続性→末永くうちの会社で働き続けてくれるか?

継続性を確かめるために、必ず聞かれる質問がこちら!

  • なぜ転職しようと思ったのか?
  • どうして今の会社を辞めようと思ったのか?

志望理由との一貫性がなく、ネガティブな退職理由を伝えると評価はがた落ちです。「どうせうちに入ってもすぐ辞めるだろうなぁ」と思われてしまいます。

なので、前職の不満を伝えるのはNGです。「今の私の軸には前社よりも、御社の方が合っている」という伝え方をしましょう。

ポジティブな側面を見せればOKです!

関連記事:合わない仕事をすぐ辞めるのはあり?新卒1年目で退職した私が対処法を解説

転職サイトに登録する

退職して本当に良かった!!となりたい人は、転職サイトに登録しておきましょう。

大手の求人サイトは、様々な業種・業界の採用情報を網羅しているのが特徴です。

求人サイトは、採用情報を掲載する企業からお金をもらっているので、転職希望者は無料で使えます。

転職サイトに登録するメリット

  • 求人情報の比較検討がしやすい
  • 業界・職種の相場観が分かる
  • オフィスの雰囲気、社内の雰囲気が一部分かる

自分のタイミングで、検索・閲覧・応募ができるので、いつどこでもアクセスできるのが強みです。

転職サイトはいくつか種類がありますが、本当におすすめできる転職サイトは限られています。

あんとにお

以下2つの転職サイトを使えば、とりあえずOKです。

  • リクナビNEXT
  • DODA

エージェントに相談して、すぐに内定が欲しい方は「【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方」をあわせてご覧ください。

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTのおすすめポイント

求人数40,000件以上の圧倒的な求人数
・企業とのマッチング機能を搭載
約8500通りからなる自己分析ツールを利用可能

リクナビNEXTは、株式会社リクルートが運営する転職サイトです。

20代が転職活動をする際は、必ず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの求人のうち、86%はリクナビNEXTだけの独占求人です。内9割以上が、正社員の求人です。

転職活動者の8割が使っているサイトなので、「転職に興味が湧いてきた」ぐらいの時期でも登録OKです。

さらに、約8500通りからなる自己分析ツール「グッドポイント診断」を使えば、あなたの強みが5つ分かります。もちろん、無料です。

あんとにお

スマホのアプリで簡単に使えるので、スキマ時間に使うこともできます。
是非一度活用してみてください。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

doda(デューダ)

公式サイト:https://doda.jp/

dodaのおすすめポイント

・10万件以上のトップクラスの求人数
・転職者満足度№1
・転職サイトと転職エージェントの二刀流

doda(デューダ)は、リクルートエージェントに次いで、2番目に求人数が多い転職サイトです。

dodaは、転職サイトと転職エージェントが一つのサービスになっているので、転職サイトで見つけた求人を転職エージェントに紹介してもらうことが可能です。

あんとにお

転職サポートも手厚く、「各種診断サービス」が無料で受けられるので、初めての転職の20代にもおすすめです。

まずは転職サイトとしても利用しつつ、気になる求人があれば転職エージェントに相談する形として使うのがおすすめです。

\カンタン5分で登録完了/

登録後も完全無料で使える!

まとめ:転職を考えているなら時には勢いも大切!

今回は、勢いで退職した人の末路を解説しました。

準備の差はあれど、時には勢いよく動き出すことも重要だと私は感じています。

会社には、上司がウザい、仕事内容がくそつまらないなど様々な不満があります。時には、部署移動やジョブローテーションで不満が解消されることもあるでしょう。

しかし、会社の価値観が合わない、この仕事はもう無理と解消されない不満が出たら転職する時期かもしれません。

人間は、変化が嫌いな生き物です。勇気をもって勢い良く動かないと、いつまでも同じ場所にとどまってしまいます。

転職にリスクは伴いますが、転職活動自体はノーリスクでできます。いい転職先が見つからなかったら、辞めなかったら良いだけです。

おすすめの転職サイトを知りたい方は、「【迷ったらコレ】20代におすすめの転職サイト・エージェント9選!失敗しない選び方を解説」へ

少しでも参考になればうれしいです。

それではっ!!