20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

転職活動に疲れた20代必見!手っ取り早く悩みを解決する5つの法則

転職先が決まらなくてもう疲れたよ…。どこでもいいから転職しようかな。

このような悩みを抱える方は多いですよね。

転職活動の終わりが見えない時は辛いよね…

特に、20代の転職はなんとかなると聞いてた人にとっては、「全然話が違うじゃないか!」と怒りたくなりますよね。

せっかく一歩踏み出したのに、転職先が決まらないと疲れるし、何より焦りが生まれます。

そこでこの記事では、転職活動に疲れた20代について様々な角度から説明していきます。

この記事を読めば、転職活動に疲れてしまった20代の心を楽にする方法が分かります。

今すぐに転職活動に疲れた20代を救う方法を知りたい方は、下記からご覧ください。

>>転職活動に疲れた20代の対処法を知りたい方はこちらをクリック‼

タップできる目次

20代が転職活動に疲れてしまう原因

転職活動に疲れたと感じる原因は、次の5つです。

  • 転職の仕方が合ってるのか分からない
  • 誰にも相談できずにストレスを抱える
  • 転職活動が長期化して焦ってくる
  • 転職でなんの仕事がしたいか分からなくなる
  • 仕事をしながらの転職活動が辛い

順番に解説します。

転職の仕方が合ってるのか分からない

20代で初めて転職する人にとっては、経験がないため正解が分かりませんよね。

就活の場合、みんなと同じように合同説明会に参加したり、ESを書いたり、面接を受けたりすれば内定が取れました。

しかし、転職活動は一人でやること盛りだくさんです。

  • 職務経歴書・履歴書の作成
  • 求人検索
  • 面接のスケジュール調整
  • 応募
  • 面接練習
  • 企業との条件交渉
  • 退職の手続き
  • 入社の手続き

やることが多いわりに、誰も答えは教えてくれません。

あんとにお

転職活動の進め方が分からないと疲れやすくなります。

第二新卒の転職活動の始め方については、下記記事をあわせてお読みください。20代で転職する方には大変参考になると思います。

誰にも相談できずにストレスを抱える

新卒の就活と違い、転職活動は一緒に闘う仲間がいません。

転職の悩みは、経験したことがない人に相談してもあまり参考になりません。上司や同僚に相談すると、転職しなかった時に昇進に響いたりするので、迂闊にはできません。

親に相談しても、「転職するのは早くないか?」「何の仕事をするんだ」と平気で言ってきます。心配なのは分かりますが…親ブロックありますよね。

友人は、性格やこれまでのキャリアが異なるため、的を得たアドバイスはもらいづらいです。

そうなると、誰にも相談できずにストレスだけが積み重なり「もう疲れたよ…」と感じやすくなります。

あんとにお

感情を吐き出せないのも苦しいです…

転職活動が長期化して焦ってくる

転職活動は、長期化して焦るとどんどん疲れてきます。

『転職活動期間に関する調査』/エン・ジャパンの調査によると、年代別では20代は9割の方が転職活動を「3か月以内」に終了させています。

しかし本アンケートは、転職コンサルタント130名が対象なので、自力で転職活動を行う人はさらに期間が延びる可能性が高いと考えらえます。

転職までの期間を考えると、退職までの期間を入れて半年程度の時間が必要です。

「20代だからもっと簡単に決まると思った…」「1か月ぐらいで転職活動が終わると思った」と感じる人も多く、理想とのギャップに苦しみます。

あんとにお

内定がもらえないとどんどん焦ってきます…

転職でなんの仕事がしたいか分からなくなる

転職に疲れてくると、次のような心情が湧いてきます。

  • そもそもなんで転職したいんだっけ?
  • 本当に転職する意味あるのかな?
  • やっぱり今の仕事をつづけた方がいいのでは?

転職活動が長期化したり、ストレスが積み重なったりすると、何がしたいか分からなくなる人は本当に多いです。

段々と転職にやる気が出ない状況になり、現状維持を選んでしまいます。

仕事をしながらの転職活動が辛い

先述したように、転職活動はやることが多いし、意思決定が続いてストレスがかかったりときついです。

そのうえ、仕事をしながらの転職活動は体力的にも精神的にも辛いです。

  • 面接のスケジュール調整が大変
  • 在職中は採用されにくいと思ってる
  • 働きながらの転職は休めない

働きながらの転職活動だと、どうしても時間を作ることが難しくなります。思うように仕事が休めず、上司に怪訝な顔をされるとなおさらしんどいですよね。

仕事しながらの転職活動が辛い方は、下記記事で対処法を解説してます。

疲れた状態の転職活動でやってはいけないこと

疲れたまま惰性で転職活動をすると、次のような危険性があります。

  • 転職先を妥協する
  • 自分を責める
  • 転職を諦める

順番に解説します。

転職先を妥協する

転職活動が長引いてしまうと、「ここでいいかな…」と妥協したくなる気持ちが出てきます。

転職先を妥協すると転職一年目が辛い状況になり、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまいます。

『転職と副業のかけ算』の著者のmoto氏は、「後がなくなると、「転職すること」が目的になってしまいます」と著書で語っています。

妥協すると本当にやりたい仕事ではなく、自分にもできそうな仕事を選択してしまいます。

自分を責める

精神的に疲れた状態だと、「自分はなんてダメなんだろう…」と責めてしまいます。

自分を責めても何もいいことはなし、結果は何一つ変わりません。

一般的に中途採用の書類通過率は約3割ほど、新卒就活約5割ほどといわれています。書類が通過しないのも「人材として価値がない」わけではなく、単に「マッチしなかった」だけです。

面接が通過しないのも、何かしら理由があります。一つずつ原因を修正していけば、内定獲得は見えてきます。

転職を諦める

転職を考えてる人は、何かしら不満を抱えているはずです。

怒鳴るパワハラ上司に傷ついていたり、見切りをつけた方がいい会社にいたり、状況は様々あるはずです。

あんとにお

転職したい気持ちにふたをすると、後々辛くなります。

転職は重要な意思決定を伴いますが、どこかで決断しなければいけません。

転職の思考法でも、「選択が失敗かどうかは、あくまで事後的にしか分からない。失敗につながる唯一の条件は覚悟を決めるべきときに覚悟を決められないこと」と述べられています。

疲れて転職を諦めないためにも、次に紹介する疲れた時の対処法をお試しください。

『仕事が決まらない!』と疲れた時の対処法

転職活動に疲れた時の対処法は、次の通りです。

  • 一旦休む
  • 転職エージェントを活用する
  • キャリアプランを考え直す
  • 面接対策をやり直す
  • 退職してから余裕を持って転職活動を始める
  • 20代の特性を理解する

順番に解説します。

一旦休む

転職活動に精神的にも肉体的にもきつい場合は、休むのも一つの選択肢です。

休む際は、期間を決めておくと転職を諦めなくてよくなります。

また頑張れそうな気持ちが戻ってきたら、復帰できるようにしておきましょう。

転職エージェントを活用する

転職活動は、時間との戦いです。

そんな忙しい転職活動者を救ってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントを使うメリット

  • 登録後も完全無料で使える
  • ブラック企業を排除した求人を探してれる
  • 職務経歴書、履歴書の添削をしてくれる
  • 転職に関する相談をなんでも乗ってくれる

転職のプロを利用することで、時間に余裕を持ちながら転職活動を進めることができます。

あんとにお

客観的な視点からアドバイスをくれるので、転職中のストレスもグッと減らせます。

とはいえ、「転職エージェントの選び方が分からない…」と悩んでしまう方も多いですよね。

400社以上の転職エージェントから本当に信頼できるエージェントを選ぶのはかなり大変です。

そこで20代から第二新卒の方が目的別に選べるエージェント厳選しました。自分の目的に合わせてお使いください。

転職エージェントの選択フローチャート

おすすめの使い方は、最大手で求人数が抜群に多いリクルートエージェント」を使いつつ、もう1社を自身の目的に合わせて使い分ける方法です。

各エージェントの詳細やおすすめの転職サイトについては、下記記事をあわせてお読みください。

キャリアプランを考え直す

転職活動に疲れて、「本当に転職していいのか」と悩んでいる方は今一度キャリアプランを見直しましょう。

転職で実現したい最優先事項は何かを考えることが重要

転職の軸を見つける3ステップ

  1. 理想の未来をイメージする
  2. 理想の未来とのギャップを書き出す
  3. ギャップを埋めるための最優先事項を考える
あんとにお

もう少し具体的に例を挙げてみます。

  1. 子どもとの時間を大切にしたい
  2. 休日出勤が多くて時間が足りない
  3. ワークライフバランスを整える、勤務地を変える等

10年後のイメージがしづらい人は、「こんな10年後は嫌だ」から考えるのもありです。

現状と未来を考えることで、自然と転職の軸が見えてきます。

「今の仕事をずっと続ける気はない…」と考えている方は、一度取り組むと頭がスッキリしますよ。

誰にとっても完璧な企業はありません。自分だけの軸をもとに判断しましょう。

参考記事:第二新卒がホワイト企業に転職したいなら『軸』が命の理由と転職するコツを解説

面接対策をガッツリやる

  • 面接がなかなか突破できない
  • 緊張して言葉が出ない
  • 面接が無理すぎて一生転職できない

このように悩んでいる方は、面接対策をガッツリ取り組みましょう。

具体的には、次の3つの方法がおすすめです。

  • 一人模擬面接をやる
  • 伝えたい意識を持つ
  • 志望理由と転職の軸に一貫性を持たせる

時間がないことを理由に、面接対策を疎かにする人は本当に多いです。新卒就活の時よりも緊張するし、なめてかかるとやられます……。

あんとにお

人生を左右する面接は、力を入れて取り組むべきポイントです。

先述した、転職エージェント面接対策もしてくれるので登録した際は気軽にお願いしてみましょう。

面接対策の本が気になる方は、下記記事をあわせてお読みください。

退職してから余裕を持って転職活動を始める

先述したように、仕事をしながらの転職活動は想像以上に辛いし大変です。

平日に面接で休むのも一苦労だし、土日は書類を作ったり、面接対策をしたりすると余裕で一日潰れます。

その点、転職先を決めずに退職すると、誰にも気を遣うことなく転職活動に専念できます。

転職活動に専念できる期間は、ライバルと差をつけるにも最適です。

あんとにお

「焦って転職して失敗」のルートを辿らなくていいので、長い目で見てもコスパは良いです。

次を決めずに退職するメリットとデメリットについては、「20代が次を決めずに退職は危険?転職先を決めない人が知っておくべきこと」をあわせてお読みください。

20代の特性を理解する

20代と一括りに言っても、社会人経験の年数で若干変わります。

中途=即戦力と思われがちですが、『超リテラシー大全』によると、「24歳~27歳は未経験でも「第二新卒」としての可能性がある」と言われています。

第二新卒とは、「新卒入社の3年以内に転職する若者」を一般的に指します。逆に、27~30歳は20代でも転職しやすいと言われています。

あんとにお

同じ20代でも転職で使える特性が異なります。

人事の経歴がある方に話を聞いたところ、

  • 第二新卒・・・ポテンシャル採用
  • 中途・・・即戦力

として期待しているそうです。

順調なキャリアを積んでいるのか、キャリアをやり直す転職かで事情は変わります。

即戦力を求めてる企業に、業界・職種共に未経験の人が応募しても内定を獲得するのはかなり難しいですよね。

企業が求める人物像と自分のキャリア事情が合っているか必ず確認しましょう。

まとめ:転職活動に疲れたら足元を見つめ直そう

新卒の就活と同じように転職活動を始めると、失敗する可能性が高くなります。

学生時代と違い時間が十分でなく、仲間もいないしで孤独な作業です。

最も手っ取り早い対策は、転職エージェントを頼る方法です。あなたの代わりに企業との交渉、面談のスケジュール調整などの面倒な作業を代行してくれます。

幸い、求職者は無料で使える(採用した企業がエージェントにお金を支払う)ので、リスクはありません。

転職エージェントは相談だけでも使えるので、時間がない、ストレスを抱えて疲れたと困っている人は一度相談してみるといいでしょう。

本当におすすめできるエージェントは、「【迷ったらコレ】20代・第二新卒におすすめの転職サイト・エージェント9選」からどうぞ。

少しでも参考になればうれしいです。それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる