215人に聞いた本当に使える自己分析ツールは!?

転職半年で仕事ができないのは無能?メンタルがしんどい時の対処法

転職半年で仕事ができないのはヤバい?みんなはどのレベルで仕事をしてるの?

こんなお悩みを解決します。

入社して半年が経っても仕事に慣れないのは、誰にでも起こりうることです。

あんとにお

私も入社して半年が経っても怒られることが多く、なんて自分は無能なんだろう…と悩んでいました。

仕事ができなくてしんどいなら、仕事が少しずつできるようになればメンタル面も回復します。

しかし、ストレスが限界な時は向いてない仕事の可能性が高いことも事実です。

そこでこの記事では、転職半年で仕事ができないのはヤバいのかどうかについて様々な角度から解説します。

結論、転職して半年で仕事を辞めても再就職はできます。

今の仕事が本当に辛いなら、転職して環境を変えるのも一つの手段です。

短期離職でも使えるおすすめの転職エージェントをまとめたので、ぜひ参考にしてください。

タップできる目次

【結論】仕事に慣れるまで半年はかかる

転職して新しい職場に慣れるまでは、3ヶ月~半年程度必要です。

最初は、

  • 仕事が慣れない
  • ミスが多い
  • 気を張っている

などの理由から、どうしても慣れるまでに時間がかかってしまいます。

転職後のストレスのピークは「入社後1~3ヶ月目まで」と言われています。

転職3カ月目で仕事がイヤに……転職後に感じるストレスと効果的な解消・克服法

DODAの調査によると、実に80.7%の人が「ストレスがあった」と答えています。「ストレスはなかった」と答えたのはたったの19.3%

新しい職場の人間関係になじめなかったり、前の仕事と比較して辛くなったりします。

転職者の約4割は、「転職しても半年以内に不満が解消されていない」データもあります。

あんとにお

日本だと転職が当たり前じゃないからなじむのが難しいところもあるよね…。

実際にSNSで調べてみると、様々な声があります。

このように、転職半年で仕事ができないと感じている方は多くいます。

転職3ヶ月の壁という言葉もあるぐらいなので、あまり気にしすぎず慣れるまで待ちましょう。

関連 転職3ヶ月の壁を乗り越える5つの法則【仕事が向いてない時の対処法も】

⇑ 目次へ戻る

転職半年で仕事ができないと感じる場面

転職して半年で仕事ができないと感じる具体的な場面は以下の通りです。

順番に解説します。

ミスばかりして怒られる

仕事ができない無能だと感じるのは、ミスをして怒られた時です。

一度のミスなら多めに見てくれることも多いですが、あまりにひどいと「人の話を聞かない人なのかな?」と周りに思われてしまいます。

あんとにお

必死にやってても報われないと自分の無能さだけが辛くなります。

そしてミスを重ねることでどんどんチャレンジがしづらくなります。

ミスをして怒られる

ストレスを抱えながら仕事

萎縮してミスを連発する

さらに怒られる

負のスパイラルにハマると、ミスを避ける安パイな道しか選択できなくなります。

関連 【当然】転職一年目は辛いよ。合わない転職先の特徴とシンプルな解決策

頼れる人がいない

気軽に相談できる人がいないと、仕事ができないループにハマってしまいます。

特に、配属された部署が忙しくて身近に質問できる人がいないと、仕事についていけなくなります。

会社の風土にもよりますが、外資系だと懇切丁寧には教えてくれないし、創業間もないスタートアップでは、社員が忙しすぎて質問しづらい雰囲気が漂っている会社もあります。

あんとにお

その結果、仕事をなかなか覚えることができずにミスを連発してしまいます。

仕事に慣れない

転職すると分からないことだらけでなかなか慣れません。

先ほどのDODAの調査の中にも、次のように結果が出ています。

ストレスの要因として「社風や文化がこれまで在籍したことのある会社と大きく異なっていた」「制度や社内ルールが在籍したことのある会社と大きく異なっていた」を挙げた人は、それぞれ12594いました。

どの会社や業界でも、必ずその会社特有の慣習や暗黙の了解はあります。

特に慣れるまでの最初の数か月間は、「転職しない方が良かったかも…」と後悔しやすいです。

関連 転職に迷う時はやめておいた方がいい?【本当に転職していいのか悩むワケ】

⇑ 目次へ戻る

転職して半年経っても仕事ができない時の対処法

仕事ができないままだと、何より自分が辛いです。

「お前はいつになっても成長しない」「ちゃんとしろ」と言われ、仕事のモチベーションが切れた結果、しんどくなります。

本章では、仕事ができる人間になるための対処法をご紹介します。

メンターをつけてもらう

競争意識が強く、助け合う文化がない会社だと、事務用品がどこにあるかの確認すら一苦労です。

何も教えてもらえないと転職した不安がムクムクと大きくなり、「早く辞めたい」と感じてしまいます。

解決策としては、分からないことを気軽に聞けるメンター(世話役)を上司から任命してもらうことです。

あんとにお

上司から任命してもらえれば、あなたに仕事を教えるのがボランティアではなく仕事になります。

遠慮することがなくなるので、転職の成功へと近づきます。

社内のパワーバランスを把握する

転職して半年で仕事ができない時は、とにかく会社になじむことが重要です。

具体的には、社内の人物相関図を描くと見つかります。

会社で描くなら、主人公は社長、脇役は誰になるのか。誰と誰が通じていて、誰と誰が反目しているのか。誰は誰のライバルなのか。

Aさんにアプローチしたいなら、どういう経路をたどって話を持っていけばいいのか。まず誰と誰に話をすればいいのかなど。

あんとにお

強調や対立関係などがわかると面白いです。

キーパーソンといい関係が築ければ、新たな職場でも働きやすくなるよ!

過去の会社と比較しない

転職して半年経っても仕事に慣れないのは、心のどこかで前職と比較しているケースも多いです。

「前はこうだったから~」で判断するのは悪手です。

郷に入っては郷に従えという言葉があるように、今の会社のルール内で成果を挙げるように努力しましょう。

あんとにお

前の会社で培ったスキルや経験は残しつつ、今の会社になじむことが重要です。

⇑ 目次へ戻る

入社半年でメンタルが限界な人の解決策

最後に、無能のレッテルを貼られて「もう辞めたい…」と感じた時の解決策を紹介します。

メンタルが限界な人は退職を検討する

仕事ができないレッテルを貼られると、本当に精神的に辛いです。

何をしてもうまくいかない気がするし、メンタルがどんどん落ち込みます。

具体的に仕事で限界を迎えた人の身体にあらわれる転職した方がいいサインをまとめました。

限界を迎えた時身体に現れるサイン
  • 自分でも信じられないようなミスを連発する
  • 突然涙が溢れた
  • 家に帰るとぐったりする
  • 会社に近づくだけで動悸がする
  • 眠れない・何度も目が覚める・寝てもスッキリしない・朝起きられない
  • 耳鳴りがする・耳が聞こえにくくなった
  • すぐに微熱が出る

これらのサインが出ている時は、退職を検討しましょう。

あんとにお

一度うつになると、復帰までに数年かかってしまう人もいます…。危険なサインは必ず見逃さないようにしましょう。

自力で退職を伝えるのが難しい人は、退職代行サービスを使うのがおすすめです。

退職代行サービスを使えば、嫌いな上司と会わずに会社を辞めることができます。

年齢別退職代行サービス利用者ランキング2021によると、男性の利用者1位が20代前半(20歳~24歳)40.3%で、女性の利用者1位が20代前半(20歳~24歳)38.5%と若者が使用するサービスが退職代行です。

退職代行を利用する理由

  • 短期離職だから自分から言い出しづらい
  • 会社を辞めさせてもらえない
  • 二度と出社したくない

面倒な会社との手続きをする必要もないので、転職前の大きなストレスから解放されます。

退職代行サービス辞めるんですなら、弁護士監修で退職率100%、会社や上司への連絡もすべて代行してくれます。

さらに、お金を払うのは辞めてからなので安心して利用することができます。

\気軽にLINEで無料相談や質問もOK/

退職率100%の実績!お金を払うのは辞めてから

関連 退職代行おすすめランキング10選!サービスの違いや失敗しない選び方を解説

適性のある仕事を探す

半年を超えてもなかなか仕事ができるようにならない方は、根本的に仕事が合わないのかもしれません。

無暗に仕事を続けても、とりあえず3年が過ぎた後「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

あんとにお

適性のある仕事を探すのにおすすめの診断ツールを紹介します!

転職アプリ「VIEW」のダウンロード
転職アプリ「」の説明①
転職アプリ「」の説明②
転職アプリ「」の説明③

適職を見つけるのにおすすめの方法は、若手ハイクラス向け転職アプリVIEW』の「キャリア診断」です。

キャリア診断の特徴
  • 簡単3分の診断でAIがあなたにあうキャリアをランキング化
  • 職務経歴書などのテキスト入力が無く手軽に診断
  • 価値観をもとに本当に向いてる仕事が見つかる

キャリア診断を受けると、「あなたが本当に大切にしている価値観や経歴にマッチした業界×職種」などが分かります。

あんとにお

実際の診断結果がこちらです‼

あなたの3分診断レポート①
あなたの3分診断レポート②

あなたの3分診断レポート:筆者診断結果

価値観×経歴にマッチした業界×職種1位
価値観×経歴にマッチした業界×職種2位
価値観×経歴にマッチした業界×職種3位

価値観×経歴にマッチした業界×職種TOP3:筆者診断結果

キャリア診断を受けた結果、私はWeb広告やIT系の仕事が向いていることが分かりました。

戦略的思考が深く、個人としての独立志向が強いあなたには、Web広告やITサービスがオススメ。特に、方針策定を担っていける環境が最適です。

引用:キャリア診断
あんとにお

特徴的な強みもかなり的を得ていると感じました…‼

価値観×経歴にマッチした具体的な企業名も出るので、漠然と転職やキャリアに不安を持つ方にもおすすめできます。

3分程度で完了するため、ゲーム感覚でスキマ時間に診断してみましょう。

\かんたん3分!大事な価値観が分かる最新AI診断/

アプリをインストールするだけで診断

関連 転職アプリ『VIEW』の評判・口コミを調査【自己分析を簡単にサポート】

キャリア診断以外にもおすすめの適職診断をご紹介します。

22種類の中から各部門のトップを厳選

自己分析のおすすめツール

価値観を知りたい人向け
キャリア診断(VIEW)…簡単3分で価値観や経歴に合う業界・職種を診断

強みを知りたい人向け
グッドポイント診断(リクナビNEXT)…リクルートの独自ノウハウを活かした診断

適職を知りたい人向け
適職診断テスト(Re就活)…エニアグラムを用いて9つのタイプから診断

性格を知りたい人向け
パーソナリティ診断(ミイダス)…生まれ持った個性を8つの分類から診断

適正年収を知りたい人向け
市場価値診断(ミイダス)…簡単5分で7万人の転職データから診断

\タップで拡大します/

転職の自己分析ツール・アプリのカオスマップ
転職に役立つ自己分析ツールのカオスマップ

転職活動を始めてみる

仕事が向いてないと1年目で感じる人は転職活動を始めてみましょう。

あんとにお

いきなり仕事を辞めなくても、転職活動はできます。

休職中に転職できた体験談もあるぐらいなので、一度休んでから転職活動を始めるのも一つの手段です。

短期離職は人生終わりと思われがちですが、転職エージェントを使えば市場で人気がある求人を紹介してもらえます。

転職エージェントの利用は、完全無料です。
転職エージェントは相談だけでもOKなので、身構える必要はありません。

とはいえ、転職一年目の短期離職者がエージェントを使えるの?と不安になる方もいますよね。

短期離職した人におすすめのエージェントをまとめたのでぜひご確認ください。

短期離職した人でも使える転職エージェント
あんとにお

詳しくは下記記事をあわせてご覧ください。

⇑ 目次へ戻る

転職半年で仕事ができないと悩む人によくある質問

転職後はどれくらいで慣れる?

転職後慣れるためには、3ヶ月~6ヶ月程度の期間が必要です。この辺りから仕事のストレスも減ってきます。

短期退職のメリットはなんですか?

短期退職するメリットは、いち早く向いてる仕事に転職できる点です。応募の段階では、いい会社や天職に見えても入社後のギャップが大きくなることもあります。特に若い場合は、何度でもやり直しが可能です。

>>転職で“とりあえず一年頑張る”は危険すぎる件【仕事を一年耐える末路】

転職後のストレスはいつまで続きますか?

転職後のストレスのピークは「入社後1~3ヶ月目まで」と言われています。

転職まで何年我慢すればいいですか?

転職したいなら何年も我慢する必要はありません。「とりあえず3年は働くべき」といった風潮がありますが、どんどん行動しづらくなるので、我慢がきついなら早めに決断しましょう。

>>とりあえず3年の3年が過ぎましたが転職すべき?早く動かないとヤバい

まとめ:転職半年後にメンタルがきつい人は次の手を考えよう

転職して半年で仕事ができない、慣れないと感じる人は少なくありません。

一人で抱え込むのではなく、周りのサポートを受けつつ、少しずつ仕事ができる社員になれば問題は解決します。

どうしても今の仕事が合わない、向いてないと感じる方は、退職・転職も一つの手段です。

既にうつっぽい、よく眠れないなどの症状が出ている方は危険なサインが出ています。

転職回数が多いと人生終わりではないので、次の手を打ち始めましょう。

少しでも参考になれば嬉しいです。それではっ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次