20代・第二新卒におすすめの転職サイト詳しくはこちら

辞めて欲しい人に取る態度5選【会社を辞めて欲しいサインは転職の合図】

会社を辞めて欲しい人にはどんな態度を取る?会社を辞めて欲しいサインなんて本当にあるの?

このような疑問を解決します。

会社を辞めたほうがいいのか迷うよね…。

私はかつてブラック企業に勤務してる際、仕事ができないことを理由に上司から会社を辞めて欲しいサインを感じていました。

そこでこの記事では、私の実体験をもとに会社を辞めて欲しい人に取る態度について解説します。

この記事を読めば、辞めて欲しい人に取る態度が分かり、嫌な仕事を続ける必要がなくなります。

結論、仕事が合わないと感じたら別の職場に転職して環境を変えるのが最も合理的な選択です。

タップできる目次

会社を辞めて欲しい5つのサイン

会社を辞めて欲しいサインは、以下の5つです。

順番に解説します。

仕事の量が意図的に減る

会社を辞めて欲しい人に、意図的に仕事量を減らす人がいます。

「仕事しなくていいのかラッキー!」と思うかもしれませんが、数か月も続くと暇で死にそうになります。

なんだかんだ人間は、誰かの役に立ってる実感がないときついものです。

周りとの温度差も感じます…。なんとなく居心地が悪くなり、退職に追い込まれてしまいます。

会話が少なくなる

会社を辞めて欲しいと思われると、会話が激的に減ります。

意図的かは分かりませんが、「こいつと話してもいいことがない」と思われてるのは間違いないでしょう。

コミュニケーションを取る機会が減ると、仕事にも悪影響が出ます。

なんでもない質問もしづらくなったり、楽しそうな会話に入っていけなくなったりして、これまた居心地が悪くなります。

急に自分を避けるような動きが見られたら、会社を辞めて欲しいサインかもしれません。

頻繁に注意される

辞めて欲しいと思われると、理不尽に叱られることが増えます。

さっきまでOKが出ていたのに突然NGになったり、ミスをなすりつけられたり、納得のいかないことが起き始めます。

仕事上のことは仕方ない面もありますが、性格や人間性を否定されるようになったら注意が必要です。

私もかつて、何か行動をするたびにグチグチ言われて嫌気がさしました。仕事への積極性もなくなるので、ドツボにハマります。

苦手な上司と組まされる

学校でも、パートでも、職場でも、どんなところにいっても苦手な人はいます。

  • 仕事を他人任せにする人
  • 人の話を聞かずに自分の話ばかりする人
  • ちょっとしたことにもすぐ怒鳴る人

苦手な人のタイプもその理由も様々です。

社員に辞めて欲しい時は、わざと苦手そうな上司と組ませてストレスを与えます。

自主退職を促すために苦手な上司と組まされるのは、会社を辞めて欲しいサインです。

できない仕事を振られる

仕事の量が減るのと逆で、手に負えない仕事を振られた時は会社を辞めて欲しいサインです。

はじめて取り組む業務にもかかわらず何も説明をされなかったり、期限ぎりぎりに仕事を振られたりと嫌がらせに近いことをされます。

定時間際に仕事を振るのも、悪質な対応です。

できない仕事を無理に押し付けられた時は、会社を辞めて欲しいサインです。

職場を辞めて欲しいと思われてる人の特徴

職場を辞めて欲しいと思われてる人の特徴は、次の3つです。

順番に解説します。

権利ばかり主張する

仕事に対する意見ではなく、有休消化や時間外労働などの会社員の権利ばかり主張すると、煙たがられます。

当然、社員を軽んじて残業代を払わなかったり、有休消化をさせなかったりするブラック企業はクソです。

とはいえ、仕事の実績がないうちに権利ばかりを主張すると「口だけのやつ」と思われてしまいます。

私もかつて新卒で入社した際、有休や残業について質問しすぎた結果、上司と口論になる場面がありました。

あんとにお

権利は主張するべきですが、あまりこだわりすぎる良いことはないです。

やる気がないのを態度に出す

株式会社ビズヒッツが実施した『仕事のやる気が出ないときに関する意識調査』によると、30代94.4%が「仕事のやる気がでない時がある」と回答しています。

とはいえ、あからさまに態度に出していいことは何一つありません。

やたら休憩を多くとったり、仕事に取り組む姿勢が後ろ向きだと、周りから「辞めて欲しい」と思われてしまいます。

日本の雇用体系は、成果によるものではなく時間給であることがまだまだ多いです。そのため、同じ量の仕事をしないと「あの人だけズルい」と反感を買います。

ミスを認めず言い訳ばかりする

上司に怒られても、「でも」「だって」と言い訳する人は、辞めて欲しいと思われてしまいます。

言い訳をすると、一時的に責任逃れができます。

しかし、いつも言い訳ばかりだと普段から疑いの目を向けられ、本当に他人のせいの時には信じてもらえず、すべて自分が悪く見えてくるのです。

信頼関係が築けないと、「こいつには仕事を振らない」と見放されてしまいます。

辞めて欲しい雰囲気を感じた時の対処法

社内で辞めて欲しい雰囲気を感じた時の対処法は、以下の3つです。

順番に解説します。

信頼できる第三者に相談する

10社を渡り歩いた人とかなら、今の職場が異常なのか、自分に問題があるのか判断できます。

しかし、なかなか客観的に自分を見られる方はいませんよね。そんな時は、利害関係がない人に相談すると正しくあなたの状況を判断してくれます。

あんとにお

信頼できる第三者は、友人や家族でもOKです。

思わぬアドバイスがもらえることもあるので、辞めて欲しい雰囲気を感じた時はひとまず他人の意見を聞いてみましょう。

仕事ができる人になる

会社を辞めて欲しいと思われるのは、往々にして仕事のできが悪い可能性があります。

会社は、仲良し集団ではありません。仕事で結果を出して初めて、一人前と認めてもらえます。

最も簡単な解決策は、どんなに小さな仕事でも任されたらすべて完璧にこなしましょう。そうすれば段々と大きな仕事が任されるようになります。

あんとにお

まずは信頼を積み上げて、仕事ができる人になるのが重要です。

仕事ができないと感じる方は、「新卒が仕事できないは当たり前のウソ。先輩をイライラさせない5つの解決策」をあわせてお読みください。

転職する

ほんの少しでも今の会社で働けて楽しい、やりがいがある、と思えたらいいのですが、全くダメだと耐えられなくなったら無理せず転職を考えてみましょう。

転職を考えることは決して悪いことではありません。

メンタルを病んでしまう会社は、見切りをつけたほうがいい会社の特徴に当てはまります。

転職を考える際は、今の会社のどんなところが自分に合わなかったのかを分析して次の会社で同じような思いをする可能性を減らすことが大切です。

仕事しながらの転職が辛い人は、会社を辞めて貯金を切り崩しながら転職活動だけに専念するのも選択肢としてはありです。

あんとにお

転職先を決めずに退職するリスクはありますが、心がグッと楽になります。

転職に役立つサイトやエージェントについては、下記記事を参考にしてください。

まとめ:会社を辞めて欲しいサインを感じたら転職を視野に入れよう

今回は、会社を辞めて欲しい人が出すサインについて解説しました。

日本の雇用制度は強力なので、簡単には人を解雇できません。そのため、陰湿ないじめに近い対応をして“自主退職”を促すことがあります。

会社にしがみつく理由がないなら、別の環境で働きましょう。自分をいらないと言ってくる会社ではなく、必要だと言ってくれる会社を選ぶほうがお互いに気持ちよく働けます。

「自分を欲しい企業なんてあるのかな?」と不安な方は、転職活動を始めてみましょう。

実際に転職活動を始めると、今のあなたのリアルな市場価値が分かります。

もし今の環境に納得ができないなら、無理に会社に合わせる必要はなく、転職も選択肢の一つに入れた方がよいかと思います。

転職活動をする際は同じ失敗をしないように、転職サイト転職エージェントを使って会社を徹底的に調べましょう。

離職率や残業時間などちょっと聞きにくい情報が、いざという時の役に立ちます。

少しでも参考になればうれしいです。それではっ!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
タップできる目次
閉じる