会社辞めたい

【体験談】新卒の仕事できないをすぐに解決するとっておきの対処法5選

あなた

新卒が仕事できないのは当たり前なの?
上司から無能扱いされてしんどい
雰囲気も合わないし辞めようかな

こんなお悩みを解決します。

新卒で入社すると、自分が一番できない存在になります。
怒られてばかりならまだいいですが、存在価値すら疑う状況になると本当にキツイです。

私も新卒の時、散々仕事ができないと上司に言われ続けました。最初は「くそ!見返してやる!」と思っていましたが、段々と精神的に辛くなり、新卒で入社した会社では仕事ができないまま退職しました。

とはいえ、当時のことを冷静に思い返すと、仕事ができないと言われていた原因がハッキリわかります。

退職後、書籍で仕事術に関する本を読み漁ったので、具体的な対処法を実体験を元にお伝えします。

あんとにお

仕事術に関して勉強したからこそ、上司の言葉の意味に気付くことができました。


仕事ができないままだと、2年目はさらに苦しくなります。一時の感情で退職しないためにも、まずは仕事ができる人になることが先決です。

この記事を読めば、考え方や取り組み方に変化が生まれ、仕事ができる新卒になることができます。

仕事を既に辞めたい人は、「新卒1年目で仕事辞めたい人の完全ロードマップ」をあわせてご覧ください。

新卒は仕事できない負のスパイラルを抜け出そう

新卒入社すると、仕事ができない自分に嫌気がさす人が多くいます。

下記のようなストレスを抱えて、仕事ができない、辛いと感じたことはありませんか?

  • 仕事が終わらなくて定時に帰れない
  • 昼休憩を返上して働くのが辛い
  • 毎朝起きて満員電車に揺られるのが辛い
  • 上司の機嫌次第で部署の雰囲気が変わる
  • 同期は楽しそうに仕事してるのに自分だけキツイ
  • 仕事の相談をできる人がいなくて若干浮いてる

少し挙げただけでも、新入社員は悩みが多く、辛い立場であることが分かります。

実際、新卒1年目の仕事の意識調査によると、64.1%が新卒1年目で仕事を辞めたいと思ったことがあると回答しています。

学生時代と異なり、新入社員として働くと自分が一番できない存在になります。
モチベだけは高く働き続けたとしても、毎日上司に怒られると、段々ストレスが溜まってきます。

「見返してやる!」と思ってるうちは良いですが、時が経つにつれ、「自分だけ浮いてる」「上司にお前はいらない」と言われ、辞めた方がいいのかな?と感じてきます。

しまいには、怒られるのが嫌になり、負のスパイラルへ突入です。

ミスをして怒られる

ストレスを抱えながら仕事

萎縮してミスを連発する

さらに怒られる

この負のスパイラルにハマると、ミスを避ける安パイな道しか選択できないようになります。

あんとにお

ミスを恐れず挑戦して仕事を覚えたほうが良いのに、非常にもったいないです。

仕事できない新卒の特徴。原因5つを解明

新卒が仕事をできるようにするためには、まず原因を解明することが大切です。

私も、仕事ができない新卒のレッテルを貼られていたので、気持ちはよく分かります。やることなすことすべてが空回りするあの感覚は、仕事ができる人には理解できません。

新卒が仕事できないと感じる原因は、以下の5つです。

新卒が仕事ができないと感じる原因5選
  • 他人と比較する
  • 結果を焦り失敗する
  • 人に頼るのが苦手
  • 仕事が向いてないと感じて楽しくない
  • コミュニケーションがうまく取れない

他人と比較する

人は、ついつい他人と比較してしまう生き物です。
ある調査によると、「自分と他人を比べて落ち込むことがある」と答えた人は全体の45.2%に及びました。

特に新入社員は、出来ないことをまざまざと見せつけられます。
「先輩はあんなにできているのに自分なんて…」「絶対に勝てない」と比較して落ち込みます。

たとえ、ゆっくりでいい、最初はそんなもんだよと言われても、気使われてるなぁと感じることもしばしば。その気遣いが逆に辛かったりもします。

あんとにお

無意識のうちに他人と比較して自分はできないと感じてしまうのが新入社員です。

結果を焦り失敗する

新入社員は、すぐに結果を求められることが少ない立場です。
ですが、せっかく入社したから、なんとか期待に応えたいと考えすぎると、結果を焦り空回りしてしまいます。

たとえば「同期の中でトップの営業成績を出す!」は、高すぎる目標です。
なぜなら、新卒だと結果が出るかどうかは運によるところが大きく、仕事の全貌が分かっていないため、燃え尽きやすいからです。

私も仕事で結果を出したいと鼻息を荒くしてましたが、上司には日々の業務を一つずつこなせと怒られました。

即戦力ならまだしも、新卒の場合悪目立ちせず、行動するのが無難でしょう。現実的に問題を把握し、取り組むことが大切です。

人に頼るのが苦手

新卒で仕事ができないと感じる人は、相談が苦手です。
仕事ができないやつと思われたくないから、一人で仕事を抱え、対処しようとした結果失敗します。

相談が苦手な人の特徴は以下の通りです。

  • 完璧主義の人
  • 自分に自信を持ってる人
  • 真面目な人
  • 責任感が強い人

真面目で責任感が強い人に限って、全部自分でやらなきゃとなりがちですが、仕事はチームワークが基本です。
一人で突っ走った結果、修復不可能になり、経験のある上司でも対応できない状況になります。

あんとにお

プライドを持ちすぎると、痛い目を見ます。

仕事が向いてないと感じて楽しくない

仕事ができないと感じる人は、日常的に「向いてないのでは」「楽しくない」と思いがちです。

新しい仕事を覚えるのが楽しい、給料がもらえるのが嬉しい反面、覚えることが多く、辛い、苦しい、大変と感じています。

それもそのはず、会社員の仕事は「守破離」が基本としてあります。

まずは基礎を固めて、その次に新しい仕事、やったことのない難しい仕事を経験する流れです。仕事で言うと、ビジネスマナーが「守」で、先輩同行が「破」です。そして独り立ちが「離」です。

仕事が楽しくないと感じる人は、早めに基礎的な部分を終わらせ、手ごわい敵を倒せば仕事が楽しくなります。

とはいえ、人によって仕事の向き・不向きはあります。

私自身、電話が苦手だし、営業も全然好きじゃないのに、不動産の営業職をしていました。そのような環境だと、どんなに仕事をしても上達しないし、何より楽しくないです。

コミュニケーションがうまく取れない

仕事ができない人は、社内外問わずコミュニケーションを取ることが苦手です。
私もできる先輩達に萎縮して、うまくコミュニケーションが取れず、失敗した経験があります。

「自分だけ浮いてる」「仲間の輪に入れない」と思いますよね。
仕事ができないくせに明るくふるまうのもおかしいから、段々とできないやつの人格を演じて、さらにコミュニケーションが苦手になる悪循環。

あんとにお

負のスパイラル過ぎて思い出したくないですが、コミュニケーションはめちゃくちゃ大事だと痛感しました。

仕事ができない人の対処法5選

これまで、仕事ができないと言われる原因について、考えてきました。

仕事ができないままだと、何より自分が辛いです。
「お前はいつになっても成長しない」「ちゃんとしろ後輩が見てる」などと言われ、やる気がガクッと落ちます。

そうならないためにも、仕事ができるようになる対処法をご紹介します。

  • 信頼関係を築く
  • 特徴を理解する
  • 仕事以外の勉強をする
  • 他人を観察する
  • 断ることを覚える

信頼関係を築く

仕事ができるようになるためには、上司や同僚と信頼関係を築くことが大切です。
「こいつに任せても大丈夫だろう」となるのが信頼関係を結ぶ第一歩です。

ある調査によると、約6割の人が「信頼できる仲間がいない」と答えています。

とはいえ、上司からしても部下に気を遣ってる人が多くいます。「どう接したらいいか分からない」「昨日まで普通だったのに今日いきなり辞めると言われた」などと、疑心暗鬼になっています。

少し厳しくすると、すぐにパワハラ、モラハラと言われかねないため、警戒心だけが高まっているのです。

なので、新人は自分から心をオープンにすることで、お互いの信頼関係が高まります。

飲みにケーションやタバコミュニケーションをしろとまでは言いませんが、自分から心を開いて距離を縮めることは大切です。

あんとにお

信頼関係を築くためにも、言われたことは100%実行するようにしましょう。

特徴を理解する

自分の特徴を理解することは、仕事ができるようになるために重要な要素です。

できること、できないことがハッキリすれば、任してもらえる仕事の中身が変わります。

ここで重要なことは、無理やりキャラを変える必要はありません。自分のネガティブな側面をきちんと理解して、行動することが大切です。

あんとにお

生まれ持ったパーソナリティや、20年以上かけて創られたあなたのキャラクターはそう簡単に変わりません。

人生を生きやすくするためにも、自分の強みは把握しておきましょう。

まだ自分の強みが分からないという方には、リクナビNEXTのグッドポイント診断がおすすめです。

15分程度の診断で、18個の資質から強みが5つ見つかる精度の高い自己分析を受けることができます。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

仕事以外の勉強をする

仕事ができなくて辛い人は、実力不足が大半です。
上司が求めている仕事を遂行しなければ、できないやつと見られても仕方ありません。どんだけ必死にやってもダメなら、努力量を増やして差をつけましょう。

言われたことを、言われたとおりに実行するのはロボットと同じです。

会社が求めているのは、付加価値を付けられる人です。つまり、自分で考えて行動して、結果を出せる人。そのために重要となるのが、自分の勉強、つまり自己投資です。

仕事術や文章術、メモ術などは、会社では教えてくれません。日本人の仕事以外の平均勉強時間は、6分と言われています。ほとんどの人がやらないため、少しやるだけでもグッと効果は高まります。

あんとにお

外での勉強を積み重ねると、ある時思いのほか力がついてることに気付きます。

関連記事:【まだ間に合う】20代の社会人におすすめの自己投資5選

他人を観察する

他人と比較してしまう人は、他人を観察するのがおすすめです。

「なぜあの先輩は結果を出してるのか」「上司と円滑なコミュニケーションを取れているのか」よく観察すれば、自ずと結果を出す方法が分かります。

人間、嫌いな人間から学ぶことはできません。嫉妬心、嫌悪感、悔しい、うらやましいといったネガティブな感情を抱くと、粗を探そうとします。

そうではなく、リスペクトする心を持つと、他の人がしていない工夫や上手くいってる部分がどんどん目に入ってきます。

赤ちゃんが親のまねごとをしながら成長するのと同じように、徹底的に観察し、徹底的に真似ていきましょう。

あんとにお

学ぶことは、真似ぶことです。徹底的に観察しましょう。

断ることを覚える

仕事ができない人は、優先順位をつけるのが苦手です。優先順位をつけられないと、仕事を振られたら即答でイエスと言ってしまいます。

私も新入社員時代、簡単なタスクを後回しにしていました。その結果、先輩から仕事を頼まれ、何一つ仕事が終わっていないということがよくありました。なので、仕事をできるようになるために、仕事を断ることを覚えましょう。

仕事を断るというと、「え、大丈夫?嫌われたりしない?」と思うかもしれませんが、逆です。仕事を断ることは、自分の業務内容を理解していることと同義だからです。断る理由があれば、先輩も良く考えてることに感心するでしょう

もし、断るべきか分からなければ、今抱えている仕事の量を上司伝えましょう。判断を上司に任せれば、怒られることはないです。

【例外】悪意を向けてくる人からは全力で退避

例外として、あなたに悪意を向けてくる人からは全力で逃げましょう。
悪意を向けてくる人とは、マウンティングをしてくるような人で、自分の優位性を使ってくる残念な人です。

マウンティングとは

本来、動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになることを指します。それが転じて人間関係において「自分の方が優位」とアピールすることが、マウンティングと呼ばれています。

自分が優位に立ち、支配し、コントロールしたいという思いから、彼らはマウンティングします。

そう言う人に対しては、スルーするのが最も良い対処法です。相手に何もしない、受け流す、反論しない、怒らないといった対応です。あなたが真摯に向き合う必要はありません。

小学生が好きな子にいたずらをしてしまうのと同じで、嫌がれば嫌がるほど、相手は調子に乗ります。

あんとにお

反論をすると「水を得た魚」のように生き生きするので、全力でスルーしましょう。

関連記事:【対処法あり】“怒鳴るパワハラ上司”と働いてはいけない理由3選

まとめ:新卒で仕事できないと言われても巻き返しはできる

仕事ができないと言われ、自分でもダメだと感じてしまうと、どんどん視野が狭くなります。

あなたの良さは段々と消え、悪い部分が目立つようになります。
しかし、仕事は皆の得意が集まって行うのが、最も効率が良いです。

電話が得意なら、テレアポをすればいいし、対面で話すのが得意なら、営業の仕事があります。
人には何かしら得意なことがあるので、その特性を生かして仕事をすればもっと輝けるはずです。

もし、あなたの弱みにばかりつけこんでくる上司がいれば、全力で逃げましょう。自分の身が一番大切です。

最後に、対処法をまとめて終わります。

  • 自分から心を開く
  • 特徴を理解する
  • 会社以外の勉強をしてみる
  • ストレスはこまめに吐き出す
  • 断ることを覚える

少しでも参考になれば嬉しいです。

それではっ!!