会社辞めたい

【対処法あり】新人メンタル弱すぎ問題に終止符を打つ!原因と対策を解説

あなた

メンタルが弱すぎと上司に言われる。
いつも上司に怒られるとなかなか立ち直れない
ミスをして凹んでる途中にミスを連発する悪循環

こんなお悩みを解決します。

実は、新人のメンタル弱すぎ問題は、誰でも改善することができます。

私自身、新卒で入社した会社で仕事ができないと言われ続け、メンタルが弱いヤツ認定されました。そんな私ですが、現在は豆腐メンタルを改善して、多少のことでは動じなくなりました。

この記事では、メンタルが弱い新人の原因と解決策を解説します。豆腐メンタルとおさらばしたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

【新入社員】新卒1年目で仕事辞めたい人の完全ロードマップ新卒1年目で仕事を辞めたい新入社員必見。この記事では、新卒が退職を考えた時に感じる不安や転職の基礎知識を解説。実は、新卒で退職しても人生終わりではなく、いくらでもやり直せます。この記事を読めば、新卒で仕事辞めたい人のすべての悩みを解決します。...

関連記事:【新入社員】新卒1年目で仕事辞めたい人の完全ロードマップ

新人のメンタルが弱すぎと言われる原因3選

新人のメンタルが弱すぎると言われてしまう原因は、以下の3つです。

  • 真面目過ぎる
  • 責任感が強い
  • 上司が無能すぎる

生まれてからずっとメンタルが弱い人はいません。というよりも、仕事を始める前は自身に満ち溢れていた人も多くいると思います。

にもかかわらず、メンタルが弱いと言われるのは、元々の性格と職場の環境が上手くマッチしていないからです。

同じ環境でストレスがかかっている状態でも、人によって感じ方は異なります。ここでは、なぜメンタルが弱いと言われるのか原因を深堀して解説します。

真面目過ぎる

メンタルが弱いと言われてしまう人は、真面目な人が多いです。

真面目過ぎる人は、ストレスを正面から向き合おうとして、受け流す力が欠けています。耐えよう耐えようと思うと、なかなか思うようにいかず、苦労するオチがほとんどです。

上司に言われたことを、一言一句実行しようと思っても、それは難しいのが現実です。

あんとにお

常に気を張っていると疲れが取れないからね。

脳が休まる時間がない結果、焦ってミスを連発して、落ち込んでしまいます。

ミスをして怒鳴られる

ストレスを抱えながら仕事

萎縮してミスを連発する

さらに怒鳴られる

負のループにハマる気持ちめちゃくちゃ分かります。地獄ですよね。

貢献しなきゃと真面目に頑張るほどドツボにハマり、メンタルがどんどん追い込まれていきます。

責任感が強い

責任感が強い人ほど、一人ですべてを実行しようとして、パンクします。

特に新人は、会社に入って間もないため、教えてもらうことが当たり前の立場です。

にもかかわらず、一人で解決しようとしてミスを連発。見かねた上司の逆鱗に触れるという流れです。

私も新人時代、完璧主義の性格だったため、与えられた仕事に責任感を持って取り組んでいました。人に頼ることも苦手だったので、相談せずに仕事をして怒られることがよくありました。

あんとにお

行動がすべて裏目に出た結果、メンタルがかなり落ち込みました。

上司が無能すぎる

新人のメンタルが弱いと言われる原因は、上司にも問題があります。部下が働きやすい環境を作るのも上司の務めです。

上司からすると、「なんで俺がわざわざ働きやすい場所を作らなきゃいけないんだ」と思うかもしれませんが、令和の若者は働きやすい職場を望んでいます。

SNSで常に繋がっている若者は、居心地の良い居場所を求めています。いいねが日常的に欲しいし、承認されたい欲求を持っています。

にもかかわらず、頭ごなしに否定し、部下と向き合わない上司はどうでしょう。お互いが働きやすい空間を作るためにも、上司の方から歩み寄ることも重要です。

メンタルが弱すぎる新人を抜け出す対処法3選

次に、メンタルが弱すぎる新人を抜け出すとっておきの対処法を解説します。

メンタルが弱いままだと、めちゃくちゃ生きづらいんですよね。なにかにつけて上司の標的にされやすいし、上手くいかないこともしばしば。

私の実体験も交えながら解説するので、ぜひ参考にしてください。

  • 自分の強みに目を向ける
  • 嫌悪の返報性を知る
  • 他人に相談する

自分の強みに目を向ける

真面目かつ完璧を求める人は、自分の悪いところばかりに目を向けてしまいます。

そういった人は、長所を目立たせると、他の小さな欠点が目に入らなくなるのでおすすめです。

短所をどれだけ改善しても、人から好かれるようにはなりません。

「あいつは○○な悪いところもあるけど、人間性がいいんだよな」と言われるようになったら勝ちです。

あんとにお

人が人を好きになるときは、欠点があるかないかではなく、その人の長所を好きになるのです。


「そんなこと言われても、長所なんかわからないよ…」という方は、ツールを使った自己分析がおすすめです。

手っ取り早く適職を知るためには、リクナビNEXTのグッドポイント診断の受診がおすすめです。

私は、自分の頭で強みを考えられなかったので、自己分析ツールを使って強みを発見しました。

実際に使ったのが、リクナビNEXTのグッドポイント診断です。


このツールは、職務適正や強みを質問に答えるだけで診断してくれるサービスです。私は転職活動をする際に利用しましたが、これがまぁ当たるんですよね。

ちなみにグッドポイント診断を受けた僕の結果は、「自己信頼」「独創性」「高揚性」「受容力」「決断力」でした。

例えば自己信頼の診断結果は、以下のようなことが書かれていました。

あなたは自分の力に自信を持っており、たとえ目の前に大きな障壁があっても決してひるむことなく、信じた道をどんどん突き進むことができます。細かいことはあまり気にしないため、あなたのことを「おおらか」「自由」と評する人も多いかもしれません。

あなたの存在感は、目の前の課題が困難なときほど際立ちます。仲間たちは、誇りを持って課題に向き合うあなたの姿勢や打たれ強さに勇気づけられます。なぜなら、自分を信じることの大切さをあなたから学ぶことができるからです。

自分でもめちゃくちゃ当たってる!!となんだか嬉しくなり、家族にも診断結果を見せましたw
家族にも賛同が得られて、診断の精度の高さはなかなか高いですね。

完全無料かつ15分程度で診断できます。仕事観、人生観について一度考え直したい人は、こういったツールを使うと、思いがけない強みに出会えます。

診断のやり方が気になる方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。

\かんたん5分で登録完了!転職者の8割が使ってる!/

登録後も完全無料で使える!

嫌悪の返報性を知る

自分の長所に目を向けることも重要ですが、上司の長所に目を向けることも大切です。

人には、嫌悪の返報性という性質があります。

嫌悪の返報性とは

人間は悪意に対して悪意を返す性質。嫌いという感情に対して、嫌いという感情を返すというもの。

メンタル弱いと言われると、「うるせぇ」と思うし、普通に相手のことを嫌いになりますよね。

注意すべきなのは、あなたが嫌いの気持ちを積み重ねるほど、あなたに対する態度をより冷たい、あるいは厳しいものにしていくのです。

当然、仕事は楽しくないし、モチベーションも上がらなくなります。

あんとにお

人間関係が悪化していいことは何一つもなく、会社に行くのがしんどくなります。

他人に相談する

真面目で責任感が強い人ほど、嫌な出来事が頭にずっと残っています。

そういう人に限って誰にも相談せず、一人で問題を抱えてしまうのです。

そんな時は、他の人に相談すると心が楽になります。相談と聞くと「どうせ解決できないじゃん」と思いがちですが、必ずしも問題解決だけが相談するメリットではありません。

相談するメリット
  • ガス抜き効果
  • 不安の減少
  • 悩みの整理
  • 言語化
  • 解決法の発見
  • プロのアドバイス

たとえ問題が解決しなくても、相談には上記に挙げた効果が期待できます。「相談なんかしても意味ない…」と思わずに、一度友人や家族など信頼できる人に相談してみましょう。

私も、相談が苦手なタイプで、自分一人でなんとかしようともがいていました。しかし、一人でできることなど、たかが知れています。

あなたにとって重要な人は、あなたの良さをよく分かっているはずです。

あんとにお

一度今の不安、気持ちを口に出すと、予想外の答えがもらえる可能性もあります。

【例外】パワハラ上司からは逃げる

これまで、メンタルが弱い原因と対処法について解説してきました。

すぐに辞めることは得策ではありませんが、パワハラ上司がいる場合は別です。全力で逃げましょう。

パワハラ上司と働き続けて、人格を否定されると「もうどこにも働ける場所はない」と心を支配されます。そうなると厄介で、転職しようにもやる気が起きず、自己肯定感だけが下がり続けます。

パワハラ上司と働き続けると、うつ病になる可能性もあるし、積極性がなくなるなど悪影響しかありません。

あんとにお

身の危険を感じたら、全力で逃げましょう。

関連記事:【対処法あり】“怒鳴るパワハラ上司”と働いてはいけない理由3選

まとめ:環境を変えればメンタルが安定することも

あなたのメンタルが弱い原因は、けして自分だけの問題ではありません。
合わない職場で働いていたり、価値観が合わない上司と働くと、どんどんメンタルが落ち込んできます。

立場を乱用してくる上司がいる場合は、別の働き方を考えましょう。

日本には、400万社以上あるので、就職先が見つからないはずありません。少子高齢化に伴い、労働人口が減少するため、若い働き手の需要は尽きません。

20代から圧倒的な支持を得ているリクルートエージェントの求人数は、10万件以上あります。(2021年8月時点)

精神的に辛いと感じる人は、転職して環境を変えるとグッと楽になる可能性もあります。

「おかれた場所で咲きなさい」が美徳とされていたのは、せいぜい平成までです。自分が最も生きる場所で戦う方が、コスパ良く生きることができます。

真面目に頑張りすぎるあなたが輝ける場所は、そこじゃないかもしれませんよ。

少しでも参考になれば幸いです。

それでは!