次は「とにおブログ」と検索してね

【まとめ】ISTPの特徴や性格はどんな感じ?相性が良い人を紹介

性格心理学において、人間の性格は大きく16のタイプに分類されます。

そのうち、ISTP(巨匠)は、現実主義的で、好奇心旺盛で、自由を重んじる性格タイプです。

ISTPは、物事を論理的に考え、現実的な解決策を導き出すことが得意です。

また、新しいことに挑戦するのが好きで、自分の手で何かを作り出すことに喜びを感じる傾向があります。さらに、自分の時間を自由に使うことを大切にし、束縛されることを嫌います。

ISTPは、技術職やクリエイティブな職業、実務的な職業などに向いています。また、現実主義者で自由を重んじる傾向があるため、ENFP、ENTP、ISFP、INTPなどの性格タイプと相性が良いと考えられます。

本記事では、ISTPの特徴や、ISTPに向いている職業、ISTPの恋愛傾向、ISTPの相性が良い性格タイプについて解説します。ISTPの特徴を理解することで、自分の強みや弱みを活かして、充実した人生を送ることができるでしょう。

タップできる目次

16性格診断テストにおけるISTPの特徴

ISTPは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標(MBTI)の16の性格タイプのうちの1つです。

内向型(I)、感覚型(S)、思考型(T)、知覚型(P)の4つの特性を持ちます。

  • 内向型(I)
  • 感覚型(S)
  • 思考型(T)
  • 知覚型(P)

本章では、各特性についてもう少し詳しく解説します。

内向型(I)

内向型(I)の人は、自分の内面にエネルギーを得るタイプです。

そのため、一人の時間や空間を大切にし、人付き合いは浅く広く、人と深く関わることが苦手です。

内向型の特徴
  • 一人で過ごす時間や静かな場所を好む
  • 人付き合いは浅く広く、深い関係を築くのが苦手
  • 自分の内面を表現するのが苦手
  • 自分の考えや感情を人に話すことが少ない
  • 自分の意見を押し付けられるのが苦手

内向型の人は、自分の内面を大切にする傾向があります。

そのため、人付き合いや社交的な活動よりも、自分の趣味や興味に没頭する時間や、一人で過ごす時間を大切にします。

ですが、内向型の人は、決してコミュニケーションが苦手なわけではありません。

むしろ、自分の内面を理解してくれる人となら、深いコミュニケーションを築くことができます。

感覚型(S)

感覚型(S)の人は、現実的な感覚に重きを置くタイプです。

五感を使って世界を捉え、変化よりも安定を好みます。

感覚型の特徴
  • 現実的な感覚に重きを置く
  • 五感を使って世界を捉える
  • 変化よりも安定を好む
  • 直感や想像力よりも、現実的な事実や経験を重視する
  • 感覚的な刺激や体験を求める

感覚型の人は、現実的な世界に適応しやすい傾向があります。また、手先が器用で、機械や工具を扱うのが得意な人が多いです。

思考型(T)

思考型(T)の人は、論理的で合理的な思考をするタイプです。感情よりも理性を重視し、客観的な視点で物事を見る傾向があります。

思考型の特徴
  • 論理的で合理的な思考をする
  • 感情よりも理性を重視する
  • 客観的な視点で物事を見る
  • 批判的思考力や問題解決能力に優れている
  • 感情的になりにくい

思考型の人は、理性的で冷静な印象を与える人が多いです。

しかし、決して感情を持っていないわけではありません。むしろ、感情をコントロールする能力に優れていると言えるでしょう。

知覚型(P)

知覚型(P)の人は、新しい経験や変化を好むタイプです。

計画よりも臨機応変に行動し、締め切りをあまり気にしない傾向があります。

知覚型の特徴
  • 新しい経験や変化を好む
  • 計画よりも臨機応変に行動する
  • 締め切りをあまり気にしない
  • 現状維持よりも、変化を好む
  • 柔軟性や適応力に優れている

知覚型の人は、自由で楽観的な印象を与える人が多いです。

しかし、決して計画性や責任感がない人ではありません。むしろ、柔軟性や適応力に優れているため、変化の多い環境でも活躍することができます。

ISTPの強み

ISTPは、以下の強みがあります。

  • 冷静沈着
  • 分析力
  • 適応力
  • 直感力
  • 手先の器用さ

順番に解説します。

冷静沈着

冷静沈着な人は、どんな状況でも感情に流されず、冷静に対応することができます。

トラブルや緊急事態にも臨機応変に対応できるため、困難な状況でも頼りになる存在です。

冷静沈着な人の特徴
  • 感情をコントロールできる
  • 客観的に物事を見ることができる
  • 柔軟に対応できる

分析力

分析力とは、問題や事象の原因や本質を突き止め、その構成や関係性を明らかにする能力です。

分析力は、ビジネスや学問、日常生活など、さまざまな場面で必要とされるスキルです。

分析力があれば、問題を解決したり、新しいアイデアを生み出したり、より深い理解を得たりすることができます。

分析力の要素
  • 情報収集力
  • 情報処理能力
  • 情報解釈力

適応力

適応力とは、新しい環境や状況にすぐに適応し、以前の環境にいた頃と同様のパフォーマンスを発揮できる能力のことです。

適応力は、現代社会において重要なスキルです。変化の激しい社会では、新しい環境や状況に対応できる人が求められています。

適応力の要素
  • 柔軟性
  • 学習能力
  • コミュニケーション能力

直感力

直感力とは、論理的な思考や経験に基づく判断ではなく、感覚やひらめきによって物事を判断する能力のことです。

直感力は、ビジネスや学問、日常生活など、さまざまな場面で役立つスキルです。

直感力があれば、問題を解決したり、新しいアイデアを生み出したり、より深い理解を得たりすることができます。

直観力の要素
  • 感覚力
  • ひらめき力

直感力は、誰にでも備わっている能力です。しかし、直感力を活かすためには、普段から感覚やひらめき力を磨いておくことが大切です。

手先の器用さ

手先の器用さとは、手や指を使って細かい作業や器具を扱うのが得意なさまです。

手先の器用さは、さまざまな場面で役立つスキルです。例えば、以下のような職業や趣味で活躍できます。

手先の器用さが役立つ場所
  • 手作業で行う仕事(職人、料理人、美容師など)
  • 細かい作業が必要な仕事(医療従事者、エンジニアなど)
  • 創作活動(絵画、音楽、手芸など)

ISTPの弱み

感情を抑える

ISTPは、感情を抑圧する傾向があります。

感情を抑圧することで

  • ストレスの蓄積
  • 人間関係の悪化
  • 自己肯定感の低下

などのデメリットがあります。

そのため、自分の感情をうまく表現することができず、周囲の人とのコミュニケーションに支障をきたすことがあります

リスクを取りすぎる

ISTPは、物事を論理的に考え、現実的な解決策を導き出すことが得意です。

そのため、リスクを取ってでも、自分の目標を達成するためには必要なことだと判断した場合は、積極的にリスクテイクに挑戦します。

リスクを取るときのポイント
  • リスクを正しく理解する
  • 自分の感情をコントロールする
  • サポートしてくれる人を探す

ISTPは、リスクテイクをうまく活用することで、自分の目標を達成し、充実した人生を送ることができるでしょう。

計画性がない

ISTPは、計画性を欠く傾向があります。

そのため、仕事や勉強などで締め切りに間に合わないなどの問題が生じることがあります。

計画性のなさを克服する方法は以下の通りです。

  • 短期的な計画を立てる
  • 具体的な目標行動を決める
  • 自分の時間を管理する

人づきあいが下手

ISTPは、内向的であるため、人付き合いが苦手な傾向があります。

そのため、人間関係を築くのが難しく、孤独感を感じてしまうことがあります。

ISTPが人づきあいが下手な原因は、以下の3つが考えられます。

  • 感情の表現が苦手
  • 論理的に物事を考える
  • 自分の時間を自由に使うことを大切にする

ISTPは賢すぎるがゆえに、無駄なことを嫌って人づきあいを減らそうとします。

ISTPに向いている職業

ISTPは、以下のような職業に向いています。

  • エンジニア
  • 職人
  • メカニック
  • パイロット
  • 消防士
  • 警察官
  • 自衛官
  • 冒険家

簡単に特徴をあげると、「技術職」「クリエイティブな職業」「実務的な職業」に分類できます。

ISTPの強みである「分析力」「適応力」「直観力」を活かして、働くことができます。

技術職

ISTPは、機械や電子機器などの仕組みを理解することが得意です。

そのため、技術職として活躍できる可能性があります。

具体的には、以下のような職業が考えられます。

* エンジニア * プログラマー * メカニック * 電気工事士 * 機械工事士

クリエイティブな職業

ISTPは、好奇心旺盛で新しいことに挑戦するのが好きなため、クリエイティブな職業にも向いています。

具体的には、以下のような職業が考えられます。

* デザイナー * アーティスト * ミュージシャン * ライター * カメラマン

実務的な職業

ISTPは、現実主義者で実務的な仕事に向いています。

具体的には、以下のような職業が考えられます。

* 警察官 * 消防士 * 救急隊員 * 自衛官 * 看護師

ISTPの恋愛傾向

ISTPは、現実主義者で、好奇心旺盛で、自由を重んじる傾向があるため、恋愛においても以下の特徴があります。

ロマンチックな演出や言葉よりも、相手の行動や態度を重視します。

激的な恋愛を求める傾向があります。

恋愛においても相手に束縛されることを嫌います。

またISTPは、感情の表現が苦手な傾向があります。そのため、自分の気持ちを言葉にするのが苦手で、相手に誤解を与えてしまうことがあります。

ISTPは、以下のような人と相性が良いと考えられます。

現実主義者

ISTPは、現実主義者であるため、同じように現実主義者である人と相性が良いと考えられます。

自由を重んじる

ISTPは、自由を重んじる傾向があるため、同じように自由を重んじる人と相性が良いと考えられます。

理解力がある

ISTPは、感情の表現が苦手な傾向があるため、理解力があり、相手の気持ちを尊重してくれる人と相性が良いと考えられます。

ISTPは、自分の恋愛傾向を理解し、相手に伝えることで、より良い恋愛関係を築くことができるでしょう。

ISTPの相性が良い性格タイプ

ISTPは、以下のような性格タイプと相性が良いと考えられます。

  • ENFP(広報運動家型)
  • ENTP(起業家型)
  • ISFP(芸術家型)
  • INTP(論理学者型)

簡単に紹介します。

ENFP(広報運動家型)

ENFPは、陽気で社交的であるため、ISTPの自由を重んじる性格を理解し、尊重してくれる傾向があります。また、ENFPの好奇心旺盛な性格は、ISTPの探究心と共鳴する可能性が高いです。

ENTP(起業家型)

ENTPは、頭の回転が速く、新しいことに挑戦するのが好きなため、ISTPの好奇心旺盛な性格と共鳴する可能性が高いです。また、ENTPの現実主義的な考え方は、ISTPの考え方に合致する可能性があります。

ISFP(芸術家型)

ISFPは、感受性が豊かで、自分の世界を大切にする傾向があります。そのため、ISTPの自由を重んじる性格を理解し、尊重してくれる傾向があります。また、ISFPの好奇心旺盛な性格は、ISTPの探究心と共鳴する可能性が高いです。

INTP(論理学者型)

INTPは、知的好奇心が旺盛で、論理的に物事を考える傾向があります。そのため、ISTPの探究心と共鳴する可能性があります。また、INTPの現実主義的な考え方は、ISTPの考え方に合致する可能性があります。

もちろん、相性は人によって異なります。自分の性格タイプを理解し、相手の性格タイプを理解することで、より良い関係を築くことができるでしょう。

まとめ:ISTPはマイペースの一匹オオカミ

ISTPは、以下の特徴を持つ性格タイプです。

  • 現実主義者
  • 好奇心旺盛
  • 自由を重んじる
  • 感情の表現が苦手

ISTPは、技術職やクリエイティブな職業、実務的な職業などに向いています。

また、現実主義者で自由を重んじる傾向があるため、ENFP、ENTP、ISFP、INTPなどの性格タイプと相性が良いと考えられます。

ISTPは、自分の性格タイプを理解し、自分の強みや弱みを活かして、充実した人生を送ることができるでしょう。

自己分析ツールの関連記事

自己分析ツールのおすすめまとめ↓↓

おすすめの自己分析ツールまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次