215人に聞いた本当に使える自己分析ツールを徹底比較

グッドポイント診断をやってみた結果!【適職が分かるの評判はガチ】

グッドポイント診断をやってみた人の感想が知りたい!本当に当たるの?

こんなお悩みを解決します。

リクナビNEXTが運営するを使えば、無料で自己分析ができます。

グッドポイント診断に似たツールでストレングスファインダーがありますが、34個の資質を開示するためには5,000円以上かかります。

精度が高い一方で、自己分析にお金をかけるのは正直微妙ですよね。

その点、ストレングスファインダーの無料版であるグッドポイント診断を受ければ、無料で18個の資質から強みを5つ知ることができます。

あんとにお

私は自己分析おたくなので、これまで20社以上の自己分析ツールを試してきました。

その中でも、強みを発見したい人におすすめの診断が今回紹介するです。

この記事で分かること

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

私が厳選したおすすめの自己分析ツールをまとめました↓

27個の自己分析ツールから目的別№1を厳選

自己分析のおすすめツール

転職に役立つ
キャリア診断(VIEW)…簡単3分で価値観や経歴に合う業界・職種が分かる※スマホ専用

価値観が分かる
転職タイプ診断(doda)…仕事で大切にしている価値観が分かる

強みが分かる
グッドポイント診断(リクナビNEXT)…18個の中から強みが5つ分かる

適職が分かる
適職診断テスト(Re就活)…エニアグラムを用いて9つのタイプから適職が分かる

性格が分かる
バイアス診断ゲーム(ミイダス)…意思決定の癖を見つけて仕事で成果を出せる

適正年収が分かる
市場価値診断(ミイダス)…7万人の転職データから市場価値を見出す

\タップで拡大できます/

2023年版の自己分析ツールカオスマップ
あんとにお

興味がある方は、気になる診断を受けてみましょう!すべて無料で使えます!

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ↓

タップできる目次

グッドポイント診断は「よく当たる」と評判の自己分析ツール

グッドポイント診断の18種類の強み

グッドポイント診断は、よく当たると評判の自己分析ツールです。

リクナビNEXTのロゴ
グッドポイント診断
対象者リクナビNEXT会員
料金無料
利用の流れリクナビNEXT会員登録

診断スタート
問題数293問(3部構成)
所用時間30分
回答方式選択方式(4択)
診断結果の組み合わせ全8,568通り
おすすめポイント無料で精度が№1のツール
おすすめ度
公式サイト公式サイトを見る
リクナビNEXTの評判を見る
グッドポイント診断の概要


グッドポイント診断を受けると、客観的なデータに基づいた自分の強みが分かります。

リクナビNEXTの会員になるだけで、誰でも簡単に受けることができます。

自己分析ツールといえば、ストレングスファインダーを想像する方も多いと思いますが、有料なので若干ハードルが高いです。

その点、グッドポイント診断は無料で使えるだけでなく精度が高いと評判なので、興味のある方はぜひ受けてみてください。

あんとにお

「自己分析のやり方がいまいち分からない…」という方は、【215人に聞いた】転職の「自己分析ツール・アプリランキング」BEST22を参考にするのがおすすめです。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断の評判・口コミ

Twitterや独自のアンケートを用いて、グッドポイント診断の口コミを集めました。

※調査概要については記事末に記載しています。

あんとにお

肯定的な意見が多い印象ですが、一部否定的な意見もありました!

グッドポイント診断の良い評判・口コミ

 転職に役立った

履歴書や職務経歴書の作成に役立った

23歳女性|転職回数:0

自分の特徴が5つわかるため、履歴書や職務経歴書を作成するときに便利でした。企業によって、求める人物像に近いアピールができるようなものをグッドポイント診断から選んで深掘りをして記載するなどして自己PRを使い分けていました。また、求人に応募するときにグッドポイント診断を一緒に添付して送信することのできる企業があることも印象的でした。

自信を取り戻して転職に成功した

50歳女性|転職回数:4

リクナビのグッドポイント診断は自分でもあまり意識していなかった(あまり大切と思っていなかった)強みを知ることができて、自分に自信がなったのですが少し前向きになれた診断サービスでした。本格的で時間も長かったように思いますがリクルートが独自に考えたシステムなのか、信頼性もありその後に生かして転職することが出来ました。5つのグッドポイントを知ることで集中してその個性を活かせて就業できれば仕事上でも迷う事もあまりないのではと思います。

自信を持って転職できた

40歳男性|転職回数:3回

このツールはなかなか自分自身で把握しきれない適性について、アンケート形式の質問に回答していくことによって結果を示してくれるありがたいツールだと思います。しかも診断結果が「5つのグッドポイント」として自分自身の強みとして示されるので、転職時の迷っていた背中を押してくれたように思っています。適性や能力、長所など、気づかない部分が細かく分析されていて、自信を持って転職活動できました。

 強みが分かった

苦手分野がプラスに変わった

25歳女性|転職回数:2

診断結果が自分に当てはまると思ったことや、自分の強みみたいなものが、漠然としていて言葉に表すことが出来なかったのですが、しっかりと文字で見れて理解ができたと思います。
人見知りのため、初対面の人との交流が苦手ですが、この診断では「適度な距離をおき、互いに心地よい距離を探して丁寧に信頼関係を築く」と記載されており、自分の苦手分野もプラスに書かれていて転職活動や自己アピールの際にとても役立つと思った

職種の幅が広がった

28歳女性|転職回数:2

グッドポイント診断は、自分が気づけていなかった自分の長所や強みを知ることができ、転職しようと思っていた職種の幅が広がった。また仕事に活かせるすぎるだけでなく、内面の長所なども知ることができ、人とのコミュニケーションの取り方もだいぶ変わったと思う。また、この診断で分かった自分の長所や個性を褒めてくれるので、自己肯定感も高まり自信に繋がった。自分はこういう性格だからこういう仕事が合っていると思い込んでいたこともあったが、この診断のおかげで幅が拡がり、別職種にも応募できるようになった。

 診断の精度が高い

グッドポイント診断は、単純に性格を知るだけのツールではありません。

診断結果を転職に活かすこともできます。

強みを活かした働き方をしたり、職種の幅を広げたりする手助けにもなります。

診断の精度も高いので、まだグッドポイント診断を受けていない方は一度受けてみましょう。

あんとにお

自信を持って転職活動に臨むことができる側面もありそうだね!

グッドポイント診断の悪い評判・口コミ

 当たってるか分からない

 活かし方が分からない

グッドポイント診断は、精度が高いと評判の自己分析ツールです。

精度が高い一方、20分から30分程度のまとまった時間がかかります。

サクッと適職や強みを知りたい方は、スマホで簡単3分で診断できるの「キャリア診断」を活用しましょう。

また、グッドポイント診断を受けても内容が抽象的で「活かし方が分からない」といった声もあります。

これについては、本記事内のグッドポイント診断の活かし方で解説しているのでぜひ参考にしてください。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断をやってみた結果

グッドポイント診断の概要は分かったけど、本当に当たってる?と思う方もいますよね。

あんとにお

正直、私も半信半疑でしたがやってみました。
実際の診断結果がこちら↓

グッドポイント診断:筆者診断結果
グッドポイント診断:筆者診断結果

「グッドポイント診断」を受けた結果、「自己信頼」「独創性」「高揚性」「受容力」「決断力」でした。

例えば自己信頼の診断結果は、以下のようなことが書かれていました。

あなたは自分の力に自信を持っており、たとえ目の前に大きな障壁があっても決してひるむことなく、信じた道をどんどん突き進むことができます。細かいことはあまり気にしないため、あなたのことを「おおらか」「自由」と評する人も多いかもしれません。

引用:リクナビNEXT公式サイト
あんとにお

自分でもめちゃくちゃ当たってる!!となんだか嬉しくなり、家族にも診断結果を見せましたw
家族にも賛同が得られたので、精度はかなり高いと思います…。

グッドポイント診断は、リクナビNEXTに登録すると誰でも受けることができます。

完全無料かつ15分程度で診断できるので、忘れないうちにグッドポイント診断にチャレンジしてみてください。

「強みが分からない…」と悩んでる人は、グッドポイント診断を使うと簡単に強みを発見できる!

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断の活かし方

グッドポイント診断を行うと、強みが5つ分かります。

しかし、「診断したはいいけどどうやって活かしたらいいか分からない…」と感じる方もいますよね。

そこで本章では、グッドポイント診断を活かす3つの方法を紹介します。

順番に解説します。

求人応募時に添付する

グッドポイント診断の結果は、リクナビNEXT経由で求人に応募する際添付することができます。

診断結果は応募画面より応募いただく際に、添付することも可能です。

転職活動における書類、面接の自己PRなどの参考情報に是非ご活用ください。

引用:リクナビNEXT

応募時に診断結果を添付している人は、80%以上というデータもあります。

グッドポイント診断の結果を受け取った企業の声をまとめました。

自己PRと診断結果を付けてくれたことから応募意欲の高さを感じたので実際にお会いして面接で詳しく聞いてみることにしました。

面接時の話題に使ってみましたが、過去の成功談を聞けて好印象を持ちました。

職務経歴書だけでは読み取れない個性や価値観など……採用したい人物像が社内でまとまりきらなかったので、診断結果を見て、人物像イメージを検討しました。

得することはあっても損することはないので、リクナビNEXT経由で応募する際はグッドポイント診断を受けて必ず添付しましょう。

面接時の自己PRに役立つ

グッドポイント診断を受けることで、面接の自己PRに役立ちます。

自分の強みを客観的に把握し、強みを活かした経験を語ることで説得力が生まれます。

企業の面接では、次の2つのポイントをチェックされます。

  • 再現性→以前の職場での活躍を、そのままうちでもしてくれるか
  • 継続性→末永くうちの会社で働き続けてくれるか?

「強みがうちの会社でも活きそう」と面接官に思ってもらえれば、内定を獲得することができます。

面接対策については、下記記事をあわせてお読みください。

強みをもとに適職を見つける

グッドポイント診断を受けると、自分の長所に気付くことができます。これを活かさない手はありません。

経営学者のピーター・ドラッカーは「強みのみが成果を生む。弱みはたかだか頭痛を生むくらいのものである。しかも弱みをなくしたからといって何も生まれはしない。強みを活かすことにエネルギーを費やさなくてはならない」と言っています。

強みが分かると、適職探しでも役立ちます。

自分の性格や関心のある事柄を知っているだけで「あ、今のは自分の○○性が活きたのか」と気づくことができます。

あんとにお

強みを知ることで適職探しがグッと楽になります。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断のメリット

「グッドポイント診断」を受けて感じたメリットは、次の2つです。

順番に解説します。

無料で診断できる

自己分析ツールで有名なものに、ストレングスファインダーがあります。

質の高さは申し分ないのですが、34個の資質を開示するためには5,000円以上のお金がかかります。

その点、グッドポイント診断は無料診断できるツールです。リクルートのノウハウも詰まった優秀なツールです。 

自分の強みをすぐに知りたい人、自己分析にお金を賭けたくない人には、非常にマッチした診断です。

あんとにお

リクナビNEXTとしては、認知を増やしたい狙いから、優秀な自己分析ツールを無料で提供してます。

関連 ストレングスファインダーの評判とおすすめの受け方を解説

質の高い自己分析ができる

グッドポイント診断は、質の高い自己分析ツールです。

自己分析というと、「自分で考えるのは大変」「時間がかかりそうで面倒くさい」という人がほとんどだと思います。

自分の頭だけで考えるのは限界が来るよね…

その点、グッドポイント診断を使うと超簡単に強みが見つかります。

一度他の自己分析ツールを使っていても、再度受け直す価値があります。

あんとにお

本業以外に副業、自己投資に励んでいる人は成長を知るきっかけになります。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断のデメリット

グッドポイント診断を受けて感じたデメリットは、次の2つです。

順番に解説します。

弱みが分からない

自分の弱みを知りたい人には、グッドポイント診断はおすすめできません

なぜなら、グッドポイント診断は、18の資質のうち強み5つしか教えてくれないからです。

あんとにお

残り13個の資質は闇の中に葬られます…

「弱みを考える前に得意を伸ばせ!」という考えはごもっともですが、「自分は何が苦手で向いてない?」と気になる方もいますよね。

たしかに、自分が輝ける場所で戦うことも大事ですが、弱みを避けたフィールドで戦うこともまた優れた戦い方です。

そのため、転職活動や自己分析の第一歩として「グッドポイント診断」を使うのが最も良い使い方かなと思います。

やり直しができない

グッドポイント診断は、一度しか使えないサービスです。

そのため、「違う回答の方が良かったかな…」「時間が経ってからまたやりたい」と思っても、二度目はできません。

どうしてももう一度受けたいという方は、裏ワザ的な方法を使って二度目の診断を受けることもできます。

それは一度リクナビNEXTを退会して、アカウントを作り直す方法です。

あまりおすすめはしませんが、やり直したい方は覚えておくとよいでしょう。

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断のやり方

リクナビNEXTに会員登録すれば、グッドポイント診断を無料で受けることができます。

5分程度で登録できるので、まだ登録していない方でもすぐに診断が受けられます。

あんとにお

公式サイトから診断を受けるまでの過程を説明します。

>>公式サイトはこちら

STEP
公式サイトから「会員登録して診断スタート」をクリック
グッドポイント診断のやり方①
STEP
メールアドレスを入力後「同意して仮登録メールを送信」をクリック
グッドポイント診断のやり方②
STEP
届いたURLをクリック
グッドポイント診断のやり方③
STEP
会員情報の入力を行い「確認画面へ」をクリック
グッドポイント診断のやり方④
グッドポイント診断のやり方⑤

会員情報の入力は、次の項目です。

  • パスワード
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 自動ログイン
  • メールマガジン
あんとにお

メールマガジンが不要な方はチェックを外しておきましょう。

STEP
会員情報の確認ができたら「次へ」をクリック
グッドポイント診断のやり方⑥
STEP
診断スタートをクリック
グッドポイント診断のやり方⑦

診断スタートをクリックすれば、グッドポイント診断が受けられます。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断とストレングスファインダーの違い

グッドポイント診断と類似した診断ツールに、ストレングスファインダーがあります。

ストレングスファインダーとは、ギャラップ社が40年にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいて、人々に共通する34の資質を言語化し、それたを発見・説明するためのものです。

出典:ストレングスファインダー
あんとにお

両者の違いを表にまとめました。


グッドポイント診断

ストレングスファインダー
運営サイトリクナビNEXTギャラップ社
特徴リクルートのノウハウが詰まったツール
18個の強みから5つを紹介
世界で人気のツール
34の資質がすべて分かる
料金無料有料
(1,980円~)
時間30分30分
資質の数18個34個
質問数293問177問
診断結果の組み合わせ全8,568通り3,300万通り
イチ押しポイントクオリティが高い‼34の資質が丸わかり‼
総合評価
公式サイト診断する診断する
評判評判を見る評判を見る
グッドポイント診断とストレングスファインダーの比較

大きな違いとしては、運営元の違いです。

は、転職サイトのリクナビNEXTが運営しているので、求人の紹介を受けることができます。

あんとにお

診断結果を求人応募時に活用できるので、活かし方も万能です。

一方、ストレングスファインダーの有料版では基本的に診断を受けるのみです。配布されたレポート等を参考に自己PR文を書くこともできますが、自分でやるのが基本です。

資質の数自体には有料のストレングスファインダーに分がありますが、最も安価な本を購入した方法だと、強みが5つしか分かりません。

これは18個の強みからTOP5が分かるグッドポイント診断と同じです。

あんとにお

転職等で自己分析を本格的に実践したい人以外は、十分グッドポイント診断で事足りるでしょう。

さらに詳しい内容については、下記記事をあわせてどうぞ↓

グッドポイント診断とその他おすすめの自己分析ツール

グッドポイント診断の他にも、無料で診断できるおすすめのツールがあります。

あんとにお

実際に私が20種類以上の診断を受けた中から、本当におすすめできるツールをまとめました!

スクロールできます


キャリア診断


適職診断テスト


コンピテンシー診断
料金無料無料無料
診断時間3分8分10分
特徴AIがキャリアをランキング化
価値観が分かる診断
適職を9つのタイプから分析
人気のエニアグラムを用いた診断
診断結果をPDF化できる
適性の高い職種が分かる
イチ押しポイント手軽にできてコスパが良い‼エニアグラムを用いた高精度の診断‼改善点が視覚的に分かりやすい‼
公式サイト診断する診断する診断する
評判評判を見る評判を見る評判を見る
無料で使えるおすすめの自己分析ツール比較表

どれも10分程度で簡単にできるので、興味がある診断をぜひ受けてみてください。

何個か受けることで、信憑性の高いデータを手に入れることができます。

あんとにお

おすすめの自己分析ツールを診断結果別にまとめたので、こちらもあわせてどうぞ。

\タップで拡大します/

2023年版の自己分析ツールカオスマップ
あんとにお

興味がある方は、気になる診断を受けてみましょう!すべて無料で使えます!

もっと詳しく知りたい方は以下の記事を参考にどうぞ↓

⇑ 目次へ戻る

グッドポイント診断についてよくある質問

グッドポイント診断に関するよくある質問をまとめました。

グッドポイント診断の運営会社はどこですか?
運営会社株式会社リクルート
本社東京都千代田区丸の内1-9-2グラントウキョウサウスタワー
事業内容人材サービス・住宅・学習・結婚など
リクルートが運営する人材サービスリクナビNEXT
リクルートエージェント
リクルートダイレクトスカウトなど
リクナビNEXTの特徴幅広い求人(保有求人5万件以上)が見つかる
リクナビNEXT限定求人が85%以上

リクナビNEXT公式サイトは、こちらからご確認ください。

グッドポイント診断は無料で受けられますか?

はい。リクナビNEXTの会員の方は無料で受けることができます。

グッドポイント診断は登録なしで受けることはできますか?

できません。リクナビNEXTへの登録が必須です。リクルートが「リクナビNEXTに会員登録している転職希望者が自らの【強み】を発見して、より良い転職活動に活かすこと」を主目的に開発したツールだからです。

グッドポイント診断とストレングスファインダーの違いはなんですか?

主な違いは、性格特徴の数と費用です。ストレングスファインダーは34個の資質がありますが、グッドポイント診断は18個の資質のみです。ストレングスファインダーは2,000円程度で受けられる一方、グッドポイント診断は無料で受けることができます。

なお、ストレングスファインダーの34個の資質を全て知るためには5,000円程度追加費用がかかります。

詳しくは、「ストレングスファインダーが無料で診断できる簡易版の神ツールを紹介」をあわせてお読みください。

グッドポイント診断は適職が本当に分かりますか?

強みをもとにすると適職探しがグッと楽になります。自分の特性に気付くことが、グッドポイント診断の大きな役割です。

グッドポイント診断は学生でも受けられますか?

はい。グッドポイント診断は、就職活動中の学生も使うことができます。他にも、転職希望者の方就職活動中の方も使えます。

客観的に強みを把握できるので、かなりおすすめのツールです。

グッドポイント診断のやり直しや2回目の再診断はできますか?

一度しか診断できません。どうしても診断のやり直しがしたい方は、アカウントの新規登録が必要です。

同じメールアドレスが使えない点はご注意ください。

>>アカウントの再登録はこちら

グッドポイント診断ができない原因は何ですか?

リクナビNEXT公式サイトには、次のように注意事項が記載されています。

  • お一人様1回限り、ご利用いただけます。
  • 途中保存はできませんので、お時間にゆとりのある時に受検ください。所要時間は約30分です。問題は3部構成になっています。
  • 受検環境により、画面の表示に時間がかかる場合があります。通信環境のよいところで受検してください。

一度診断を受けた方や診断の途中で通信が途切れた方は、「一度やったもの」と見なされ、診断できない場合があります。どうしても受けたい場合は、アカウントの再登録を行いましょう。

>>アカウントの再登録はこちら

また、下記時間帯はご利用できないことが公式サイトに記載がありました。
サーバーメンテナンスのため、月~土曜の5:00~8:00日曜の4:00~8:00にはご利用いただけませんので、あらかじめご注意ください。 

グッドポイント診断はよく当たると評判ですが本当ですか?

信憑性はかなり高いと思います。私も10社以上の自己分析ツールを試してきましたが、無料で使えるなかでもよく当たると感じました。

診断の信憑性が気になる方は、実際に受けてみて家族など親しい方に診断結果を見せるのがおすすめです。貴重な意見をもらえるはずです。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

⇑ 目次へ戻る

まとめ:グッドポイント診断は自己分析の入り口に最適

グッドポイント診断は、強みを5つ見つけてくれる自己分析ツールです。

無料でできるツールの中では、かなり高い精度を誇っています。

ストレングスファインダーを受けてみたいけどちょっと値段が、、という方には、グッドポイント診断がおすすめです。

\無料で強みがわかる/

登録は5分で完了

自己分析ツールの関連記事

自己分析ツールのおすすめまとめ↓↓

自己分析ツールまとめ

本記事で利用したインターネット調査概要

独自調査したグッドポイント診断の調査概要は、以下の通りです。

調査目的自己分析ツール・アプリの利用度・満足度
調査方法インターネット調査
調査対象転職活動または自己分析でツールやアプリを利用したことがある方※年齢・業種・職種は問わない
調査実施期間2022年9月2日〜9日(追加調査:2022年11月5日~16日)
調査人数215人
調査媒体クラウドワークス
自己分析ツール・アプリの利用度・満足度

コンテンツポリシーについては、プロフィールページをご確認ください。

次に読んで欲しい「とにおブログ」のおすすめ記事

とにおブログでは、当記事「グッドポイント診断をやってみた結果」以外にも複数の記事を用意しています。

合わせて読んで欲しいとにおブログのおすすめ記事を紹介します。

⇑ 目次へ戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次